ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 便秘 」 一覧

画像:シェパーズパース(ナズナ)

シェパーズパース/ナズナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本では春の七草の1つ「ナズナ」として知られるシェパーズパースは、伝統医療・民間療法において古くから様々な働きを持つ薬草として利用されてきました。止血に役立つことから女性の月経過多の改善に用いられるほか、むくみや便秘の改善、デトックス、血行促進、代謝向上、抗酸化など美容面でも嬉しい働きが期待

鳩麦(ハトムギ)
健康茶と期待される効果効能紹介

鳩麦はハトムギ茶やイボ取りに役立つヨクイニンなど、私たち日本人に馴染みある存在。体の巡りを整えて水分・便・老廃物の排泄を促すためダイエットのお供としても親しまれています。またコイクセラノイド・有機ゲルマニウム・アミノ酸などによる新陳代謝向上から肌荒れ・乾燥・美白などの美肌効果、そのほかアレルギー緩和

画像:キャラウェイ(Caraway)

キャラウェイシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャラウェイはクミンやイノンドとよく似た外見を持つ、石器時代の遺跡からも発見されたほど人との関わりの歴史が長いハーブの1つ。健胃・消化促進・駆風作用など消化機能サポートに優れた働きがあるほか、呼吸器系の不調や風邪の緩和、口臭予防や精神安定・リラックス用などにも役立ちます。ハーブや精油は天然の虫除けと

画像:ジンジャー(生姜)

ジンジャー/生姜

身近な食材であることと、体を温める働きに優れていることから多くの女性に愛されている生姜。ジンゲロールやショウガオールの働きから、冷え性の改善、風邪予防、血行不良から起こる肩こり・関節痛・生理痛など様々な不調改善に有効なほか、消化器系のサポートにも役立ちます。代謝アップやむくみ解消など美容面でも効果が

画像:コリアンダー(Coriander)

コリアンダーシード

数千年前から利用されてきた最古のハーブの1つとも言われるコリアンダー。葉部(パクチー)は独特の香りから苦手な方も多いですが、種子を利用したハーブティーはスパイシーながら柑橘系のフルーティーさ・爽やかさがあり飲みやすいのが特徴。胃腸機能のサポートに優れているほか、爽やかな香りはリラックス・精神疲労回復

画像:オートムギ(オーツ麦)

オートムギ/オーツ麦

オートミールやミューズリーなど食用としても注目されているオートムギ(オーツ麦)。ハーブティーとしては中枢神経を刺激しストレス耐性を高めるアベニンや神経系の維持・回復に必要なミネラルを多く含むため神経疲労・ストレス症状・抑鬱・マタニティブルーなど女性特有の精神不調等に用いられます。強壮や免疫力向上にも

画像:バードックルート(牛蒡/ゴボウ)

バードックルート/ゴボウ

むくみや便秘の解消役立つデトックスティーとして、老化防止に役立つアンチエイジングティーとして日本でも人気のバードックルートことゴボウ茶。日本でゴボウといえば野菜ですが、中国やヨーロッパでは薬(薬用植物)の位置付けです。イヌリンなどの水溶性食物繊維が豊富なため腸内環境改善や血糖値抑制などにも効果が期待

画像:クミン(Cumin)

クミンシード

カレーの元として知られるクミンは胃腸機能に対する優れた働きを持つハーブとして用いられています。食欲不振・消化不良や胃腸ガス抑制に有効なほか、消化機能を高めることによる強壮効果や、リラックスや神経疲労回復・など精神面への効果が期待出来ます。近年は代謝向上やデトックスなどダイエットスパイスとしても注目が