ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神安定・鎮静 」 一覧

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

古くから美容や健康に良いと考えられてきた、日本でお馴染みの海藻 若い世代の昆布離れが指摘されていますが、近年再び昆布の健康効果・美容効果が注目され昆布や昆布茶を取り入れる方も増えています。アルギン酸や …

画像:ベルガモット/タイマツバナ

ベルガモット/タイマツバナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地のアメリカでは先住民達が風邪薬のような感覚でお茶にしていたと伝えられるシソ科のベルガモット(タイマツバナ)。現代でも風邪予防や呼吸器系・消化器系トラブルの緩和に利用されているほか、鎮静作用が期待され不眠緩和などにも取り入れられています。殺菌・防腐作用などがあるモチールを含むためニキビ予防・改善など肌のケア

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

スーパーフルーツの一つとして注目されているクコの実。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、近年の研究でもポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むためアンチエイジング効果が期待されています。生活習慣病や血液循環改・冷え性の緩和・肌のハリや透明感アップをはじめ、ゼアキサンチンによる眼精疲労・眼病予防にも効果が

画像:パセリ(Parsley)

パセリ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富なうえ様々な抗酸化成分を含む優秀な食材として近年日本でも注目されています。パセリティーもまた不足しがちな栄養素の補給に役立つ他、免疫力向上や胃腸機能サポート・口臭予防をはじめ、乾燥肌対策・エイジングケア・むくみ緩和など美容面にも様々な働きが期待できます。花粉症対策の健康茶としても

画像:アンジェリカ(西洋当帰)

アンジェリカルート
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパでは薬用ハーブ・食材・香料と広く利用されているアンジェリカ。植物分類上は漢方で婦人科系の不調に用いられる当帰の近縁種にあたり、体を温める・ホルモンバランスを整えるなど女性の体を整える働きに優れたハーブと考えられています。月経トラブルや冷え性の緩和のほか風邪予防・滋養強・不眠対策などにも利用されています

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

ビタミン・ミネラル・抗酸化物質ほか幅広い成分を含む健康食材 青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質をはじめビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維など幅広い栄 …

画像:麦茶(大麦茶)

麦茶(大麦茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

麦茶はカフェインなどの刺激物を含まず、赤ちゃんや妊婦さんでも飲める優しいお茶として親しまれてました。近年は高い抗酸化作用を持つ“Pクマル酸”や、“アルキルピラジン”による血液サラサラ効果が報告されていること、ミュータンス菌の活動を抑制し虫歯予防にやくだつことなども報告されており、健康維持に役立つお茶としても注目

画像:スイートバジル(バジリコ)

バジル(スイートバジル)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてイタリアンなどでもお馴染みのバジル。古くから様々な用途で利用されてきた歴史から「ハーブの王様」とも呼ばれています。鎮静作用を持つ芳香成分を多く含んでいるため神経疲労の回復や抗鬱効果が期待できますし、ストレス性の不眠や頭痛・胃痛などの緩和にも有効とされています。殺菌抗菌作用により風邪・呼吸器系の