ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神高揚・刺激 」 一覧

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶は抹茶や煎茶など発酵させていないお茶の総称です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあると報じられ欧米でも人気が高まっています。日本でも緑茶を健康茶・美容茶として摂り入れる方が増えていますし、ニキビ予防や美白に役立として化粧品

画像:ローズ(薔薇)

ローズペダル/ローズバッツ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

美しい花と上品で魅力的な甘い香りで高い人気を誇るローズ。ハーブとしてはホルモンバランスを整える働き・美肌効果など女性の健やかさや美しさのサポートとしても支持されている存在。香りには憂鬱な気持ちを盛り上げたりリラックスさせるなど精神のバランスを整える働きも期待できますし、近年は口臭・体臭予防などエチケット面のケア

画像:キャラウェイ(Caraway)

キャラウェイシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャラウェイはクミンやイノンドとよく似た外見を持つ、石器時代の遺跡からも発見されたほど人との関わりの歴史が長いハーブの1つ。健胃・消化促進・駆風作用など消化機能サポートに優れた働きがあるほか、呼吸器系の不調や風邪の緩和、口臭予防や精神安定・リラックス用などにも役立ちます。ハーブや精油は天然の虫除けと

画像:ジンジャー(生姜)

ジンジャー/生姜
ハーブティーと期待される効果効能紹介

身近な食材であることと、体を温める働きに優れていることから多くの女性に愛されている生姜。ジンゲロールやショウガオールの働きから、冷え性の改善、風邪予防、血行不良から起こる肩こり・関節痛・生理痛など様々な不調改善に有効なほか、消化器系のサポートにも役立ちます。代謝アップやむくみ解消など美容面でも効果が

画像:クミン(Cumin)

クミンシード
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

カレーの元として知られるクミンは胃腸機能に対する優れた働きを持つハーブとして用いられています。食欲不振・消化不良や胃腸ガス抑制に有効なほか、消化機能を高めることによる強壮効果や、リラックスや神経疲労回復・など精神面への効果が期待出来ます。近年は代謝向上やデトックスなどダイエットスパイスとしても注目が

画像:シナモン(桂皮)

シナモン
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

毛細血管の保護・修復や血流促進などで冷え性改善に高い効果が期待出来るシナモン。生薬「桂皮」としても体を温める・健胃・解熱などに用いられています。その他に風邪の緩和、消化機能促進、精神安定・ストレス耐性の向上など幅広い効果が期待できますし、近年は老化予防・認知症予防・肥満予防・美肌美髪効果などにも注目

画像:セボリー(サマーセイボリー)

セボリー/サマーセイボリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

健胃整腸・消化促進のスパイスとして古くから利用されてきたサマーセイボリー。消化器系サポートに加え、鉄分含有が多く血行促進作用や神経強壮作用などもあり、貧血・冷え性・むくみ・神経疲労など、なんとなくスッキリしない・心身共に疲れている状態が続いている時にも適したハーブです。抗酸化(老化防止)や免疫力向上

画像:ボリジ(Borage)

ボリジ/ボラージ

古くから気分を高揚させるハーブとして利用されてきたボラジ。抗うつ作用以外に風邪やインフルエンザなどの感染症予防や初期症状のケアにも役立つ、心身の強壮に優れたハーブです。また種子から採れるボラージオイルはγ‐リノレン酸の含有率が月見草オイルよりも高いことから、アレルギー性皮膚疾患や老化などトラブル肌に