ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 冷え性 」 一覧

マテ

世界三大飲料の一つで、「飲むサラダ」とも言われる豊富な栄養価を持つマテ茶。豊富な栄養とマテインの働きで精神・肉体の疲労回復や強壮、ポリフェノールによる抗酸化(老化防止)効果があります。空腹感を緩和して食欲を抑えたり脂肪吸収抑制などのダイエット効果も期待

画像:ダンデライオン(西洋タンポポ)

ダンデライオン/西洋タンポポ

ダンデライオン(西洋タンポポ)は「おねしょのハーブ」と言われるほどの利尿効果を筆頭に、便秘解消(食物繊維)、肝臓強壮作用などがあり高いデトックス効果が期待出来ます。焙煎したノンカフェインのたんぽぽコーヒーも人気。また「たんぽぽT-1エキス」と呼ばれる多糖体の1種があり、ホルモンバランス調整・脂肪燃焼促進・血行促進

画像:ハイビスカス(ローゼル)

ハイビスカス/ローゼル

ローズヒップと合わせて美容・美肌ハーブティーとして利用されることの多いハイビスカスティー(ローゼルティー)。ビタミンCやクエン酸を含み美肌作りや代謝向上、便秘・むくみの解消など美容に嬉しい働きはもちろん、疲労回復・眼精疲労改善やミネラル吸収促進などの嬉しい作用も期待

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは更年期障害やPMS、月経不順など女性領域のトラブルに広く利用されているハーブです。エストロゲンに似た作用を持つと考えられ、ホルモンバランスの乱れやエストロゲン減少による自律神経失調や骨粗鬆症、体温調節異常などにも利用されています。また血管を拡張させ血行促進・冷え性の改善など

画像:リンデン・フラワー

リンデン・フラワー

ヨーロッパで「千の用途をもつ木」として幅広く活用されてきたリンデン。リンデンフラワーは心を落ち着けてリラックス状態へと導くなど「癒し」の領域に強く、ストレスや神経疲労、精神面に起因する頭痛・腹痛・動悸など様々な不調の緩和に高い効果が期待出来ます。抗酸化作用による血液サラサラ効果や末梢血管拡張・発汗作用もあり

画像:カレンデュラ(マリーゴールド)

カレンデュラ/マリーゴールド

ポットマリーゴールドとも呼ばれるカレンデュラはヨーロッパで古くから用いられてきたハーブの1つで「皮膚のガードマン」とも呼ばるほど皮膚のケア(外用)にも優れた効能を持っています。粘膜保護や目機能の維持、感染症予防、女性特有の不調など内・外両方において幅広く活用できます。代表的な効果としては抗ウィルス、抗菌、抗炎症、抗酸化、血行促進

画像:ゴツコーラ(ツボクサ)

ゴツコーラ/ツボクサ

ゴツコーラは脳機能の活性化(集中力・記憶力アップ)に役立つハーブとして、また血行促進やむくみ・セルライト解消、アンチエイジング、精神安定など様々な効果が期待されるハーブ。WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的薬草」と発表したこともあり世界的に注目されています。免疫賦活、血行促進、脳強壮、神経強壮

画像:コモンセージ

セージ(コモンセージ)

セージは口内の炎症や喉の痛みの緩和効果がよく知られています。それ以外にもハーブの中でもトップクラスの抗酸化作用や女性ホルモン作用による更年期障害の緩和、消化促進、制汗作用など幅広い働きを持ち、古くは万能薬と考えられていたのが良くわかるハーブの1つと言えます。抗鬱、ホルモン分泌調節、抗菌末梢血管拡張作用なども