ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 スキンケア 」 一覧

画像:パパイア

パパイアリーフティー/パパイヤ葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

パパイン酵素などの酵素類を含み消化を助ける働きが高いと考えられいるパパイア。葉を原料とするパパイアリーフティーも胃腸機能のサポートが期待されています。加えてポリフェノールやβ-クリプトキサンチン・イソチオシアネートなどの抗酸化物質が豊富に含まれているため老化予防・生活習慣病予防などにも役立ってくれるでしょう。抗酸化作用の働きから血行促進に、食物繊維や酵素類を含むことから便通改善や肥満予防

画像:大豆(ダイズ)

大豆茶(豆茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

半端に余ってしまった乾燥大豆の利用にも 日本では豆そのものだけではなく豆腐や納豆などの加工品・調味料である醤油や味噌の原料としても多用される大豆。大豆レシチンやサポニンなど肥満・生活習慣病予防効果が期 …

画像:ハコベ(チックウィード)

チックウィード/ハコベ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

日本では春の七草の一つとして知られ、日本の広範囲で見かけることの出来るハコベ。かつて鳥の餌代わりに利用されていたことからヒヨコグサやチックウィード(chickweed)とも呼ばれています。内服・外用共に民間医療の中でも多用されてきた存在でもあり、現在でもむくみや便秘の改善、デトックス・浄血に効果が期待できる健康食材(健康茶)として利用されていますよ。ビタミンやミネラルの補給に役立ち疲労回復・貧血予防など

画像:紅茶

紅茶/ブラックティー
健康茶と期待される効果効能紹介

世界中で愛されている紅茶は、発酵過程でカテキンがテアフラビンやテアルビジンに変化していること・様々なポリフェノールを含むことが特徴とされています。抗酸化物質を豊富に含むことから老化や生活習慣病予防に、テアフラビンなどの働きから血糖値対策やダイエットサポートにも注目されていますよ。また緑茶と同じく優れた抗菌作用があるので風邪予防にも良いと言われていますし、テアニン+精油成分の働きでストレス対策に

画像:ナマタメ(鉈豆/刀豆)

なた豆(鉈豆/刀豆)茶
健康茶と期待される効果効能紹介

古くから体内に蓄積した毒素・膿(うみ)を体外に排出する働きを持つ「膿とり豆」として民間医療で用いられてきたなた豆。近年は排膿・抗炎症作用が期待出来ることから、歯周病や口臭対策の口腔ケア用品にも配合されています。またコンカナバリンAには免疫力向上が、カナバリンには抗炎症作用が期待されているため風邪予防や花粉症などのアレルギー対策にも用いられています。血行促進や腎機能向上など

画像:チャービル(フレンチパセリ)

チャービル
ハーブティーと期待される効果効能紹介

フランスでは「グルメ(美食家)のパセリ」とも呼ばるチャービル。セリ科に属すパセリの仲間ですが、甘めでスッキリとした風味があり料理だけではなくハーブティーとしても使われています。ヨーロッパでチャービルは中世から体内を浄化するハーブとされていた存在で、現在でも循環を良くして血行不良やむくみ対策などに役立つと考えられています。そのほかトランスアネトールによる女性ホルモンサポート・胃腸機能促進など

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:ウワウルシ(ベアベリー)

ウワウルシ/ベアベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ウワウルシは北半球に自生する植物で、クマコケモモやベアベリーとも呼ばれています。ヨーロッパを中心に古くから民間医薬として利用され、中世には尿感染症に効果的な利尿剤として用いられていたそう。近年でもハイドロキノン配糖体(アルブチン)を含むことから利尿・泌尿器トラブルなどに有効と考えられていますし、アルブチン以外にもエラグ酸など美白・抗酸化に有効とされる成分が豊富なため化粧品原料などにも配合されています。利尿効果からデトックスやむくみ改善などにも効果が期待されていますが、専ら医薬品として