ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:プーアル茶(普洱茶)

プーアル茶(普洱茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

脂肪吸収抑制・燃焼促進が期待される、親しみある中国茶 脂っこい食事のお供にも利用されるプーアル茶。発酵熟成過程で発生する重合カテキン・没食子酸は脂肪吸収を抑制することで体内への脂肪蓄積を抑えたり、脂肪 …

画像:サルサパリラ

サルサパリラ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

サルサパリラはルートビアなどのドリンク・お菓子のフレーバーとして親しまれているハーブで、原産地であるアマゾン周辺の先住民たちは古くから医薬品や強壮剤とし用いていたそう。ヨーロッパでも浄血作用を持つハーブとして活用されてきた歴史があり、現在でも血液浄化・デトックスハーブとして利用されていますし、アンチエイジングなど

画像:ターメリック(ウコン)

ターメリック/秋ウコン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

カレーの原料もしくはお酒のお供という印象の強いウコン/ターメリック。クルクミンなどの働きで肝機能向上や二日酔い対策に有効とされている他、アンチエイジング(抗酸化)・アルツハイマー型認知症予防・ダイエットなど幅広い働きが期待できることが報告されています。インドではスキンケア用としても利用され、日本でもオイル・石鹸など

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

古くから美容や健康に良いと考えられてきた、日本でお馴染みの海藻 若い世代の昆布離れが指摘されていますが、近年再び昆布の健康効果・美容効果が注目され昆布や昆布茶を取り入れる方も増えています。アルギン酸や …

画像:ベルガモット/タイマツバナ

ベルガモット/タイマツバナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地のアメリカでは先住民達が風邪薬のような感覚でお茶にしていたと伝えられるシソ科のベルガモット(タイマツバナ)。現代でも風邪予防や呼吸器系・消化器系トラブルの緩和に利用されているほか、鎮静作用が期待され不眠緩和などにも取り入れられています。殺菌・防腐作用などがあるモチールを含むためニキビ予防・改善など肌のケア

画像:おから

おから
健康茶と期待される効果効能紹介

豆乳を作る際に出る“おから”を焙煎して作ったおから茶も大豆イソフラボンによってホルモンバランスを整えたり肌をキレイに保つなどの働きが期待されていますし、大豆レシチンやサポニンなどにより肥満・生活習慣病予防や免疫力アップにも効果が期待されため美容と健康のために取り入れられています。おからから自作すると安価で出来る

画像:マレイン(Mullein)

マレイン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地であるヨーロッパでは古代ローマ時代から呼吸器系の不調に良いハーブとして利用されてきたマレイン。アウグビンなどのイリノイド・アピゲニンなどのフラボノイド・サポニン・粘液質などが複合し働くことで呼吸器の不調・不快感緩和に役立つハーブと考えられていますし、花粉症の軽減にも効果が期待されています。コミッションEや

画像:菊芋/エルサレムアーティチョーク

菊芋/エルサレムアーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

世界の植物の中で最もイヌリンを多く含むと称されることもある菊芋。水溶性食物繊維イヌリンの働きで便秘や腸内フローラ改善、血糖値上昇抑制による糖尿病予防やダイエットなどに役立つ健康食材として注目されています。腸内フローラ改善から免疫力向上や花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー緩和、肌トラブルの改善や基礎代謝向上