ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ダイエット 」 一覧

画像:サフラン(番紅花)

サフラン/蕃紅花

パエリアなどの料理用スパイスとして日本でも知られているサフランですが、古くから月経トラブルなどに用いられてきたハーブでもあります。冷えとり効果や月経・女性ホルモンバランスによる不調の改善はもちろんのこと、セロトニン分泌を調整する働きにも効果が期待。美肌作り・アンチエイジング・ダイエットなど美容効果にも

画像:セボリー(サマーセイボリー)

セボリー/サマーセイボリー

健胃整腸・消化促進のスパイスとして古くから利用されてきたサマーセイボリー。消化器系サポートに加え、鉄分含有が多く血行促進作用や神経強壮作用などもあり、貧血・冷え性・むくみ・神経疲労など、なんとなくスッキリしない・心身共に疲れている状態が続いている時にも適したハーブです。抗酸化(老化防止)や免疫力向上

レモングラス

「リフレッシュハーブ」とも呼ばれるレモングラスは気分転換や自律神経のバランスを整えるのに有効とされています。消化器系への働きかけにも優れ、胃もたれからストレス性の胃腸トラブルまで幅広く利用出来ます。アーユルヴェーダなどアジアの伝統医療でも古くから利用されてきたハーブですし、殺菌消毒・虫除けにも役立ち

画像:チコリ(アンティーブ)

チコリー

コーヒーの風味付けやノンカフェインコーヒーとしても利用されいるチコリーは、水溶性食物繊維(イヌリン)やポリフェノールの一種「チコリ酸」を含み、便秘やむくみ解消・デトックスに高い効果が期待出来るハーブです。腸内環境の改善や肝臓・腎臓機能の向上など体を整える働きも期待出来るでしょう。抗酸化作用にも注目が

画像:レモンバーム(メリッサ)

レモンバーム/メリッサ

「長寿のハーブ」「若返りのハーブ」として古くから愛されてきたレモンバーム(メリッサ)。ポリフェノールが豊富で抗酸化作用に優れ、花粉症などのアレルギー緩和効果や高いリラックス効果があることから現代人のストレス対策としても役立ってくれるでしょう。体を温めたり熱を下げる働きがあるので風邪や発熱時のケアにも利用

画像:ホップ(Hops)

ホップ

ビールの香り・苦味原料としてお馴染みのホップはエストロゲン様成分や鎮静作用によって更年期障害やPMS(月経前症候群)などの月経トラブルなど女性領域に役立つことから「女性のためのハーブ」とも呼ばれています。不眠やストレス性の様々な症状改善が期待できるほか、肥満・生活習慣病予防や花粉症、呼吸器感染症予防

マテ

世界三大飲料の一つで、「飲むサラダ」とも言われる豊富な栄養価を持つマテ茶。豊富な栄養とマテインの働きで精神・肉体の疲労回復や強壮、ポリフェノールによる抗酸化(老化防止)効果があります。空腹感を緩和して食欲を抑えたり脂肪吸収抑制などのダイエット効果も期待

画像:リンデン(Linden)

リンデン・ウッド

「千の用途をもつ木」とも言われるリンデンの木部を利用したリンデンウッドは高い利尿作用やデトックス効果、脂肪の分解を促進効果を持ち、むくみ解消やダイエットティーとして利用されています。香り・味ともに薄めなのでブレンドしやすいのも特徴。むくみ、ダイエット、老廃物排泄促進(デトックス)、胃もたれ、消化不良