ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神安定・鎮静 」 一覧

月桃(ゲットウ)

精神安定やアンチエイジング効果が注目される国産ハーブ月桃(ゲットウ)。赤ワイン以上のポリフェノールを含むことや美肌効果が報告され、若さや美肌を維持したい女性から支持されています。ショウガ科なので冷え性の方にもオススメですし、リラックス効果も。ハーブティー以外に化粧品原料や消臭防虫剤、壁紙など広く利用

レモングラス

「リフレッシュハーブ」とも呼ばれるレモングラスは気分転換や自律神経のバランスを整えるのに有効とされています。消化器系への働きかけにも優れ、胃もたれからストレス性の胃腸トラブルまで幅広く利用出来ます。アーユルヴェーダなどアジアの伝統医療でも古くから利用されてきたハーブですし、殺菌消毒・虫除けにも役立ち

チェストベリー/チェストツリー

PMSサプリの定番成分、チェストベリーはホルモンバランスを整えることで女性の不調や情緒不安定さを改善するハーブとして親しまれています。生理前のイライラや落ち込み、胸の張り、むくみなどPMS症状に対してドイツでは医薬品として認められているほど。更年期障害や生理不順・生理痛改善の他、バストアップにも注目

画像:カルダモン(Cardamom)

カルダモン

インド料理に欠かせないスパイスで、香りの良さから「スパイスの女王」とも呼ばれるカルダモンは胃腸機能改善・不調緩和に高い効果が期待できるハーブです。気持ちを落ち着けリラックスさせる働きからストレス性の不調に、体を温める作用や呼吸器系に有効なことから風邪の初期症状にも利用されています。口臭予防にも

画像:ボリジ(Borage)

ボリジ/ボラージ

古くから気分を高揚させるハーブとして利用されてきたボラジ。抗うつ作用以外に風邪やインフルエンザなどの感染症予防や初期症状のケアにも役立つ、心身の強壮に優れたハーブです。また種子から採れるボラージオイルはγ‐リノレン酸の含有率が月見草オイルよりも高いことから、アレルギー性皮膚疾患や老化などトラブル肌に

画像:ラベンダー(Lavender)

ラベンダー

様々な働きがある事からハーブの女王とも呼ばれ人々に利用されてきたラベンダーはハーブやアロマを代表する植物でもあります。親しみのあるフローラルな香りは精神を整えるのに役立つとされ、イライラ・落ち込み・不眠・ストレスが原因の身体的不調全般に利用されるほか、肌を整える効果も高いことから化粧品にもよく配合

画像:レモンバーム(メリッサ)

レモンバーム/メリッサ

「長寿のハーブ」「若返りのハーブ」として古くから愛されてきたレモンバーム(メリッサ)。ポリフェノールが豊富で抗酸化作用に優れ、花粉症などのアレルギー緩和効果や高いリラックス効果があることから現代人のストレス対策としても役立ってくれるでしょう。体を温めたり熱を下げる働きがあるので風邪や発熱時のケアにも利用

画像:ホップ(Hops)

ホップ

ビールの香り・苦味原料としてお馴染みのホップはエストロゲン様成分や鎮静作用によって更年期障害やPMS(月経前症候群)などの月経トラブルなど女性領域に役立つことから「女性のためのハーブ」とも呼ばれています。不眠やストレス性の様々な症状改善が期待できるほか、肥満・生活習慣病予防や花粉症、呼吸器感染症予防