ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神安定・鎮静 」 一覧

スカルキャップ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではあまり用いられないマイナーなハーブと言えるスカルキャップですが、欧米では神経・精神面のサポート用として用いられることが多いと言われています。豊富なミネラルやフラボノイドの働きにより“天然の精神安定剤(トランキライザー)”として鎮静・神経強壮に役立つと考えられている他、神経を緩めることで筋肉の強張りや痙攣を落ち着けるなどの働きもあると考えられてます。安眠サポートにも効果が期待できる

シベリアンジンセング/エゾウコギ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

シベリアジンセンは和名をエゾウコギというウコギ科植物。強壮剤として古くから用いられてきたハーブで、ロシアのオリンピック選手や宇宙飛行士が利用したことで注目されるようになりました。脳内麻薬と呼ばれる“β-エンドルフィン”の分泌促進作用が期待されるエレウテロサイドなどを含むためストレス抵抗力向上や集中力アップなどの効果が期待され、日本でも疲労回復やストレス対策としてサプリメントなどに

画像:緑茶(ギャバロン茶)

ギャバロン茶(ギャバロン緑茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶の生葉を窒素ガスなどの不活性ガスの中に置いて作られたギャバロン茶は大量のGABA(γ−アミノ酪酸)を含むことが特徴。GABAの働きからストレス軽減・リラックス効果用としてや、血圧が気になる方に取り入れられています。カテキンなど緑茶と同じ成分も含まれていますので、抗酸化作用によるアンチエイジング効果なども期待

画像:キャットニップ(イヌハッカ)

キャットニップ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

猫ちゃんが大好きな“西洋マタタビ”としても知られるキャットニップ。人間に対しては鎮静作用が期待できるハーブの一つでリラックスや安眠サポート効果が期待されています。また古代ローマ時代から伝統的に風邪のケアに用いられており、発汗・解熱・鎮痙・鎮痛作用などもあると考えられています。湿布として筋肉痛や関節炎・捻挫など

アメリカンジンセング
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカンジンセングは高麗人参(朝鮮人参)と同じウコギ科植物で、アダプトゲンと呼ばれるハーブの一つ。ストレス抵抗力を高めることで心身のバランスを整える働きがあると考えられて、ストレス対策や疲労回復などに取り入れてられています。またサポニン配糖体の一種であるジンノセサイド(ギンセノシド)を含むことから、認知症予防

画像:蓮の実(蓮芯)

ハスの実(蓮芯茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

独特の苦味を持つ蓮芯茶(蓮子心茶)はベトナムなどでよく食される蓮の実の、真ん中に入っている緑色の芯(胚)部分を原料とするお茶です。「不眠症の特効薬」とも言われ伝統的に眠りのサポートに取り入れられてきたお茶であり、現代でも胚芽部分に含まれているアルカロイド類はストレス対策・精神安定などメンタルサポート効果が期待

画像:蓮の花(ロータスリリー)

ハスの花(蓮花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

蓮茶(ロータスティー)もしくは蓮花茶は緑茶に蓮の花の香りをうつしたもの。蓮に含まれるアルカロイド類などに加え、緑茶に多く含まれているカテキンやビタミンCなども摂取でき、伝統的に蓮花茶を製造しているベトナムでは現代に至るまで「美肌茶」として愛されているそうです。ストレス対策やダイエットのサポート用にも効果が期待

画像:蓮の葉(ロータスリーフ)

ハスの葉(蓮葉茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本ではレンコンを食べる以外あまり利用されませんが、蓮は葉や実も生薬として用いられています。また蓮葉茶(荷葉茶)は古代中国から痩身作用が望めるお茶と考えられ、楊貴妃が飲んでいたという逸話も。現代でもスタイルに気を使う女性を中心に取り入れられているほか、アルカロイド類の働きからストレス対策や不眠症対策としても期待