ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:ホーソーンベリー(サンザシ)

ホーソンベリー/西洋サンザシ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

強心・血行や血圧調整作用に優れた「心臓を守るハーブ」と言われるホーソン(主に西洋サンザシ)はヨーロッパで古くからは心臓のためのハーブとして知られ、循環器系疾患に用いられてきた歴史を持ちます。現代の研究でも有効性が報告され「最も副作用の少ない心臓・血管に対する天然薬」と称する方も。血液循環改善やリラックス効果など

画像:ミルクシスル(マリアアザミ)

ミルクシスル/マリアアザミ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

お酒を飲む習慣がある方に適した「肝臓を守るハーブ」とされるミルクシスルはシリマリンを含んでおり、肝臓の保護や傷んだ肝細胞の修復、肝臓機能の向上に有効とされています。肝臓は体内に入った有毒物質(タバコ・アルコール・化学薬品など)を分解・無毒化する臓器でもあるためデトックスにも役立つでしょう。抗酸化や美肌効果など

画像:ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミール
ハーブティーと期待される効果効能紹介

不眠・冷え・月経トラブル・消化器系の不調など幅広く利用され「母の薬草」との呼び名も持つジャーマンカモミール。気分をリラックスさせる、体を温める、心地よい眠りに誘うなど癒しの要素も多く含むハーブです。またアズレン誘導体(カマズレン)という抗炎症成分から湿疹・肌荒れ・痒みなどアレルギーや皮膚炎症のケアにも役立つと

画像:セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

セントジョーンズワート/西洋オトギリソウ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

セントジョーンズワートは気分の落ち込みを和らげ精神を落ち着ける働きがあると考えられ、中世から利用されてきたハーブです。暗く沈んだ心に明るさを取り戻すことからハッピーハーブやサンシャインハーブとも呼ばれており、ホルモンバランスに左右されやすい女性の心のアップダウンにもお勧めです。ストレス、不安症、不眠症、めまい

画像:カレンデュラ(マリーゴールド)

カレンデュラ/マリーゴールド
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ポットマリーゴールドとも呼ばれるカレンデュラはヨーロッパで古くから用いられてきたハーブの1つで「皮膚のガードマン」とも呼ばるほど皮膚のケア(外用)にも優れた効能を持っています。粘膜保護や目機能の維持、感染症予防、女性特有の不調など内・外両方において幅広く活用できます。代表的な効果としては抗ウィルス、抗菌、抗炎症、抗酸化、血行促進

画像:アイブライト(コゴメグサ)

アイブライト
ハーブティーと期待される効果効能紹介

目が輝くように綺麗になることがその名がの由来とされる「アイブライト」。眼精疲労や眼病予防サプリメントでもお馴染みのハーブで、近年は花粉症の予防・緩和対策としても注目されています。目のハーブとして知られていますが、粘膜の保護・強壮にも役立つので喉や鼻の不快感にも利用出来ます。殺菌、抗炎症、抗アレルギー

画像:フラックスシード

フラックスシード/リンシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

「亜麻仁油(フラックスオイル)」や麻繊維で知られている亜麻の種子フラックスシードはオメガ3系脂肪酸を豊富に含み生活習慣病予防やアレルギー抑制として、食物繊維が豊富なことによる便秘の解消、フィトエストロゲンによる婦人科系トラブル改善など様々な面で注目を浴びており、「スーパーシード」とも

画像:オレガノ

オレガノ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

オレガノはトマトと相性がよく、イタリアンでもよく使われているスパイスの一つ。原産である地中海沿岸で栄えた古代ギリシアやローマでは既に殺菌作用を持つ・消化を助けてくれるハーブとして利用されていた歴史あるハーブの1つで、現在でもチモールやカルバクロールなど殺菌消毒作用や抗ウイルス作用

Sponsored Link