ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 鎮痛 」 一覧

キャッツクロー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャッツクローはインカ帝国以前から利用されてきたハーブで、6種類のアルカロイドを含み薬理作用が期待できることが報告されWHOに抗炎症剤として利用されています。日本でもリウマチや関節痛などに対する健康食品として取り入れられていますし、近年はキャッツクローから抽出されたAC-11が美容成分として美肌や若々しさの維持

杜仲茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみ改善や脂肪蓄積予防・代謝向上などの働きが期待され、ダイエットティーとして支持されている杜仲茶。ゲニポシド酸には副交感神経を活性化させる働きもあるので、血行促進・冷え改善・ストレス緩和・自律神経のバランスを整えるなどの働きも期待できます。そのほか鎮痛効果なども期待できますし、ノンカフェインのミネラル補給源と

画像:ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

ヤロウ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ギリシア神話で英雄アキレスが使用したとも言われるヤロウ。ヨーロッパでは古くから止血などの薬効が知られ、紀元前から民間医薬として利用されてきた歴史ある薬草の1つ。お腹の調子を整える、解熱、デトックス、むくみ改善などに役立つ他、月経トラブルや更年期症状の緩和、外用でも皮膚炎症緩和や治癒促進など幅広い用途を持つハーブ

画像:メドウスイート

メドウスイート
ハーブティー健康茶と期待される効果効能紹介

消炎鎮痛剤「アスピリン」の元になった、サリチル酸を含むハーブとして知られるメドウスイート。エリザベル女王が愛したとも言われる甘い香りを持ち、頭痛や腰痛、関節炎やリウマチなど痛み・炎症の緩和に役立ちます。また胃腸粘膜の保護作用により胃を痛める等の心配が少ないことが近年再注目されているほか、むくみの解消・解熱剤

画像:レモンバーベナ(コウスイボク)

レモンバーベナ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

柑橘系に近いさっぱりとした風味が特徴のレモンバーベナはストレス・神経疲労などを和らげ、精神安定に高い効果があるとされているハーブです。消化促進や不眠にも効果が期待できますし、血行促進や利尿作用などもありますので風邪予防や女性の冷え・むくみケアにもオススメ。ドライハーブでも香りが抜けにくく扱いやすい

画像:コリアンダー(Coriander)

コリアンダーシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

数千年前から利用されてきた最古のハーブの1つとも言われるコリアンダー。葉部(パクチー)は独特の香りから苦手な方も多いですが、種子を利用したハーブティーはスパイシーながら柑橘系のフルーティーさ・爽やかさがあり飲みやすいのが特徴。胃腸機能のサポートに優れているほか、爽やかな香りはリラックス・精神疲労回復

画像:ヒース(エリカ/ヘザーフラワー)

ヒース/ヘザーフラワー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アルブチンの美白効果が注目され、夏場の紫外線対策・シミ予防など美肌作りに役立つハーブティーとして人気が高まっているヒース(ヘザーフラワー)。抗酸化作用から肌老化・くすみなど色素沈着以外の面でも効果が期待され、飲用以外に化粧水や手作りのコスメ原料としても用いられています。そのほか泌尿器トラブルなどにも

画像:バードックルート(牛蒡/ゴボウ)

バードックルート/ゴボウ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

むくみや便秘の解消役立つデトックスティーとして、老化防止に役立つアンチエイジングティーとして日本でも人気のバードックルートことゴボウ茶。日本でゴボウといえば野菜ですが、中国やヨーロッパでは薬(薬用植物)の位置付けです。イヌリンなどの水溶性食物繊維が豊富なため腸内環境改善や血糖値抑制などにも効果が期待