ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:セボリー(サマーセイボリー)

セボリー/サマーセイボリー

健胃整腸・消化促進のスパイスとして古くから利用されてきたサマーセイボリー。消化器系サポートに加え、鉄分含有が多く血行促進作用や神経強壮作用などもあり、貧血・冷え性・むくみ・神経疲労など、なんとなくスッキリしない・心身共に疲れている状態が続いている時にも適したハーブです。抗酸化(老化防止)や免疫力向上

画像:ヒソップ(ヤナギハッカ)

ヒソップ

聖書にも登場するヒソップは「聖なるハーブ」として日々の生活から信仰面までヨーロッパなどでは幅広く活用されてきたハーブです。免疫力向上・風邪やインフルエンザ予防・花粉症軽減などに主に利用されていますが、冷え性や低血圧の女性にもオススメです。リラックス効果もありますのでストレスやイライラ対策・精神の疲労

画像:レモンピール(Lemon peel)

レモンピール

爽快感ある香りでリフレッシュや集中力アップ効果が期待出来るレモンピール。血行を促進し体を温める働きもあるので冷え性の改善にもお勧めですし、風邪予防にも利用されています。近年は花粉症軽減や、エリオシトリンなどのポリフェノールによる抗酸化やダイエット効果も注目されて美容ティー・美容ハーブとしても人気

画像:オレンジピール(陳皮)

オレンジピール

甘酸っぱいどこか優しい香りのオレンジピールは心を癒して元気をくれるハーブ。ストレスや不安・緊張状態からリラックスタイムへの切り替えに適していますし、不眠の改善にも効果が期待出来ます。血行促進による冷え改善や、お腹の調子を整える・便秘解消にも役立ちますし、ブレンドの際にフレーバー感覚で楽しむにも適して

レモングラス

「リフレッシュハーブ」とも呼ばれるレモングラスは気分転換や自律神経のバランスを整えるのに有効とされています。消化器系への働きかけにも優れ、胃もたれからストレス性の胃腸トラブルまで幅広く利用出来ます。アーユルヴェーダなどアジアの伝統医療でも古くから利用されてきたハーブですし、殺菌消毒・虫除けにも役立ち

マーシュマロウ

マーシュマロウは粘液質を含有し、優れた粘膜保護作用があるハーブです。喉・呼吸器の保護はもちろんのこと、鎮痛作用や便通を整える働きと合わせて胃痛や下痢など消化器系の不調や炎症にも高い効果が期待できます。保護・保湿・殺菌・抗炎症などの働きからスキンケアにも有用で乾燥肌や肌荒れ対策から、傷・火傷のケアにも

画像:クローブ(Clove)

クローブ

優れた鎮静作用や殺菌作用から歯科用品でも利用され、「歯医者さんのハーブ(香り)」とも言われるクローブ。体を温める作用や消化機能を助ける働きがあり、胃弱・冷え性・虚弱体質の方に適しているほか、近年は抗酸化作用の強いアンチエイジングスパイスとしても注目されています。ウスターソースやケチャップ類のスパイス

画像:カルダモン(Cardamom)

カルダモン

インド料理に欠かせないスパイスで、香りの良さから「スパイスの女王」とも呼ばれるカルダモンは胃腸機能改善・不調緩和に高い効果が期待できるハーブです。気持ちを落ち着けリラックスさせる働きからストレス性の不調に、体を温める作用や呼吸器系に有効なことから風邪の初期症状にも利用されています。口臭予防にも