ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ダイエット 」 一覧

画像:ステビア/シュガーリーフ

ステビア
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ダイエット食品や糖尿病食に使われる、天然由来の低カロリー甘味料原料として知られるステビア。人工甘味料よりも安全性の高い甘味料として親しまれているほか、インスリン抵抗性改善・C型肝炎ウイルス抑制・ヒスタミン分解解毒効果などにも注目が集まっています。土壌や水質の汚染改善など環境汚染改善にも有効性が期待されており

リコリス/甘草
ハーブティーと期待される効果効能紹介

独特の香りと甘味を持つリコリス(甘草)は、漢方で咳止め・喉の炎症に使われる「甘草湯」を始め、副作用を抑えるなどの用途で多くの漢方薬に配合されています。現代でもグリチルリチンという成分の働きで咳や炎症を抑える働きが認められており、アレルギー抑制作用も報告されていることから、花粉症などのアレルギー性疾患緩和にも期待

ルイボス
ハーブティーと期待される効果効能紹介

SOD様酵素やアスパラチンなどの抗酸化物質を含むことから老化予防やアレルギー緩和効果などが期待されるルイボスティー。ミネラルも豊富で若々しい肌の維持やダイエット、便秘やむくみ改善に役立つことから女性に広く支持されている身近な健康茶の一つでもあります。ノンカフェイン・低タンニンで妊娠中の方の貧血対策としても利用

画像:蓬(ヨモギ/Japanese mugwor)

蓬(ヨモギ)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本でも古くから薬草として利用されて「究極の和製ハーブ」とも呼ばれる蓬(ヨモギ)。よもぎ蒸しなどの影響もあり近年再び注目が高まっています。抗酸化・抗糖化効果のほか、デトックス、貧血・冷え性改善、代謝向上、美肌、月経トラブル緩和など女性に優しい成分を含んでいます。ヨモギ風呂やよもぎ蒸し・スキンケア用など外用でも

画像:メドウスイート

メドウスイート

消炎鎮痛剤「アスピリン」の元になった、サリチル酸を含むハーブとして知られるメドウスイート。エリザベル女王が愛したとも言われる甘い香りを持ち、頭痛や腰痛、関節炎やリウマチなど痛み・炎症の緩和に役立ちます。また胃腸粘膜の保護作用により胃を痛める等の心配が少ないことが近年再注目されているほか、むくみの解消・解熱剤

画像:トウモロコシ(コーン)

コーン/トウモロコシ(実)

トウモロコシの実から作るコーン茶はノンカフェインで刺激成分も含まないため、妊娠中の方もお子様も毎日飲めるお茶として親しまれてます。カリウムや水溶性食物繊維を含むことから便秘・むくみ解消やダイエットティーとして注目されましたが、そのほかに貧血予防や血行促進(冷え性の緩和)、抗酸化によるアンチエイジングなどにも

画像:コーンシルク/トウモロコシのひげ

コーンシルク/トウモロコシのひげ

カリウムを豊富に含むトウモロコシのヒゲ部分は生薬「南蛮毛」やハーブ「コーンシルク」と呼ばれ、利尿作用を持つとして利用されてきました。ダイエットやデトックスに役立つお茶として、むくみケア・スタイルキープなどのサポートに日本でも人気があるほか、血糖値上昇抑制に役立つと考えられ、抗糖化によるアンチエイジング効果なども

画像:シェパーズパース(ナズナ)

シェパーズパース/ナズナ

日本では春の七草の1つ「ナズナ」として知られるシェパーズパースは、伝統医療・民間療法において古くから様々な働きを持つ薬草として利用されてきました。止血に役立つことから女性の月経過多の改善に用いられるほか、むくみや便秘の改善、デトックス、血行促進、代謝向上、抗酸化など美容面でも嬉しい働きが期待