ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神安定・鎮静 」 一覧

ルイボス
ハーブティーと期待される効果効能紹介

SOD様酵素やアスパラチンなどの抗酸化物質を含むことから老化予防やアレルギー緩和効果などが期待されるルイボスティー。ミネラルも豊富で若々しい肌の維持やダイエット、便秘やむくみ改善に役立つことから女性に広く支持されている身近な健康茶の一つでもあります。ノンカフェイン・低タンニンで妊娠中の方の貧血対策としても利用

画像:蓬(ヨモギ/Japanese mugwor)

蓬(ヨモギ)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本でも古くから薬草として利用されて「究極の和製ハーブ」とも呼ばれる蓬(ヨモギ)。よもぎ蒸しなどの影響もあり近年再び注目が高まっています。抗酸化・抗糖化効果のほか、デトックス、貧血・冷え性改善、代謝向上、美肌、月経トラブル緩和など女性に優しい成分を含んでいます。ヨモギ風呂やよもぎ蒸し・スキンケア用など外用でも

画像:セルピルム/ワイルドタイム

セルピルム/ワイルドタイム

ワイルドタイムやクリーピングタイムとも呼ばれるタイムの近縁種セルピルム。タイムよりも刺激が少なくさっぱりと飲みやすい風味です。消化・呼吸・循環機能を高める・精神面へのリラックス作用が期待できるため疲労回復や強壮に有効とされています。お腹の張りや便秘、喉の不快感や風邪予防、血行促進による冷え性緩和、不眠対策など

画像:大棗(ナツメ)/チャイニーズデーツ

棗(ナツメ)

「1日に3個食べれば歳をとらない」とも言われ古くから中医学やアーユルヴェーダで利用されてきたナツメ(大棗)。現在でも様々な漢方薬に配合されて。ストレス耐性を高めたり精神安定、神経の緊張によって起こる不眠・胃腸トラブルなどの緩和に役立つほか、貧血改善や血流改善による冷え性改善、むくみ緩和など女性に嬉しい働きも期待

画像:紫蘇/シソ

紫蘇(シソ)

和食の薬味としてもお馴染みの紫蘇(シソ)は近年花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和に役立つとして注目を集めています。ルテオリン、ロズマリン酸などのポリフェノールやα-リノレン酸など抗炎症作用・免疫機能正常化作用を持つ成分を含んでいますし、抗酸化作用も高いことから老化防止・美肌作りにも

画像:キャラウェイ(Caraway)

キャラウェイシード

キャラウェイはクミンやイノンドとよく似た外見を持つ、石器時代の遺跡からも発見されたほど人との関わりの歴史が長いハーブの1つ。健胃・消化促進・駆風作用など消化機能サポートに優れた働きがあるほか、呼吸器系の不調や風邪の緩和、口臭予防や精神安定・リラックス用などにも役立ちます。ハーブや精油は天然の虫除けと

画像:レモンバーベナ(コウスイボク)

レモンバーベナ

柑橘系に近いさっぱりとした風味が特徴のレモンバーベナはストレス・神経疲労などを和らげ、精神安定に高い効果があるとされているハーブです。消化促進や不眠にも効果が期待できますし、血行促進や利尿作用などもありますので風邪予防や女性の冷え・むくみケアにもオススメ。ドライハーブでも香りが抜けにくく扱いやすい

画像:オレンジブロッサム/ネロリフラワー

オレンジフラワー

ビターオレンジ(橙)の花であるオレンジフラワーはフローラル系と柑橘系の混じった優しく癒される香りが特徴。ストレス・精神的不調改善に役立つ、女性ホルモンのバランスを整えたり、血液循環を整えて冷え性の改善にも効果が期待出来ます。ハーブティーやハーブバスとしてリラックス・安眠に役立つほか、美肌効果がも期待