ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 美白 」 一覧

画像:エルダーベリー

エルダーベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古くから民間医療に取り入れられ「万能の薬箱」とも呼ばれたエルダー(西洋ニワトコ)の果実であるエルダーベリー。ビルベリーに似た黒い実にはアントシアニンが多く含まれており、他フラボノイド類やビタミンCも豊富なことからアンチエイジングに高い効果が期待されています。風邪やインフルエンザ対策としても古くから用いられており、実験ではインフルエンザ完治までの日数が短縮したなどの報告も

画像:花梨(カリン)

カリン/花梨茶
健康茶と期待される効果効能紹介

フルーティーな香りと喉の不調に生薬として用いられることから、のど飴でもお馴染みのカリン。もクエン酸などが含まれているので疲労回復効果が期待されていますし、血液循環を良くするサポートをしてくれるので冷え改善などにも繋がりますよ。またベンズアルデヒドによる抗炎症作用・タンニンや芳香成分に殺菌作用が期待できるため喉に良いと言われています。そのほかビタミンCを豊富に含むことから

画像:緑茶(ギャバロン茶)

ギャバロン茶(ギャバロン緑茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

ギャバロン茶は日本で開発された緑茶の一種で、呼び名の由来伴っている大量のGABA(γ−アミノ酪酸)を含むことが特徴GABAは抑制系の神経伝達物質として働くためストレス軽減・リラックス効果が期待されていますし、血圧降下作用があるのでトクホ商品に利用されていることもありますよ。カテキンなど緑茶と同じ成分も含まれていますので、アンチエイジング効果・免疫力保持にも繋がると考えられます。そのほかダイエットや

画像:ザクロ(石榴/柘榴)

ザクロ茶(ザクロジュース)
健康茶と期待される効果効能紹介

美と健康をサポートしてくれる果物として注目されているザクロ茶。ザクロ茶には葉を乾燥させたものもありますが、このページでは流通量の多いザクロエキスもしくはザクロジュースに該当するものをザクロ茶として紹介します。かつて囁かれていた女性ホルモン作用は期待できないことが認められていますが、ザクロはポリフェノールやビタミンCを豊富に含む果物のためアンチエイジングや美肌・美白・むくみ軽減など美容面

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:ノニ(ヤエヤマアオキ)

ノニ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

140以上の成分を含み「神からの贈り物」とも称されるスーパーフルーツ、ノニ。罰ゲームで使われるノニジュースが有名ですが、葉を使ったノニ茶の方は紅茶に似て飲みやすい味ですよ。葉にも栄養が含まれていますし、抗酸化物質を豊富に含むためアンチエイジングや生活習慣病予防などの効果も期待されています。また冷え性やむくみ軽減・ダイエット促進・美肌や美白サポートなど美容面への働きかけも

画像:グァバ(シジュウム)

グァバ/シジュウム
健康茶と期待される効果効能紹介

トロピカルフルーツの一つとして知らるグァバ。葉を主原料としたグァバ茶もポリフェノールとビタミンCを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つと考えられ、アンチエイジングや生活習慣病予防・免疫能正常化などの健康メリットも期待されていますよ。糖の吸収を抑制する働きが報告されているため糖尿病予防やダイエットにも取り入れられていますし、抗酸化物質の補給源として美白・美肌作りなど美容茶

画像:ウワウルシ(ベアベリー)

ウワウルシ/ベアベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ウワウルシは北半球に自生する植物で、クマコケモモやベアベリーとも呼ばれています。ヨーロッパを中心に古くから民間医薬として利用され、中世には尿感染症に効果的な利尿剤として用いられていたそう。近年でもハイドロキノン配糖体(アルブチン)を含むことから利尿・泌尿器トラブルなどに有効と考えられていますし、アルブチン以外にもエラグ酸など美白・抗酸化に有効とされる成分が豊富なため化粧品原料などにも配合されています。利尿効果からデトックスやむくみ改善などにも効果が期待されていますが、専ら医薬品として