ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

アメリカンジンセング
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカンジンセングは高麗人参と同じウコギ科植物。アダプトゲンと呼ばれるハーブの一つでもあり、ストレス抵抗力を高めることで心身のバランスを整える働きがあると考えられています。アメリカジンセングは鎮静寄りの“陰の人参”と称されることもあり、特に精神的ストレスや疲労・イライラ対策に適しているという説もあります。また近年はサポニン配糖体の一種ジンノセサイド(ギンセノシド)が認知症予防や糖尿病予防

画像:本葛(葛の花)

葛湯(本葛粉/葛の花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

体を温めたい時や風邪っぽい時に古くから飲まれてきたくず湯。使う葛粉は葛(本葛)の根から抽出したデンプンが主ですが、血行促進作用も期待できることから冷え性・肩こり軽減などにも取り入れられていますよ。また近年はイソフラボン類やサポニン類を豊富に含む“葛の花”に肥満予防効果も報告されており、ダイエットティーとしてや更年期障害などの不調軽減など女性の美容と健康のサポートにも効果が期待

画像:チャービル(フレンチパセリ)

チャービル
ハーブティーと期待される効果効能紹介

フランスでは「グルメ(美食家)のパセリ」とも呼ばるチャービル。セリ科に属すパセリの仲間ですが、甘めでスッキリとした風味があり料理だけではなくハーブティーとしても使われています。ヨーロッパでチャービルは中世から体内を浄化するハーブとされていた存在で、現在でも循環を良くして血行不良やむくみ対策などに役立つと考えられています。そのほかトランスアネトールによる女性ホルモンサポート・胃腸機能促進など

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:蓮の実(蓮芯)

ハスの実(蓮芯茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

蓮を使ったお茶は蓮葉茶・蓮花茶・蓮芯茶の3タイプに分けられます。蓮芯茶(蓮子心茶)は蓮の実の真ん中に入っている緑色の芯(胚)部分を原料とするお茶で、独特の苦味を持つことが特徴。ベトナムでは「不眠症の特効薬」として利用されてきた存在で、現代でもアルカロイド類によるストレス対策・精神安定などの働きを持つ可能性が報告されているためメンタルサポートに取り入れられています。そのほか肥満予防や火照り対策

画像:蓮の花(ロータスリリー)

ハスの花(蓮花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

ふんわりと漂う甘い香りからリラックスティーとしても親しまれているロータスティー(蓮茶)。緑茶などに蓮の花の香りを移したフレーバーティーで、蓮に含まれるアルカロイド類などに加え、ベースとなっている緑茶成分を¥も摂取することが出来ると考えられていますよ。このためストレス対策や肥満予防効果が期待されていますし、伝統的に蓮花茶を製造しているベトナムでは「美肌茶」として愛されているそう

画像:蓮の葉(ロータスリーフ)

ハスの葉(蓮葉茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本で利用されることは少ないですが蓮は葉や実も食用することが出来る植物で、蓮の葉は「荷葉(カヨウ)」として生薬としても利用されています。蓮葉茶(荷葉茶)は蓮の葉をそのまま茶葉として利用するため苦みがありますが、古代中国から痩身作用が望めるお茶とされ楊貴妃が飲んでいたという逸話もあるほど。現在でもフラボノイド(ネルンボサイド)が血行促進作用を持つと考えられ冷え性・むくみ対策に、脂肪吸収抑制効果が期待できる

画像:ノニ(ヤエヤマアオキ)

ノニ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

140以上の成分を含み「神からの贈り物」とも称されるスーパーフルーツ、ノニ。罰ゲームで使われるノニジュースが有名ですが、葉を使ったノニ茶の方は紅茶に似て飲みやすい味ですよ。葉にも栄養が含まれていますし、抗酸化物質を豊富に含むためアンチエイジングや生活習慣病予防などの効果も期待されています。また冷え性やむくみ軽減・ダイエット促進・美肌や美白サポートなど美容面への働きかけも

Sponsored Link