ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ハーブティー 」 一覧

画像:サフラワー(紅花/ベニバナ)

サフラワー/紅花(ベニバナ)

古くから血行促進や血液浄化作用から冷え性の改善に、また女性特有の不調改善に利用されてきた歴史を持つサフラワー(紅花)。ホルモンバランス調整や婦人科系トラブル以外にも抗酸化や肌荒れ予防、便秘解消など女性に嬉しい様々な効果が期待できますし、似た働きを持つサフランよりも安価で利用しやすいことから多くの女性

画像:バーベイン(Vervain)

バーベイン

古くから聖なる万能薬として用いられていたほか、魔力を持つ植物として利用されてきたバーベイン。現代でもリラックス作用や神経・肉体の強壮に役立つハーブとして多くの方に愛されています。女性領域への働きかけもあるので、月経トラブルやホルモンバランスの影響で不安定になりやすい女性のサポート役としても心強いハーブ

画像:セボリー(サマーセイボリー)

セボリー/サマーセイボリー

健胃整腸・消化促進のスパイスとして古くから利用されてきたサマーセイボリー。消化器系サポートに加え、鉄分含有が多く血行促進作用や神経強壮作用などもあり、貧血・冷え性・むくみ・神経疲労など、なんとなくスッキリしない・心身共に疲れている状態が続いている時にも適したハーブです。抗酸化(老化防止)や免疫力向上

画像:ヒソップ(ヤナギハッカ)

ヒソップ

聖書にも登場するヒソップは「聖なるハーブ」として日々の生活から信仰面までヨーロッパなどでは幅広く活用されてきたハーブです。免疫力向上・風邪やインフルエンザ予防・花粉症軽減などに主に利用されていますが、冷え性や低血圧の女性にもオススメです。リラックス効果もありますのでストレスやイライラ対策・精神の疲労

画像:アニスシード(Aniseed)

アニスシード

お菓子に利用される甘い香りのスパイスとして知られるアニス。消化不良や胃もたれなどの消化器系の不調や咳・気管支炎緩和などに利用されるほか、エストロゲンと似た構造を持つ「アネトール」を含んでいるため更年期・PMS(月経前症候群)・生理不順など女性特有の不調の改善に用いられる他、バストアップ効果なども期待

画像:レモンピール(Lemon peel)

レモンピール

爽快感ある香りでリフレッシュや集中力アップ効果が期待出来るレモンピール。血行を促進し体を温める働きもあるので冷え性の改善にもお勧めですし、風邪予防にも利用されています。近年は花粉症軽減や、エリオシトリンなどのポリフェノールによる抗酸化やダイエット効果も注目されて美容ティー・美容ハーブとしても人気

画像:オレンジピール(陳皮)

オレンジピール

甘酸っぱいどこか優しい香りのオレンジピールは心を癒して元気をくれるハーブ。ストレスや不安・緊張状態からリラックスタイムへの切り替えに適していますし、不眠の改善にも効果が期待出来ます。血行促進による冷え改善や、お腹の調子を整える・便秘解消にも役立ちますし、ブレンドの際にフレーバー感覚で楽しむにも適して

月桃(ゲットウ)

精神安定やアンチエイジング効果が注目される国産ハーブ月桃(ゲットウ)。赤ワイン以上のポリフェノールを含むことや美肌効果が報告され、若さや美肌を維持したい女性から支持されています。ショウガ科なので冷え性の方にもオススメですし、リラックス効果も。ハーブティー以外に化粧品原料や消臭防虫剤、壁紙など広く利用