ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 女性ホルモン・月経トラブル 」 一覧

画像:ナツメグ/肉荳蔲

ナツメグ
ハーブティー健康茶と期待される効果効能紹介

西洋・東洋問わずに広く利用され、世界4大スパイスの1つに数えられるナツメグ。独特の甘い芳香とほろ苦さが特徴で、漢方では胃腸機能を整える生薬「肉荳蔲(ニクズク)」として利用されています。ナツメグは体を温める働きもありますので特に冷えに起因する胃腸の不調緩和に特に効果が期待できるほか、生理痛の緩和や寝付きを良くする

画像:シェパーズパース(ナズナ)

シェパーズパース/ナズナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本では春の七草の1つ「ナズナ」として知られるシェパーズパースは、伝統医療・民間療法において古くから様々な働きを持つ薬草として利用されてきました。止血に役立つことから女性の月経過多の改善に用いられるほか、むくみや便秘の改善、デトックス、血行促進、代謝向上、抗酸化など美容面でも嬉しい働きが期待

画像:大棗(ナツメ)/チャイニーズデーツ

棗(ナツメ)
健康茶と期待される効果効能紹介

「1日に3個食べれば歳をとらない」とも言われ古くから中医学やアーユルヴェーダで利用されてきたナツメ(大棗)。現在でも様々な漢方薬に配合されて。ストレス耐性を高めたり精神安定、神経の緊張によって起こる不眠・胃腸トラブルなどの緩和に役立つほか、貧血改善や血流改善による冷え性改善、むくみ緩和など女性に嬉しい働きも期待

画像:オレンジブロッサム/ネロリフラワー

オレンジフラワー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ビターオレンジ(橙)の花であるオレンジフラワーはフローラル系と柑橘系の混じった優しく癒される香りが特徴。ストレス・精神的不調改善に役立つ、女性ホルモンのバランスを整えたり、血液循環を整えて冷え性の改善にも効果が期待出来ます。ハーブティーやハーブバスとしてリラックス・安眠に役立つほか、美肌効果がも期待

画像:ディル(イノンド)

ディル/イノンド
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ディルは石器自体から人類が食用としていたとされる、長い歴史をもつハーブです。「鎮める」という言葉が語源とされるとおり鎮静・リラックス効果や不眠改善に役立ちます、また消化を助ける・お腹の張りの改善など消化機能向上などにも有効とされ、作用が穏やかで乳幼児から利用できることから赤ちゃんの夜泣き対策などにも

画像:オートムギ(オーツ麦)

オートムギ/オーツ麦
ハーブティーと期待される効果効能紹介

オートミールやミューズリーなど食用としても注目されているオートムギ(オーツ麦)。ハーブティーとしては中枢神経を刺激しストレス耐性を高めるアベニンや神経系の維持・回復に必要なミネラルを多く含むため神経疲労・ストレス症状・抑鬱・マタニティブルーなど女性特有の精神不調等に用いられます。強壮や免疫力向上にも

画像:レディースマントル(Lady’s Mantle)

レディースマントル

女性の最良の友・女性の美と若さを保つなど女性のためのハーブとして知られるレディースマントル。トランスアネトールやスクラレオールなどの植物性エストロゲンを含み、ホルモンバランスを整える働きから月経不順・生理痛・不正出血などの月経トラブル・更年期障害・PMS(月経前症候群)の緩和など女性特有の不調に幅広く

画像:シナモン(桂皮)

シナモン

毛細血管の保護・修復や血流促進などで冷え性改善に高い効果が期待出来るシナモン。生薬「桂皮」としても体を温める・健胃・解熱などに用いられています。その他に風邪の緩和、消化機能促進、精神安定・ストレス耐性の向上など幅広い効果が期待できますし、近年は老化予防・認知症予防・肥満予防・美肌美髪効果などにも注目