ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

レモングラス
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

モヤモヤしている気分と胃腸に「リフレッシュハーブ」

古くからインドや中国の伝統医療で用いられてきたレモングラスは気分をスッキリさせたり自律神経のバランスを整える働きが期待できます。また消化器系への働きかけにも優れており、食べ過ぎ・胃もたれからストレス性の胃腸トラブルまで幅広く活用できます。飲用以外に殺菌消毒・虫除けにも役立つ、使いやすいハーブです。

cc-lemongrass

 

レモングラスについて

植物紹介:レモングラス

レモングラスはレモン草やレモン茅と呼ばれる由来となったレモンに似た爽やかな香りが特徴で、料理用としてはシーフードの臭み消しにも利用されうことが多いハーブです。タイ料理のトムヤンクンにも欠かせないハーブで、インドやインドネシアなどエスニック料理ではよく利用されているポピュラーなハーブの1つです。

レモングラスはマレーシア辺りが原産と考えられているイネ科オガルカヤ属の植物で、南インド・スリランカ・東南アジアに多く見られます。レモングラスと呼ばれる植物にはウエストインディアン・レモングラス(C. citratus)イーストインディアン・レモングラス(C. flexuosus)がありますが、一般的ウエストインディアン・レモングラスの方が品質が良いと言われています。
オガルカヤ属にはパルマローザ(C. martini)やシトロネラ(学名:C. nardus)などがあり、特にシトロネラは和名が同じ香水茅(コウスイガヤ)ですし、どちらも精油は「レモンの香り」を表現する香料として用いられているなど類似点が多くありますので混合に注意が必要です。

レモングラスはアジアでは古くから薬草としても利用されてきた歴史を持ち、インド伝統医学アーユルヴェーダでは「冷やすハーブ」と呼ばれ伝染病・熱病・発熱・吐き気などの治療薬として数千年前から利用されてきたと言われています。また中国伝統医学では頭痛や腹痛などに対する鎮静・鎮痛の生薬として利用されています。

薬としての利用のほか、精油やドライハーブのポプリなどは虫除けにも役立つ「防虫のハーブ」としても用いられています。マラリアやデング熱などの媒介となる蚊を遠ざけることからレモングラスはフィーバーグラス(Fever grass)とも呼ばれおり、伝染病や発熱に良いとされていたのには虫除け効果も関係していると考えられます。現代でも爽やかな香りや虫除け効果からお部屋の天然芳香剤としての需要も高いハーブです。

基本データ

通称
レモングラス(Lemon grass)
別名
レモンガヤ(檸檬茅)、レモンソウ(檸檬草)、コウスイガヤ(香水茅)、ウエストインディアン・レモングラス
学名
Cymbopogon citratus
科名/種類
イネ科オガルカヤ属/多年草
花言葉
爽快、爽やかな性格、凛々しさ
誕生花
9月22日
使用部位
葉、茎
代表成分
精油(シトラール、シトロネラール、ゲラニオールなど)、フラボノイド類
代表効果
駆風、健胃、消化促進、殺菌、発汗促進、循環器機能改善、刺激
こんな時に
食欲不振、消化不良、下痢、腹痛、風邪、発熱、神経疲労、自律神経失調、貧血予防、血行促進、冷え性、むくみ、リフレッシュ
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーバルバス、ハーブチンキ、湿布、スチーム吸引、手作り化粧品、料理用ハーブ(香辛料)、精油
ハーブティーの味
グリーンな中にレモンの爽やかさ、味は酸味が少なく飲みやすい
カフェインの有無
ノンカフェイン

レモングラスの栄養・成分・期待できる効果

レモングラスティー

精神・自律神経を整える

レモングラスには鎮静作用を持つシトラールや抗うつ作用を持つゲラニオールなどの精油成分(芳香成分)が含まれています。また精神・肉体が正常に機能するために必要なカルシウム、リン、鉄、マグネシウム、カリウムなどのミネラルも含んでいます。

リフレッシュに

「リフレッシュハーブ」と呼ばれるほどレモングラスには高いリフレッシュ効果がありますので、気分をスッキリさせて気分転換をしたい時にも役立ちます。また神経疲労の回復にも有効とされています。

仕事の休憩中や朝起きがけのハーブティーとしても適していますし、アイスティーで飲むと夏場のどんより感を癒してくれます。サッパリした味や気分を味わいたい時にはペパーミントローズマリーとのブレンドがオススメです。


自律神経のバランスを整える

レモングラスは副交感神経の働きを助けることで、リラックス状態に入りやすくしたり自律神経のバランスを正常化する効果が期待されています。副交感神経を活性化し自律神経を整えることで不眠の解消にも効果が期待できますし、時差ボケにも良いと言われています。


体の調子を整える

胃腸機能の向上に

レモングラスは胃の働きを助けて消化を促進することから、食べ過ぎや胃もたれ、消化不良時などに有効です。抗菌・殺菌作用から腹痛や下痢の緩和にも有効とされていますし、腸内ガスの排出を促す作用もあるためお腹が張って苦しい時にも活用できます。

自律神経や精神面への働きかけと合わせて胃痛や過敏性腸症候群などのストレス性の胃腸トラブルまで幅広い「お腹の不調」の改善に有効と考えられます。同様に消化器系の不調に強いジャーマンカモミールティーとブレンドすると相乗効果が期待出来ます。


Sponsored Link

冷え・むくみに

レモングラスに含まれているシトラールには血管拡張作用があると言われており、血行不良や冷え性の改善に有効とされています。またリンパの流れを促進する働きもありますので、むくみ対策にも役立ちます。


疲労時・筋肉痛に

レモングラスは血液や体液の循環を刺激・促進することで疲労の原因となる乳酸の分解を促進すると考えられています。肉体的な疲労回復だけではなく、精神面での働きかけと合わせて、疲労感が抜けないときや夏バテ時などにも元気を取り戻す手助けをしてくれるでしょう。


風邪・インフルエンザ予防に

レモングラスは殺菌・抗真菌作用があります、ハーブティーを飲むことでも喉のイガイガ感や咳の緩和に有効とされています。喉の不快感が気になる場合はハーブティーをうがい薬として利用しても良いでしょう。

また血液循環を促進することで体を温める効果もあることから風邪やインフルエンザの予防や、発熱時のケアとしても役立ちます。


美容面への働き

ダイエットに

胃腸機能を活性化させ、脂肪分解の促進にも役立つと考えられています。レモングラスは糖質の代謝に必要なビタミンB1を含んでいますし、血行促進作用などと相乗して代謝アップが期待出来るでしょう。

またむくみ解消からセルライトの予防にも役立つと言われていますが、むくみやセルライトケアの場合は精油を希釈して直接気になる部分をマッサージした方がより効果的です。


美肌作りに

レモングラスは抗酸化作用がありコラーゲン生成などにも関わるビタミンC、皮膚や粘膜の維持や役立つビタミンB2やナイアシンなどのビタミン類を含んでいます。また鉄分や葉酸など血液を作るのに必要な成分も含んでいますし、殺菌作用もありますので、総合的に美肌作りにも効果が期待出来るでしょう。

※ただしハーブティーに抽出される成分量については定かではありませんので、栄養成分をしっかりと摂りたい場合にはスパイスとして利用したほうが確実です。

アロマなど外用(飲食以外)で期待できる効果

浸出油の場合はそのまま利用することもできますが、精油をスキンケアやマッサージに利用する場合は必ず希釈して利用してください(協会によって精油希釈濃度の基準は異なりますが、肌に使用する場合は概ね1%以下が安全とされています)。精油の経口摂取は出来ません。

心身への効果(精油)

心への作用

レモングラスの香りは心に対しての刺激作用・高揚作用があると言われています。元気と活力を与えてくれるため、不安やネガティブな気持ちになってしまって前向きさが欲しい時にぴったりの香りと言えるでしょう。また鎮静作用もあると言われていますので、刺激・高揚作用と合わせて精神疲労時の癒しタイムやリフレッシュ用としても利用できます。

レモングラスは「ドライバーの精油」と言われるほどリフレッシュ効果が高く、刺激作用により集中力アップにも効果が期待出来ます。やるべきことがあるのに無気力な時や、長時間の仕事・勉強などで集中力が切れそうなときなどにも役立ってくれるでしょう。


体への作用

消化促進作用により胃腸の調子が悪いときに役立ちます。また鎮痛作用にも優れて肩こり・腰痛や筋肉痛にも有効とされていますし、精神面との作用も合わせてストレス性の腹痛や胃痛にも効果が期待出来ます。

血液や体液の循環を整える働きがあるとも言われていますので、冷え性やむくみの緩和効果も期待できますし、血行不良が原因の肩こり・頭痛などにも有効です。そのほかに発汗作用もあると考えられており、解熱にも利用されています。


スキンケアに

レモングラスは収れん作用と殺菌作用によりニキビの予防や改善、脂性肌・開き毛穴のケアなどに利用されています。水虫(白癬菌)や脂漏性皮膚炎(マラセチア菌)など真菌性のトラブルにも有効とされています。

ただし精油はリモネンを含むため皮膚刺激があります。精油を希釈したものやハーブティーでパッチテストを行うか、芳香蒸留水を利用すると良いでしょう。


殺菌・防虫剤として

レモングラスの伝統的な使い方の1つでもある、防虫・消臭・殺菌。レモングラスに含まれる香り成分シトラールは特に蚊避けに高い効果を発揮すると言われていますので、梅雨時~夏場は爽やかな香りと合わせて活躍してくれるでしょう。

ドライハーブはポプリやサシェに、精油の場合はコットンに染み込ませるかデュフーザーで拡散することで天然の殺菌消臭・虫除け剤としても利用出来ます。抗菌や虫除け重視ならばユーカリ、消臭力重視の場合はラベンダーローズマリーとブレンドして利用するのもオススメです。

レモングラスの注意事項

  • 妊娠中の使用は避けましょう。

ハーブティー

 - , , , , , ,

投稿日:2015年12月4日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事