ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 貧血 」 一覧

画像:蓬(ヨモギ/Japanese mugwor)

蓬(ヨモギ)

日本でも古くから薬草として利用されて「究極の和製ハーブ」とも呼ばれる蓬(ヨモギ)。よもぎ蒸しなどの影響もあり近年再び注目が高まっています。抗酸化・抗糖化効果のほか、デトックス、貧血・冷え性改善、代謝向上、美肌、月経トラブル緩和など女性に優しい成分を含んでいます。ヨモギ風呂やよもぎ蒸し・スキンケア用など外用でも

画像:トウモロコシ(コーン)

コーン/トウモロコシ(実)

トウモロコシの実から作るコーン茶はノンカフェインで刺激成分も含まないため、妊娠中の方もお子様も毎日飲めるお茶として親しまれてます。カリウムや水溶性食物繊維を含むことから便秘・むくみ解消やダイエットティーとして注目されましたが、そのほかに貧血予防や血行促進(冷え性の緩和)、抗酸化によるアンチエイジングなどにも

画像:大棗(ナツメ)/チャイニーズデーツ

棗(ナツメ)

「1日に3個食べれば歳をとらない」とも言われ古くから中医学やアーユルヴェーダで利用されてきたナツメ(大棗)。現在でも様々な漢方薬に配合されて。ストレス耐性を高めたり精神安定、神経の緊張によって起こる不眠・胃腸トラブルなどの緩和に役立つほか、貧血改善や血流改善による冷え性改善、むくみ緩和など女性に嬉しい働きも期待

画像:オートムギ(オーツ麦)

オートムギ/オーツ麦

オートミールやミューズリーなど食用としても注目されているオートムギ(オーツ麦)。ハーブティーとしては中枢神経を刺激しストレス耐性を高めるアベニンや神経系の維持・回復に必要なミネラルを多く含むため神経疲労・ストレス症状・抑鬱・マタニティブルーなど女性特有の精神不調等に用いられます。強壮や免疫力向上にも

画像:セボリー(サマーセイボリー)

セボリー/サマーセイボリー

健胃整腸・消化促進のスパイスとして古くから利用されてきたサマーセイボリー。消化器系サポートに加え、鉄分含有が多く血行促進作用や神経強壮作用などもあり、貧血・冷え性・むくみ・神経疲労など、なんとなくスッキリしない・心身共に疲れている状態が続いている時にも適したハーブです。抗酸化(老化防止)や免疫力向上

画像:ワイルドストロベリー(ストロベリーリーフ)

ワイルドストロベリー

「幸せを呼ぶハーブ」という伝説もあるワイルドストロベリーは腎臓・肝臓の機能を高めるためむくみの解消や老廃物の排泄促進に役立ち、消化器系の機能を高めるので便秘対策としても効果が期待出来ます。鉄分などのミネラルが豊富で貧血予防や栄養補給源としても適していますし、クセのない味でハーブティーのブレンドにも

画像:ダンデライオン(西洋タンポポ)

ダンデライオン/西洋タンポポ

ダンデライオン(西洋タンポポ)は「おねしょのハーブ」と言われるほどの利尿効果を筆頭に、便秘解消(食物繊維)、肝臓強壮作用などがあり高いデトックス効果が期待出来ます。焙煎したノンカフェインのたんぽぽコーヒーも人気。また「たんぽぽT-1エキス」と呼ばれる多糖体の1種があり、ホルモンバランス調整・脂肪燃焼促進・血行促進

画像:ハイビスカス(ローゼル)

ハイビスカス/ローゼル

ローズヒップと合わせて美容・美肌ハーブティーとして利用されることの多いハイビスカスティー(ローゼルティー)。ビタミンCやクエン酸を含み美肌作りや代謝向上、便秘・むくみの解消など美容に嬉しい働きはもちろん、疲労回復・眼精疲労改善やミネラル吸収促進などの嬉しい作用も期待