ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:小豆(アズキ)

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりに小豆の煮汁という民間療法・あずき水ダイエットなどの影響もあり、スタイルキープに役立つ健康茶として注目される小豆茶。成分的にもカリウムやサポニンによる利尿効果が期待でき、便通改善やデトックスにも役立つためダイエットにも有用と考えられています。加えてカテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用に、イソフラボンを含むため女性特有の不調緩和や骨粗鬆症予防に

画像:アンジェリカ(西洋当帰)

アンジェリカルート
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパでは薬用ハーブ・食材・香料と広く利用されているアンジェリカ。漢方で用いられる当帰の近縁種で、当帰と同じく体を温める・ホルモンバランスを整えるなど女性の体を整える作用が多く期待されて月経トラブルや冷え性の緩和にも利用されています。精油成分による胃腸サポートや滋養強壮、体を温める働きから風邪予防や初期症状ケアなどにも効果が期待できるでしょう。香りには鎮静作用があり不眠対策にも

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維などを含み、粉末を溶いて使うことで栄養成分を余すところ無く摂取できます。疲労回復や貧血・血行不良の改善、ストレス緩和、免疫力向上、生活習慣病予防、美肌作りや紫外線

画像:麦茶(大麦茶)

麦茶(大麦茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本の国民的飲料と言えるほど身近なお茶「麦茶」。夏の定番としても親しまれてきた存在ですが、近年は高い抗酸化作用を持つ“Pクマル酸”をはじめ“アルキルピラジン”、ストレス対策にも繋がるGABAを含んでいることなどから健康維持に役立つお茶としても注目されるようになりました。ミュータンス菌の活動を抑制し虫歯予防に役立つ可能性なども報告されており、カフェインなどの刺激物を含まず誰でも飲める優しいお茶

画像:スイートバジル(バジリコ)

バジル(スイートバジル)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてイタリアンなどでもお馴染みのバジル。インド原産のシソ科植物で、古くから様々な用途で利用されてきたため「ハーブの王様」とも呼ばれています。殺菌抗菌作用があるので風邪予防や口内炎対策に、鎮静作用を持つ芳香成分を多く含んでいるため神経疲労の回復や抗鬱効果が期待でき

杜仲茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみ改善や脂肪蓄積予防・代謝向上などの働きが期待され、ダイエット茶として人気を集めている杜仲茶。ゲニポシド酸には副交感神経を活性化させる働きもあるので、血行促進・冷え改善・ストレス緩和・自律神経のバランスを整えるなどの働きも期待できます。ノンカフェインで不足しがちなミネラルの補給

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶はチャノキの葉を発酵させていないお茶の総称で、日本では最も馴染み深い「茶」と言える存在です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあることが報じられ欧米でも人気が高まっています。健康茶・美容茶

画像:黒豆(黒大豆)

黒豆(黒大豆)
健康茶と期待される効果効能紹介

皮にアントシアニンを含む大豆である黒豆(黒大豆)は、古くは薬用としても利用されていた食材。現在でも大豆の成分として知られるイソフラボンの働きによる女性ホルモン作用や、皮に含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含むことが注目されています。脂肪吸収・蓄積を抑える働きも期待でき

Sponsored Link