ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 花粉症・アレルギー緩和 」 一覧

画像:ミルクシスル(マリアアザミ)

ミルクシスル/マリアアザミ

お酒を飲む習慣がある方にイチオシの「肝臓を守るハーブ」ミルクシスルは「シリマリン」を含んでおり、肝臓の保護や傷んだ肝細胞の修復、肝臓機能の向上に有効とされています。肝臓は体内に入った有毒物質(タバコ・アルコール・化学薬品など)を分解・無毒化する臓器でもあるためデトックスにも役立つでしょう。抗酸化や美肌効果など美容にも嬉しいハーブ

画像:アイブライト(コゴメグサ)

アイブライト

目が輝くように綺麗になることがその名がの由来とされる「アイブライト」。眼精疲労や眼病予防サプリメントでもお馴染みのハーブで、近年は花粉症の予防・緩和対策としても注目されています。目のハーブとして知られていますが、粘膜の保護・強壮にも役立つので喉や鼻の不快感にも利用出来ます。殺菌、抗炎症、抗アレルギー

画像:フラックスシード

フラックスシード/リンシード

「亜麻仁油(フラックスオイル)」や麻繊維で知られている亜麻の種子フラックスシードはオメガ3系脂肪酸を豊富に含み生活習慣病予防やアレルギー抑制として、食物繊維が豊富なことによる便秘の解消、フィトエストロゲンによる婦人科系トラブル改善など様々な面で注目を浴びており、「スーパーシード」とも

画像:ゴツコーラ(ツボクサ)

ゴツコーラ/ツボクサ

ゴツコーラは脳機能の活性化(集中力・記憶力アップ)に役立つハーブとして、また血行促進やむくみ・セルライト解消、アンチエイジング、精神安定など様々な効果が期待されるハーブ。WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的薬草」と発表したこともあり世界的に注目されています。免疫賦活、血行促進、脳強壮、神経強壮

画像:エキナセア(ムラサキバレンギク)

エキナセア

エキナセアは人の免疫を活性化させる働きがハーブの中でも強いと考えられています抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用もあることから。風邪・感染症の予防や改善から皮膚炎症のケアまで幅広い働きが期待できるハーブと言えるでしょう。ストレスが多い、不規則な生活が気になる方にもおすすめ。免疫賦活、抗炎症、抗酸化作用も

画像:ネトル(イラクサ)

ネトル/西洋イラクサ

花粉症の緩和などアレルギー対策に役立つとして近年人気が出ているネトル。アレルギー抑制以外にも、栄養価が豊富で貧血の改善や血行促進・精神安定・不眠・むくみ解消・ダイエットなどにも役立つ、現在人に嬉しいハーブです。少量のヒスタミンを含み、経口摂取によって体が慣れてアレルギー反応を起こしにくくなるという説も

画像:イブニングプリムローズ(月見草)

イブニングプリムローズ/月見草

イブニングプリムローズ(月見草)はγ-リノレン酸を含むことでよく知られています。アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和や、ホルモンバランスを整える働きから月経前症候群(PMS)や更年期障害の緩和としても注目されています。またダイエットや美容に役立ともされ人気が高まっています。抗アレルギー、抗炎症

画像:イチョウ(Ginkgo)

イチョウ(銀杏)

イチョウ葉(ギンコウ)は抗酸化作用や血流改善作用などがあり、代表的な認知症予防や記憶力向上にも大きく関わっています。血行不良による冷え性・肩こり・めまい・頭痛・耳鳴りなど様々な不調改善に役立つほか、アレルギーの抑制や美しい肌を保つ効果も期待出来ます。血管拡張・毛細血管強化、抗酸化、アレルギー抑制