ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲れ目・眼病予防 」 一覧

画像:栃の実(とちのみ)

栃の実(とちのみ)茶
健康茶と期待される効果効能紹介

強いエグみがあるため食料が豊かになって以来さほど重要視されていなかった栃の実ですが、近年は苦味・エグみ成分のタンニン(プロアントシアニジン)やサポニンに抗酸化作用などの健康メリットがあることから健康茶などの原料として注目されています。アンチエイジング・美白効果や肥満予防効果などが期待され、美容に気を使う女性にも

画像:蕎麦茶

蕎麦茶/韃靼そば茶
健康茶と期待される効果効能紹介

麺でもお馴染みの蕎麦(ソバ)には抗酸化作用や毛細血管の保護・強化などが期待される「ルチン」というポリフェノールが含まれ、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つと考えられています。また韃靼そば茶はルチン含有量が極めて高く、メラニン色素生成・沈着防止効果がある美白成分として注目されている「シス・ウンベル酸」も豊富

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコ茶は粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケア、消化器系や泌尿器系炎症の緩和にも取り入れられています。漢方でも全草(車前草)は喉の不調緩和に、種子には便通改善などの効果があるとされています。近縁種のインドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエットに役立つ

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

スーパーフルーツの一つとして注目されているクコの実。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、近年の研究でもポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むためアンチエイジング効果が期待されています。生活習慣病や血液循環改・冷え性の緩和・肌のハリや透明感アップをはじめ、ゼアキサンチンによる眼精疲労・眼病予防にも効果が

画像:パセリ(Parsley)

パセリ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富なうえ様々な抗酸化成分を含む優秀な食材として近年日本でも注目されています。パセリティーもまた不足しがちな栄養素の補給に役立つ他、免疫力向上や胃腸機能サポート・口臭予防をはじめ、乾燥肌対策・エイジングケア・むくみ緩和など美容面にも様々な働きが期待できます。花粉症対策の健康茶としても

画像:明日葉(アシタバ)

明日葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

青汁の原料として知られる明日葉は高い抗酸化作用を持ち、黄金のポリフェノールとも呼ばれる「カルコン」の働きで内臓脂肪燃焼・アディポネクチン分泌促進効果から生活習慣病・糖尿病予防などに役立つのではないかと注目されています。むくみ・セルライト緩和やダイエット用としてや、βカロテン含有量が高いため目の酷使や肌荒れ対策に

画像:小豆(アズキ)

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりには小豆の煮汁という民間療法や、“あずき水ダイエット”などの影響もあり小豆茶が注目されています。カテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用としても高い効果が期待される他、イソフラボンを含むため女性特有の不調の緩和効果、疲労回復・貧血予防・血流改善による冷え性緩和などにも

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

ビタミン・ミネラル・抗酸化物質ほか幅広い成分を含む健康食材 青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質をはじめビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維など幅広い栄 …