ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:ホワイトウィロウ

ホワイトウィロウ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アスピリン誕生のきっかけになったハーブとも言われるホワイトウィロウ。ピポクラテスの時代から既に鎮痛作用があることが認められていたと伝えられており、アスピリンが定着した現在でも副作用の少ない天然の鎮痛解熱剤としてティーやサプリメントが取り入れられています。また近年ではプロスタグランジンの生成を抑制することから、生理痛の軽減などにも効果が期待されているハーブでもあります。ただしお茶として飲むには渋みがあり飲みにくいので、ブレンドなどに使ったほうが良いでしょう。そのほか頭痛対策や二日酔い緩和

シモン芋/カイアポ芋/白甘藷
健康茶と期待される効果効能紹介

シモン芋は「必要な全ての微量栄養素が含まれている」とも称される様々な栄養を含む食材。ブラジルのカイアポ山脈エリアで食されていたことから“カイアポ芋”とも呼ばれており、インディオ達の滋養強壮薬と紹介されることもあります。幅広い栄養成分を含むことから現在でも栄養サポートや骨粗鬆症・貧血予防などに役立つと考えられていますし、便秘改善・肝機能向上や脂肪代謝促進効果が期待できることからダイエット

画像:コーンフラワー(矢車菊)

コーンフラワー/矢車菊
ハーブティーと期待される効果効能紹介

コーンフラワーはヤグルマギクというキク科のハーブで、エディブルフラワーとしてサラダやスイーツなどにも使われています。ティーとしてはほぼ無味無臭のため、ブレンド用としてよく用いられています。アントシアニンを含むことから目の疲れの軽減や眼精疲労予防に効果が期待されている他、フラボノイドによる殺菌・消息作用から口腔ケアや口臭対策などにも用いられています。抗酸化作用を持つポリフェノールが

アメリカンジンセング
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカンジンセングは高麗人参と同じウコギ科植物。アダプトゲンと呼ばれるハーブの一つでもあり、ストレス抵抗力を高めることで心身のバランスを整える働きがあると考えられています。アメリカジンセングは鎮静寄りの“陰の人参”と称されることもあり、特に精神的ストレスや疲労・イライラ対策に適しているという説もあります。また近年はサポニン配糖体の一種ジンノセサイド(ギンセノシド)が認知症予防や糖尿病予防

画像:本葛(葛の花)

葛湯(本葛粉/葛の花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

体を温めたい時や風邪っぽい時に古くから飲まれてきたくず湯。使う葛粉は葛(本葛)の根から抽出したデンプンが主ですが、血行促進作用も期待できることから冷え性・肩こり軽減などにも取り入れられていますよ。また近年はイソフラボン類やサポニン類を豊富に含む“葛の花”に肥満予防効果も報告されており、ダイエットティーとしてや更年期障害などの不調軽減など女性の美容と健康のサポートにも効果が期待

画像:チャービル(フレンチパセリ)

チャービル
ハーブティーと期待される効果効能紹介

フランスでは「グルメ(美食家)のパセリ」とも呼ばるチャービル。セリ科に属すパセリの仲間ですが、甘めでスッキリとした風味があり料理だけではなくハーブティーとしても使われています。ヨーロッパでチャービルは中世から体内を浄化するハーブとされていた存在で、現在でも循環を良くして血行不良やむくみ対策などに役立つと考えられています。そのほかトランスアネトールによる女性ホルモンサポート・胃腸機能促進など

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:蓮の実(蓮芯)

ハスの実(蓮芯茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

蓮を使ったお茶は蓮葉茶・蓮花茶・蓮芯茶の3タイプに分けられます。蓮芯茶(蓮子心茶)は蓮の実の真ん中に入っている緑色の芯(胚)部分を原料とするお茶で、独特の苦味を持つことが特徴。ベトナムでは「不眠症の特効薬」として利用されてきた存在で、現代でもアルカロイド類によるストレス対策・精神安定などの働きを持つ可能性が報告されているためメンタルサポートに取り入れられています。そのほか肥満予防や火照り対策

Sponsored Link