ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 冷え性 」 一覧

画像:クローブ(Clove)

クローブ

優れた鎮静作用や殺菌作用から歯科用品でも利用され、「歯医者さんのハーブ(香り)」とも言われるクローブ。体を温める作用や消化機能を助ける働きがあり、胃弱・冷え性・虚弱体質の方に適しているほか、近年は抗酸化作用の強いアンチエイジングスパイスとしても注目されています。ウスターソースやケチャップ類のスパイス

画像:レッドクローバー(ムラサキツメクサ)

レッドクローバー

レッドクローバーは大豆の10~20倍と言われる豊富なイソフラボン類を含み、ホルモンバランスを調整し更年期障害や生理前のイライラ・月経不順など女性特有の不調緩和に役立つとされているハーブです。エストロゲン様作用を持つため女性らしい体作りや肌荒れ防止など美容面でも効果が期待され、血行促進やむくみ解消にも

画像:ラベンダー(Lavender)

ラベンダー

様々な働きがある事からハーブの女王とも呼ばれ人々に利用されてきたラベンダーはハーブやアロマを代表する植物でもあります。親しみのあるフローラルな香りは精神を整えるのに役立つとされ、イライラ・落ち込み・不眠・ストレスが原因の身体的不調全般に利用されるほか、肌を整える効果も高いことから化粧品にもよく配合

画像:レモンバーム(メリッサ)

レモンバーム/メリッサ

「長寿のハーブ」「若返りのハーブ」として古くから愛されてきたレモンバーム(メリッサ)。ポリフェノールが豊富で抗酸化作用に優れ、花粉症などのアレルギー緩和効果や高いリラックス効果があることから現代人のストレス対策としても役立ってくれるでしょう。体を温めたり熱を下げる働きがあるので風邪や発熱時のケアにも利用

画像:クランベリー(Cranberry)

クランベリー

ドライフルーツやジュースでもお馴染みのクランベリーは古くから泌尿器関係のトラブルに対して民間療法で用いられていました。キナ酸とプロアントシアニジンの働きで細菌の増殖を抑え排出を促す働きが認められており、その他にも風邪やインフルエンザの予防・疲れ目対策・老化防止・口腔ケア・むくみなどにも

画像:エルダーフラワー(ニワトコ)

エルダーフラワー

世界最古のハーブとも言われるエルダーフラワー。インフルエンザの特効薬とも呼ばれ風邪やインフルエンザ、呼吸器系の不調に対しての働きが有名ですが、体を温める・体内の循環を向上させ老廃物の排泄促進・抗ストレス・花粉症などの症状緩和など「万能の薬箱」という異名に相応しい様々な働きがあります。肌荒れや乾燥にも

マテ

世界三大飲料の一つで、「飲むサラダ」とも言われる豊富な栄養価を持つマテ茶。豊富な栄養とマテインの働きで精神・肉体の疲労回復や強壮、ポリフェノールによる抗酸化(老化防止)効果があります。空腹感を緩和して食欲を抑えたり脂肪吸収抑制などのダイエット効果も期待

画像:ダンデライオン(西洋タンポポ)

ダンデライオン/西洋タンポポ

ダンデライオン(西洋タンポポ)は「おねしょのハーブ」と言われるほどの利尿効果を筆頭に、便秘解消(食物繊維)、肝臓強壮作用などがあり高いデトックス効果が期待出来ます。焙煎したノンカフェインのたんぽぽコーヒーも人気。また「たんぽぽT-1エキス」と呼ばれる多糖体の1種があり、ホルモンバランス調整・脂肪燃焼促進・血行促進