ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

クリーバーズティー
ハーブと期待される効果効能紹介

イギリスで愛されるデトックスハーブの1つ

日本ではあまり馴染みのない存在ながら、ヨーロッパでは紀元前から現在に至るまで“浄化のハーブ”として利用されてきたと伝えられるクリーバーズ。現在でも春に血や身体を綺麗にしてくれるハーブを摂る“春季療法(Spring Cleansing)”という伝統療法などで使用されています。リンパ巡りを整える働きや利尿作用が期待できることからむくみ改善やセルライト予防、老廃物排出促進から肌荒れ予防など美容面のサポートととしても注目されているハーブです。

画像:クリーバーズ

 

クリーバーズについて

植物紹介:シラホシムグラ

日本ではさほどポピュラーではないものの、ヨーロッパでは紀元前から現在に至るまで“浄化のハーブ”として利用されてきたと伝えられるクリーバーズ。特にイギリスのハーバリストによく用いられているそうで、ハーブ療法で欠かせないハーブの1つとも言われているのだとか。日本でも近年はデトックスハーブとして販売されているお店が増えきています。また老廃物や毒素を排出を排出させることからニキビや肌荒れ対策など美容サポートに用いられる他、体質改善に良いとされることから授乳期サポートティーにブレンドされていることもありますね。

そんなクリーバーズは学名をGalium aperineというアカネ科ヤエムグラ属の植物。和名については「ヤエムグラ(八重葎)」と紹介している販売者・サイトも多いのですが、植物分類ではヤエムグラの学名はGalium spurium var. echinospermon。クリーバーズは和名を“シラホシムグラ”とされている外来種(帰化植物)のため、厳密には別種となります。ただしメーカーによって原材料が同じGalium aperineであってもシラホシムグラと表記しているところ・ヤエムグラと表記しているところがあるため、学名を重視して見たほうが良さそうです。

ヤエムグラとシラホシムグラの2つは良く似ていますが、花が薄黄緑~クリーム色のヤエムグラに対して、シラホシムグラは花が真っ白なことが大きな違い。またシラホシムグラは葉の付け根あたりに白い毛が生えていることも特徴とされています。そのほかヤエムグラやクリーバーズ(シラホシムグラ)と同じヤエムグラ属の植物は、世界に約400種・日本国内でも19種が自生していると言われています。ヨーロッパではクリーバーズ以外にウッドラフと呼ばれるGalium odorataや、レディースベッドスローと呼ばれるGalium verumなども民間療法の中で使われています。

古い文献は今ほどヤエムグラ属植物の区分がハッキリしていなかったため現在のクリーバーズを指すかについては疑問が残るようですが、クリーバーズは1世紀に活躍した古代ギリシャの医師・植物学者であるディオスコリデスが疲労回復に良いハーブとして処方していたとも言われています。ローマ帝国時代のギリシアの医師ガレノスは肥満治療に使ったとも伝えられていますから、古代ギリシア・ローマ時代には薬草として認められていたと考えられます。ちなみに属名として使われているGaliumは“乳”を意味するギリシア語が由来で、かつてチーズ作りの時に牛乳を固めるために使われた種がいくつか存在していたためだとか。

そのほか古代から皮膚疾患や火傷・外傷のケアにも使用されてきたと伝えられており、後の16世紀に活躍し「(イギリスの)ハーブ療法の父」と称されるニコラス・カルペパーもクリバースを止血用ハーブとして用いていたそう。またクリーバーズの若い茎と葉は茹でて野菜のように食べることも出来ますが、この葉を煮込んで食べると肝臓強化に良いとも紹介されたそう。ヨーロッパにも日本の「春は苦味を盛れ」と同様に、春に血や身体を綺麗にしてくれるハーブを摂る“春季療法(Spring Cleansing)”と呼ばれる療法があります。イギリスではネトルと共にクリーバーズも“春季療法”で活用されるポピュラーなハーブに数えられていますよ。

基本データ

通称
クリーバーズ(Cleavers)
別名
シラホシムグラ(白星葎)、Goosegrass(グースグラス)、Catchweed bedstrawなど
学名
Galium aperine
科名/種類
アカネ科ヤエムグラ属/越年草
花言葉
誕生花
使用部位
地上部(茎・葉)
代表成分
フラボノイド、イリドイド配糖体(モノトロペイン)、フェノール酸、タンニン、クマリン、サポニンなど
代表効果
リンパ浄化、利尿、抗炎症、強壮、収斂
こんな時に
体液循環サポート、デトックス、むくみ・セルライト予防、免疫力低下・風邪予防、泌尿器トラブル予防、皮膚トラブル予防、疲労回復、PMS軽減、母乳分泌サポート
おすすめ利用法
食用、ハーブティー、ハーブチンキ、浸出油、ハーバルバス、手作り化粧品
ハーブティーの味
クセのない風味、仄かに甘みを感じる
カフェインの有無
ノンカフェイン

Sponsored Link

クリーバーズの栄養・成分・期待できる効果

クリーバーズティー

デトックスサポートに

リンパ系の浄化・むくみ軽減に

クリーバーズはヨーロッパを中心に、リンパの浄化作用を持つハーブとして伝統的に利用されてきた歴史を持ちます。現在でも穏やかな刺激作用によってリンパ機能を強壮・活性化させると考えられており、リンパの流れを良くすることで様々な健康メリットが期待されています。リンパ腺の腫れを抑えるハーブとして、扁桃腺炎・中耳炎・乳腺炎などのリンパ節炎のケアに用いられることもあるようです。

またリンパの滞りを改善する=体内の老廃物や毒素の排出促進効果も期待されており、高い利尿作用と合わせてむくみの軽減にも有効とされています。成分的にもクマリンなど体のめぐりを整える働きが期待されているものが含まれています。


デトックス・セルライト予防に

クリーバーズティーはリンパの巡りを良くする働きと利尿作用が期待できることから、老廃物や毒素の排出を促してくれるデトックスティーとしても利用されています。リンパ刺激や利尿作用によって腎臓や肝臓の働きを整える・穏やかな緩下作用を持つとする説もあり、体内を綺麗に保ってくれるハーブとしてイギリスなどでは春季療法(Spring Cleansing)に取り入れられています。デトックス用としてはネトル・ダンデライオンなどとブレンドすると効果的と言われていますよ。

加えてデトックス効果が期待できることから、クリーバーズティーはセルライト予防用としても注目されています。セルライトは医学的な言葉ではなく美容業界の定義のため曖昧な所もありますが、脂肪細胞が老廃物が結びつき肥大化したものと考えられています。つまり血液やリンパ液の流れを整えて老廃物をスムーズに回収・排泄できればセルライト予防に繋がるため、クリーバーズはセルライトの予防や改善のサポートにも役立つのではないかと考えられています。


免疫力保持・風邪予防に

リンパ系は“体の下水管”とも表現されるように老廃物や毒素の回収に関わる働きが注目されがちですが、免疫力とも関わりが深い器官です。リンパの中にはリンパ球と呼ばれる免疫細胞が含まれており、白血球と呼ばれる免疫細胞の約35%を占めています。T細胞・B細胞・NK細胞と呼ばれるのもリンパ球系の免疫細胞です。リンパの状態が良ければ組織液に侵入した細菌や異物の除去が速やかに行われると考えられており、リンパの流れが良い人ほど風邪をひきにくいという説もあります。

クリーバーズはリンパ系の浄化や機能向上に役立つとされていますし、タンニンやサポニンなど殺菌作用を保つ成分も含まれています。こうした成分を含むことからクリーバーズは扁桃腺炎以外に風邪予防としても役立つと考えられます。風邪予防や免疫力のサポートとしてはエキナセアやリンデンなどとのブレンドもおすすめです。


泌尿器トラブル予防に

クリーバーズは高い利尿作用以外に、消炎・抗炎症作用を持つハーブとして膀胱炎や前立腺感染症など多くの泌尿器疾患の軽減にも利用されています。そのほか利尿やデトックスに有効とされることから尿道や腎臓結石の予防に良い、尿毒症の治療に役立つとする説もあります。国によっては猫の下部尿路疾患治療に取り入れているところもあるそう。

ただし日本では医学的に効果が認められていないハーブですし、症状から疾患・原因の自己判断は危険ですので炎症や痛みを感じた場合は病院で治療を受けましょう。どのハーブにも言えることですがあくまでも食品・健康食品ですから、予防や再発防止の一環として取り入れるようにしてください。


肌トラブル予防・美肌に

リンパの働きを良くすることでデトックスに良いとされるクリーバーズは、脂漏症や湿疹・乾癬などの皮膚トラブルにも効果が期待されています。こうした皮膚疾患の全てがリンパ循環が悪く毒素が溜まっていることが原因というこわけではありませんが、自然療法では毒素を含んだ血液が循環する⇒それを取り込んでしまった皮膚が炎症を起こすという考え方があります。

より身近なトラブルとしてはニキビや肌荒れ・くすみなども挙げられていますから、綺麗な肌を保つために取り入れる方もいらっしゃるそうです。リンパ循環の改善や利尿作用から顔のむくみ改善にも効果が期待できるでしょう。肌トラブルに対してはイエロードックやバードック(ゴボウ)などと組み合わせても用いられています。


そのほか期待される作用

疲労回復・強壮に

クリーバーズは身体の巡り・老廃物排出促進をサポートしてくれるハーブであることから、間接的に新陳代謝の向上にも役立つと考えられています。またアミノ酸なども含まれていると言われており、相乗して疲労蓄積予防・疲労回復に効果が期待されています。イギリスでの利用に倣って、春先など季節の変わり目に疲労感や倦怠感などの“だるさ”を感じる時に取り入れてみても良いかも知れませんね。

またリンパ循環が良くなることか血流改善・免疫機能向上などにも繋がると考えられるため、スタミナ増強や強壮に良いとする説もあります。ヨーロッパのハーバリストは風邪やインフルエンザからの回復期・抗生物質を服用した後などに、体を整えるためのハーブとして処方することもあるそうですよ。


PMSの軽減に

女性の多くが一度は感じたことがあるとされる、生理前に起こるむくみや心身の不快感。この不快症状はPMS(月経前症候群)と呼ばれ婦人科などでも治療が行われていますが、未だに原因・悪化要因については諸説ありはっきりとは分かっていません。アメリカのワイズウーマンハーバリストであるスーザン・ウィードはPMSの原因としてリンパの停滞やむくみの可能性が高いとして、PMS軽減にクリーバーズのチンキを飲むことを推奨しています。

日本でもPMSの原因説の1つとして“水分貯留”が挙げられていますし、胸のハリや倦怠感などを感じる方はこのタイプが多いとする説があります。生理前にむくみやすい・体が重いと感じる方はPMS軽減効果が期待されているチェストベリーやラズベリーリーフなどのブレンドに加えてみるのもおすすめです。


母乳分泌サポートに

近年クリーバーズティーは「母乳分泌をサポートするハーブ」として紹介される機会が増えています。クリーバーズが母乳分泌を促すハーブとして期待されているのは、老廃物や毒素の排出をサポートし巡りを整えることで母乳の詰まりを改善する働きがあると考えられているため。このため授乳期間中のサポートティーとしては、シングルではなく母乳の出を良くする働きが期待されるフェンネルやフェヌグリークなどと組み合わせたブレンドティーとして販売されていることが多くなっています。

お茶以外の使い方(外用)で期待できる効果

皮膚・頭皮のケアに

クリーバーズは殺菌・抗菌作用や炎症を抑える働きが期待できることから、外用でも皮膚トラブルのケアに利用されてきました。日焼けや湿疹・ニキビなどのケアに有効とされており、古くは生の葉を湿布のようにして患部にアテていたのだとか。現在でもクリーバーズが配合された軟膏があるそうですし、チンキが化粧水作りに使われています。

また浸出油をキャリアオイルとしてマッサージに利用することでもリンパの循環を促す働きが期待されており、関節炎やリウマチなどの痛み軽減にも取り入れられています。そのほかヘアトニックとして利用することで頭皮の乾燥やフケ予防に良いという説もあります。

クリーバーズの注意事項

お茶として通常量を摂取する場合は特に問題はないとされています。

  • 妊娠中・授乳中の使用に関しては問題も報告されていませんが、安全性も確立されていません。心配な方や疾患・服用中の薬がある場合はなどは医師に確認してから取り入れることをお勧めします。

参考サイト:anniesremedyHerbal EncyclopediaLIVESTRONG.COM

ハーブティー

 - , , ,

関連記事