ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 便秘 」 一覧

画像:ダンデライオン(西洋タンポポ)

ダンデライオン/西洋タンポポ

ダンデライオン(西洋タンポポ)は「おねしょのハーブ」と言われるほどの利尿効果を筆頭に、便秘解消(食物繊維)、肝臓強壮作用などがあり高いデトックス効果が期待出来ます。焙煎したノンカフェインのたんぽぽコーヒーも人気。また「たんぽぽT-1エキス」と呼ばれる多糖体の1種があり、ホルモンバランス調整・脂肪燃焼促進・血行促進

画像:ハイビスカス(ローゼル)

ハイビスカス/ローゼル

ローズヒップと合わせて美容・美肌ハーブティーとして利用されることの多いハイビスカスティー(ローゼルティー)。ビタミンCやクエン酸を含み美肌作りや代謝向上、便秘・むくみの解消など美容に嬉しい働きはもちろん、疲労回復・眼精疲労改善やミネラル吸収促進などの嬉しい作用も期待

画像:大実山査子(Chinese hawthorn)

サンザシ(大実山査子)

山査子(オオミサンザシ)は中国では古くから生薬としても利用されてきた歴史を持ち、現在も胃腸系の漢方薬によく配合されています。消化器系への働きかけ以外には血液を綺麗にして循環を整える働きがあるほか、近年は脂肪燃焼をサポートする働きが期待されダイエットティーとしても

画像:フラックスシード

フラックスシード/リンシード

「亜麻仁油(フラックスオイル)」や麻繊維で知られている亜麻の種子フラックスシードはオメガ3系脂肪酸を豊富に含み生活習慣病予防やアレルギー抑制として、食物繊維が豊富なことによる便秘の解消、フィトエストロゲンによる婦人科系トラブル改善など様々な面で注目を浴びており、「スーパーシード」とも

画像:アーティチョーク

アーティチョーク

アーティチョークは古代ギリシア・ローマ時代から健胃・強肝作用が知られていたハーブで、二日酔いなどお酒関係の不調や消化不良・食欲不振によく用いられおり生活習慣病予防も期待されています。近年では脂肪分解を促進する作用や美白・光老化防止作用などが報告され、美容面でも注目を浴びているハーブ。便秘やむくみ解消にも

画像:マロウ・ブルー(薄紅葵)

マロウブルー/マルバフラワー

マロウブルーは神秘的な青色から可憐な桜色への変化が楽しめるハーブティーとして人気です。粘膜を保護し炎症を抑える働きや、肌の乾燥や炎症のケアにも利用できるなど活用の幅が広く、扱いやすいことも魅力です。喉が弱い方、タバコを吸う方、カラオケが好きな方などにもおすすめな他、消化器系の保護や肌の保湿・炎症緩和にも

画像:フェンネル

フェンネル

フェンネルは植物性エストロゲン(姉ロール)を含むことで更年期障害、月経不順、生理痛、月経前症候群(PMS)など女性特有の不調改善にも注目されています。むくみの解消や口臭対策にも役立ちます。世界中で消化促進に用いられていますが、痙攣を和らげる成分が複数含まれていますので下痢や過敏性腸症候群などの緩和にも

画像:ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ

古くから「妊婦のためのハーブ」として利用されてきたラズベリーリーフ。陣痛緩和や分娩促進をはじめ産後の回復・月経トラブルの緩和など女性特有の不調に幅広く効果が期待出来るでしょう。近年はラズベリーに含まれる「ラズベリーケトン」という香り成分に高い脂肪分解効果があることも報告され、ダイエットや冷え解消など