ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコ茶は粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケア、消化器系や泌尿器系炎症の緩和にも取り入れられています。漢方でも全草(車前草)は喉の不調緩和に、種子には便通改善などの効果があるとされています。近縁種のインドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエットに役立つ

画像:クマザサ茶(隈笹/熊笹)

クマザサ(隈笹)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本で古来より万能薬草として利用されてきたクマザサ。安息香酸やクマザサ多糖体(バンフォリン)による抗菌・防腐作用から食材を包む素材としても利用されますし、飲用することで胃や口内の細菌を防ぐ働きも期待できます。葉緑素(クロロフィル)が豊富で口臭や体臭予防にも有効とされていますし、血流浄化効果が高く「緑の血液」とも

画像:パセリ(Parsley)

パセリ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富なうえ様々な抗酸化成分を含む優秀な食材として近年日本でも注目されています。パセリティーもまた不足しがちな栄養素の補給に役立つ他、免疫力向上や胃腸機能サポート・口臭予防をはじめ、乾燥肌対策・エイジングケア・むくみ緩和など美容面にも様々な働きが期待できます。花粉症対策の健康茶としても

画像:オリーブリーフ(オリーブの葉)

オリーブリーフ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

高い殺菌・抗酸化作用により健康維持やアンチエイジング効果が期待 オリーブオイルは健康メリットの高い油として注目されているものの、日本ではあまり馴染みのないオリーブの葉。しかし抗酸化成分を豊富に含むこと …

画像:明日葉(アシタバ)

明日葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

青汁の原料として知られる明日葉は高い抗酸化作用を持ち、黄金のポリフェノールとも呼ばれる「カルコン」の働きで内臓脂肪燃焼・アディポネクチン分泌促進効果から生活習慣病・糖尿病予防などに役立つのではないかと注目されています。むくみ・セルライト緩和やダイエット用としてや、βカロテン含有量が高いため目の酷使や肌荒れ対策に

キャッツクロー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャッツクローはインカ帝国以前から利用されてきたハーブで、6種類のアルカロイドを含み薬理作用が期待できることが報告されWHOに抗炎症剤として利用されています。日本でもリウマチや関節痛などに対する健康食品として取り入れられていますし、近年はキャッツクローから抽出されたAC-11が美容成分として美肌や若々しさの維持

画像:小豆(アズキ)

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりには小豆の煮汁という民間療法や、“あずき水ダイエット”などの影響もあり小豆茶が注目されています。カテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用としても高い効果が期待される他、イソフラボンを含むため女性特有の不調の緩和効果、疲労回復・貧血予防・血流改善による冷え性緩和などにも

画像:アンジェリカ(西洋当帰)

アンジェリカルート
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパでは薬用ハーブ・食材・香料と広く利用されているアンジェリカ。植物分類上は漢方で婦人科系の不調に用いられる当帰の近縁種にあたり、体を温める・ホルモンバランスを整えるなど女性の体を整える働きに優れたハーブと考えられています。月経トラブルや冷え性の緩和のほか風邪予防・滋養強・不眠対策などにも利用されています