ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 コレステロール対策 」 一覧

ギムネマ茶(ギムネマ・シルベスタ)
健康茶と期待される効果効能紹介

甘みを感じにくくするアーユルヴェーダハーブ 摂取した後に甘いものを食べると甘さを感じなくなるハーブとして、ダイエットにも取り入れられているギムネマ。インドの伝統医学アーユルヴェーダでは古くから糖尿病対 …

画像:大豆(ダイズ)

大豆茶(豆茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

半端に余ってしまった乾燥大豆の利用にも 日本では豆そのものだけではなく豆腐や納豆などの加工品・調味料である醤油や味噌の原料としても多用される大豆。大豆レシチンやサポニンなど肥満・生活習慣病予防効果が期 …

画像:紅茶

紅茶/ブラックティー
健康茶と期待される効果効能紹介

世界中で愛されている紅茶は、発酵過程でカテキンがテアフラビンやテアルビジンに変化していること・様々なポリフェノールを含むことが特徴とされています。抗酸化物質を豊富に含むことから老化や生活習慣病予防に、テアフラビンなどの働きから血糖値対策やダイエットサポートにも注目されていますよ。また緑茶と同じく優れた抗菌作用があるので風邪予防にも良いと言われていますし、テアニン+精油成分の働きでストレス対策に

ハブ茶(エビスグサ/決明子)
健康茶と期待される効果効能紹介

比較的ポピュラーな健康茶の一つと言えるハブ茶は、エビスグサと呼ばれるマメ科植物の種子を乾燥・焙煎したもの原料としたお茶。キャンドルブッシュなどと同じくセンナ属に分類されており、ハブ茶にもアントラキノン誘導体と呼ばれるセンノシドと同系列の緩下成分が含まれています。作用は比較的穏やかであるとされ便通改善に用いられていますが、過剰摂取や継続利用は避けた方が良いでしょう。そのほか目の疲労軽減にも効果が期待

ガルシニア茶(ガルシニア・カンボジア)
健康茶と期待される効果効能紹介

ダイエット系健康食品の成分として利用されているガニルシア・カンボジア。伝承医学アーユルヴェーダでは食欲抑制に古くから用いられてきたと言われており、現代でもヒドロキシクエン酸(HCA)がATPクエン酸リアーゼを阻害することで脂肪蓄積抑制や燃焼促進・空腹感の抑制などの働きがあるのではないかと注目されています。ただし肥満予防効果は見られないという報告もありますから、過剰摂取を避けてサポートとして取り入れる

シモン芋/カイアポ芋/白甘藷
健康茶と期待される効果効能紹介

シモン芋は「必要な全ての微量栄養素が含まれている」とも称される様々な栄養を含む食材。ブラジルのカイアポ山脈エリアで食されていたことから“カイアポ芋”とも呼ばれており、インディオ達の滋養強壮薬と紹介されることもあります。幅広い栄養成分を含むことから現在でも栄養サポートや骨粗鬆症・貧血予防などに役立つと考えられていますし、便秘改善・肝機能向上や脂肪代謝促進効果が期待できることからダイエット

アメリカンジンセング
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカンジンセングは高麗人参と同じウコギ科植物。アダプトゲンと呼ばれるハーブの一つでもあり、ストレス抵抗力を高めることで心身のバランスを整える働きがあると考えられています。アメリカジンセングは鎮静寄りの“陰の人参”と称されることもあり、特に精神的ストレスや疲労・イライラ対策に適しているという説もあります。また近年はサポニン配糖体の一種ジンノセサイド(ギンセノシド)が認知症予防や糖尿病予防

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白