ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:セルピルム/ワイルドタイム

セルピルム/ワイルドタイム
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ワイルドタイムやクリーピングタイムとも呼ばれるタイムの近縁種セルピルム。タイムよりも刺激が少なくさっぱりと飲みやすい風味です。消化・呼吸・循環機能を高める・精神面へのリラックス作用が期待できるため疲労回復や強壮に有効とされています。お腹の張りや便秘、喉の不快感や風邪予防、血行促進による冷え性緩和、不眠対策など

画像:紫蘇/シソ

紫蘇(シソ)
健康茶と期待される効果効能紹介

和食の薬味としてもお馴染みの紫蘇(シソ)は近年花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和に役立つとして注目を集めています。ルテオリン、ロズマリン酸などのポリフェノールやα-リノレン酸など抗炎症作用・免疫機能正常化作用を持つ成分を含んでいますし、抗酸化作用も高いことから老化防止・美肌作りにも

画像:コルツフット(フキタンポポ)

コルツフット/フキタンポポ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古代ギリシア・ローマでも咳止め・喘息・気管支炎緩和など呼吸器系不調に良い薬草として利用されたコルツフット。学名Tussilagoも「咳を追い払うもの」という意味です。ハーブティーや咳止めシロップのほか薬用煙草にも使われたため煙草草とも呼ばれています。近年はピロリジジンアルカロイドを含まない安全な種も

画像:キャラウェイ(Caraway)

キャラウェイシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャラウェイはクミンやイノンドとよく似た外見を持つ、石器時代の遺跡からも発見されたほど人との関わりの歴史が長いハーブの1つ。健胃・消化促進・駆風作用など消化機能サポートに優れた働きがあるほか、呼吸器系の不調や風邪の緩和、口臭予防や精神安定・リラックス用などにも役立ちます。ハーブや精油は天然の虫除けと

画像:レモンバーベナ(コウスイボク)

レモンバーベナ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

柑橘系に近いさっぱりとした風味が特徴のレモンバーベナはストレス・神経疲労などを和らげ、精神安定に高い効果があるとされているハーブです。消化促進や不眠にも効果が期待できますし、血行促進や利尿作用などもありますので風邪予防や女性の冷え・むくみケアにもオススメ。ドライハーブでも香りが抜けにくく扱いやすい

画像:ジンジャー(生姜)

ジンジャー/生姜
ハーブティーと期待される効果効能紹介

身近な食材であることと、体を温める働きに優れていることから多くの女性に愛されている生姜。ジンゲロールやショウガオールの働きから、冷え性の改善、風邪予防、血行不良から起こる肩こり・関節痛・生理痛など様々な不調改善に有効なほか、消化器系のサポートにも役立ちます。代謝アップやむくみ解消など美容面でも効果が

画像:オートムギ(オーツ麦)

オートムギ/オーツ麦
ハーブティーと期待される効果効能紹介

オートミールやミューズリーなど食用としても注目されているオートムギ(オーツ麦)。ハーブティーとしては中枢神経を刺激しストレス耐性を高めるアベニンや神経系の維持・回復に必要なミネラルを多く含むため神経疲労・ストレス症状・抑鬱・マタニティブルーなど女性特有の精神不調等に用いられます。強壮や免疫力向上にも

画像:ヒース(エリカ/ヘザーフラワー)

ヒース/ヘザーフラワー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アルブチンの美白効果が注目され、夏場の紫外線対策・シミ予防など美肌作りに役立つハーブティーとして人気が高まっているヒース(ヘザーフラワー)。抗酸化作用から肌老化・くすみなど色素沈着以外の面でも効果が期待され、飲用以外に化粧水や手作りのコスメ原料としても用いられています。そのほか泌尿器トラブルなどにも