ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 集中力・記憶力 」 一覧

画像:ジャスミン

ジャスミンティー(ジャスミン緑茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

ペットボトル飲料でもお馴染みのジャスミン茶は、茶葉にジャスミンの香りを移したフレーバーテイーの一つで「花茶の女王」と呼ばれるほど人気があります。全国的にポピュラーなジャスミン茶は緑茶をベースにしたもののため、緑茶の代表成分であるカテキンやビタミンCなどの補給にも役立ってくれるでしょう。加えてジャスミンの香りには精神面のサポートやホルモンバランス調整などの働きも期待され、健康維持から美容

シベリアンジンセング/エゾウコギ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

シベリアジンセンは和名をエゾウコギというウコギ科植物。強壮剤として古くから用いられてきたハーブで、ロシアのオリンピック選手や宇宙飛行士が利用したことで注目されるようになりました。脳内麻薬と呼ばれる“β-エンドルフィン”の分泌促進作用が期待されるエレウテロサイドなどを含むためストレス抵抗力向上や集中力アップなどの効果が期待され、日本でも疲労回復やストレス対策としてサプリメントなどに

画像:蕎麦茶

蕎麦茶/韃靼そば茶
健康茶と期待される効果効能紹介

蕎麦はルチンなどのフラボノイド系ポリフェノール(ビタミンP)が豊富な健康食材としても注目されており、そば茶もアンチエイジングや生活習慣病予防に役立つと考えられています。苦蕎麦を原料とした“韃靼蕎麦茶”の場合は通常のそば茶よりもルチン含有量が極めて高いこと・メラニン色素生成・沈着防止効果がある美白成分として注目されている「シス・ウンベル酸」を含むことからより美容と健康サポートに高い

画像:スイカ(シトルリンティー)

スイカ茶/シトルリンティー
健康茶と期待される効果効能紹介

水分量が多いことや利尿作用を持つ食材として、古くから民間療法でも利用されてきたスイカ。近年ではトマトよりもリコピンを多く含むことからダイエットやアンチエイジングなど美容果物としても注目されています。スイカ茶は遊離アミノ酸の一種「シトルリン」が含まれていることが特料とされ、血行促進作用や成長ホルモン分泌促進作用なども期待されています。この働きから疲労回復やむくみ改善に役立つと考えられる他

画像:明日葉(アシタバ)

明日葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

明日葉はビタミンやミネラル類を広く含むことに加え、黄金のポリフェノールとも呼ばれるカルコンを筆頭としたフラボノイド系ポリフェノールを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つ食材としても注目されています。カルコンには内臓脂肪燃焼・アディポネクチン分泌促進効果が期待できることから糖尿病や生活習慣病予防にも取り入れられていますし、むくみ・セルライト対策やダイエット用などスタイル維持のサポート

杜仲茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみ改善や脂肪蓄積予防・代謝向上などの働きが期待され、ダイエット茶として人気を集めている杜仲茶。ゲニポシド酸には副交感神経を活性化させる働きもあるので、血行促進・冷え改善・ストレス緩和・自律神経のバランスを整えるなどの働きも期待できます。ノンカフェインで不足しがちなミネラルの補給

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶はチャノキの葉を発酵させていないお茶の総称で、日本では最も馴染み深い「茶」と言える存在です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあることが報じられ欧米でも人気が高まっています。健康茶・美容茶

画像:ユーカリ(Eucalyptus)

ユーカリ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

アロマテラピーや芳香剤として知られるユーカリ。優れた殺菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用を持つことから、風邪や花粉症による鼻水・鼻づまり・喉の痛みなどの緩和に利用されます。ティーの場合は多量・長期間の服用には適しませんが、爽快感あふれる香りは頭をスッキリさせて集中力を高める