ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:マレイン(Mullein)

マレイン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地であるヨーロッパでは古代ローマ時代から呼吸器系の不調に良いハーブとして利用されてきたマレイン。アウグビンなどのイリノイド・アピゲニンなどのフラボノイド・サポニン・粘液質などが複合し働くことで呼吸器の不調・不快感緩和に役立つハーブと考えられていますし、花粉症の軽減にも効果が期待されています。コミッションEや

画像:菊芋/エルサレムアーティチョーク

菊芋/エルサレムアーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

世界の植物の中で最もイヌリンを多く含むと称されることもある菊芋。水溶性食物繊維イヌリンの働きで便秘や腸内フローラ改善、血糖値上昇抑制による糖尿病予防やダイエットなどに役立つ健康食材として注目されています。腸内フローラ改善から免疫力向上や花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー緩和、肌トラブルの改善や基礎代謝向上

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコ茶は粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケア、消化器系や泌尿器系炎症の緩和にも取り入れられています。漢方でも全草(車前草)は喉の不調緩和に、種子には便通改善などの効果があるとされています。近縁種のインドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエットに役立つ

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

スーパーフルーツの一つとして注目されているクコの実。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、近年の研究でもポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むためアンチエイジング効果が期待されています。生活習慣病や血液循環改・冷え性の緩和・肌のハリや透明感アップをはじめ、ゼアキサンチンによる眼精疲労・眼病予防にも効果が

画像:ゴーヤ(ビターメロン)

ゴーヤ(苦瓜)/ビターメロン
健康茶と期待される効果効能紹介

沖縄料理の食材として発信され、今や全国的に定着したゴーヤ(苦瓜/ビターメロン)。野菜としての利用だけではなく、完熟したゴーヤで作った“ゴーヤ茶”は共役リノレン酸を含むことから肥満予防・ダイエット効果が期待できるお茶として利用されています。糖尿病予防やアレルギー緩和、ビタミンCを含むため紫外線対策や美肌維持などに

画像:玉葱(タマネギ/オニオン)

玉ねぎの皮茶
健康茶と期待される効果効能紹介

玉葱の皮は白い部分の数十倍と多くのポリフェノール(ケルセチン)を含む存在として注目されています。血液サラサラ効果や血糖値上昇抑制効果から生活習慣病予防に、脂肪吸収抑制効果が期待できることからダイエットサポート茶としてや、高い抗酸化作用からアンチエイジング・アレルギー緩和としてなど、様々な健康・美容サポート効果が

画像:クマザサ茶(隈笹/熊笹)

クマザサ(隈笹)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本で古来より万能薬草として利用されてきたクマザサ。安息香酸やクマザサ多糖体(バンフォリン)による抗菌・防腐作用から食材を包む素材としても利用されますし、飲用することで胃や口内の細菌を防ぐ働きも期待できます。葉緑素(クロロフィル)が豊富で口臭や体臭予防にも有効とされていますし、血流浄化効果が高く「緑の血液」とも

画像:パセリ(Parsley)

パセリ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富なうえ様々な抗酸化成分を含む優秀な食材として近年日本でも注目されています。パセリティーもまた不足しがちな栄養素の補給に役立つ他、免疫力向上や胃腸機能サポート・口臭予防をはじめ、乾燥肌対策・エイジングケア・むくみ緩和など美容面にも様々な働きが期待できます。花粉症対策の健康茶としても