ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲れ目・眼病予防 」 一覧

ハブ茶(エビスグサ/決明子)
健康茶と期待される効果効能紹介

比較的ポピュラーな健康茶の一つと言えるハブ茶は、エビスグサと呼ばれるマメ科植物の種子を乾燥・焙煎したもの原料としたお茶。キャンドルブッシュなどと同じくセンナ属に分類されており、ハブ茶にもアントラキノン誘導体と呼ばれるセンノシドと同系列の緩下成分が含まれています。作用は比較的穏やかであるとされ便通改善に用いられていますが、過剰摂取や継続利用は避けた方が良いでしょう。そのほか目の疲労軽減にも効果が期待

画像:エルダーベリー

エルダーベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古くから民間医療に取り入れられ「万能の薬箱」とも呼ばれたエルダー(西洋ニワトコ)の果実であるエルダーベリー。ビルベリーに似た黒い実にはアントシアニンが多く含まれており、他フラボノイド類やビタミンCも豊富なことからアンチエイジングに高い効果が期待されています。風邪やインフルエンザ対策としても古くから用いられており、実験ではインフルエンザ完治までの日数が短縮したなどの報告も

画像:コーンフラワー(矢車菊)

コーンフラワー/矢車菊
ハーブティーと期待される効果効能紹介

コーンフラワーはヤグルマギクというキク科のハーブで、エディブルフラワーとしてサラダやスイーツなどにも使われています。ティーとしてはほぼ無味無臭のため、ブレンド用としてよく用いられています。アントシアニンを含むことから目の疲れの軽減や眼精疲労予防に効果が期待されている他、フラボノイドによる殺菌・消息作用から口腔ケアや口臭対策などにも用いられています。抗酸化作用を持つポリフェノールが

画像:栃の実(とちのみ)

栃の実(とちのみ)茶
健康茶と期待される効果効能紹介

強いエグみがあるため食料が豊かになって以来さほど重要視されていなかった栃の実ですが、近年は苦味・エグみ成分のタンニン(プロアントシアニジン)やサポニンに抗酸化作用などの健康メリットがあることから健康茶などの原料として注目されています。アンチエイジング・美白効果や肥満予防効果などが期待され、美容に気を使う女性にも

画像:蕎麦茶

蕎麦茶/韃靼そば茶
健康茶と期待される効果効能紹介

麺でもお馴染みの蕎麦(ソバ)には抗酸化作用や毛細血管の保護・強化などが期待される「ルチン」というポリフェノールが含まれ、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つと考えられています。また韃靼そば茶はルチン含有量が極めて高く、メラニン色素生成・沈着防止効果がある美白成分として注目されている「シス・ウンベル酸」も豊富

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコ茶は粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケア、消化器系や泌尿器系炎症の緩和にも取り入れられています。漢方でも全草(車前草)は喉の不調緩和に、種子には便通改善などの効果があるとされています。近縁種のインドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエットに役立つ

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

スーパーフルーツの一つとして注目されているクコの実。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、近年の研究でもポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むためアンチエイジング効果が期待されています。生活習慣病や血液循環改・冷え性の緩和・肌のハリや透明感アップをはじめ、ゼアキサンチンによる眼精疲労・眼病予防にも効果が

画像:パセリ(Parsley)

パセリ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富なうえ様々な抗酸化成分を含む優秀な食材として近年日本でも注目されています。パセリティーもまた不足しがちな栄養素の補給に役立つ他、免疫力向上や胃腸機能サポート・口臭予防をはじめ、乾燥肌対策・エイジングケア・むくみ緩和など美容面にも様々な働きが期待できます。花粉症対策の健康茶としても