ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 口腔ケア・口臭予防 」 一覧

画像:緑茶(ギャバロン茶)

ギャバロン茶(ギャバロン緑茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶の生葉を窒素ガスなどの不活性ガスの中に置いて作られたギャバロン茶は大量のGABA(γ−アミノ酪酸)を含むことが特徴。GABAの働きからストレス軽減・リラックス効果用としてや、血圧が気になる方に取り入れられています。カテキンなど緑茶と同じ成分も含まれていますので、抗酸化作用によるアンチエイジング効果なども期待

画像:クマザサ茶(隈笹/熊笹)

クマザサ(隈笹)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本で古来より万能薬草として利用されてきたクマザサ。安息香酸やクマザサ多糖体(バンフォリン)による抗菌・防腐作用から食材を包む素材としても利用されますし、飲用することで胃や口内の細菌を防ぐ働きも期待できます。葉緑素(クロロフィル)が豊富で口臭や体臭予防にも有効とされていますし、血流浄化効果が高く「緑の血液」とも

画像:麦茶(大麦茶)

麦茶(大麦茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

麦茶はカフェインなどの刺激物を含まず、赤ちゃんや妊婦さんでも飲める優しいお茶として親しまれてました。近年は高い抗酸化作用を持つ“Pクマル酸”や、“アルキルピラジン”による血液サラサラ効果が報告されていること、ミュータンス菌の活動を抑制し虫歯予防にやくだつことなども報告されており、健康維持に役立つお茶としても注目

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶は抹茶や煎茶など発酵させていないお茶の総称です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあると報じられ欧米でも人気が高まっています。日本でも緑茶を健康茶・美容茶として摂り入れる方が増えていますし、ニキビ予防や美白に役立として化粧品

画像:白樺(ホワイトバーチ)

白樺/ホワイトバーチ
ハーブティー・ウォーターと期待される効果効能紹介

「森の看護婦」とも呼ばれる白樺は北欧や東欧では古くから栄養源や薬用など様々なことに利用されてきた存在です。現在でもキシリトールなど身近なところで活用されていますし、白樺樹液(ホワイトバーチウォーター)も優れた栄養値やミネラルバランス、抗酸化・デトックスなど美容効果が期待できるとして食品・化粧品原料としても注目

画像:ローズ(薔薇)

ローズペダル/ローズバッツ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

美しい花と上品で魅力的な甘い香りで高い人気を誇るローズ。ハーブとしてはホルモンバランスを整える働き・美肌効果など女性の健やかさや美しさのサポートとしても支持されている存在。香りには憂鬱な気持ちを盛り上げたりリラックスさせるなど精神のバランスを整える働きも期待できますし、近年は口臭・体臭予防などエチケット面のケア

画像:ユーカリ(Eucalyptus)

ユーカリ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

アロマテラピーや芳香剤でも知られるユーカリ。1.8-シネオールにより優れた殺菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用を持つとして、風邪や花粉症による鼻水・鼻づまり・喉の痛みなどの緩和に、また爽快感ある香りは頭をクリアにして集中力向上効果も期待できます。ティーは多量・長期間の服用に適さないため、蒸気吸引やマウスウォッシュに

画像:アグリモニー(Agrimony)

アグリモニー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ハチミツのようなふんわり甘い香りで、味も香ばしい程度の苦味で飲みやすいアグリモニーティー。収斂作用を持つタンニンを含むことから下痢止めや呼吸器系の不調緩和に役立つと考えられており、風邪の初期症状ケアとしても利用されています。また外用として止血・治癒促進なども期待できることから月経過多の緩和や傷・炎症のケアにも