ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:ウィッチヘーゼル(ハマメリス)

ウィッチヘーゼル(ハマメリス)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

欧米でスキンケアよく用いられているウィッチヘーゼル。皮膚や毛穴を引き締める収斂剤として役立つほか、抗酸化物質を含むこととあわせて紫外線ケアや肌のアンチエイジング用としても効果が期待されていますよ。外用利用が多いハーブですがタンニンが多いことから、内服でも下痢止め・鼻詰まり軽減などに役立つとも考えられています。ただしタンニンを含むため貧血気味の方や胃腸が弱い方は注意

画像:プーアル茶(普洱茶)

プーアル茶(普洱茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

烏龍茶と共に日本でもポピュラーな中国茶で、脂っこい食事のお供としても親しまれているプーアル茶。最も発酵・熟成が進んだ“黒茶”に含まれる発酵茶で、発酵熟成過程で発生する重合カテキン・没食子酸はむと脂肪吸収を抑制する可能性があることや、脂肪分解酵素リパーゼの活性を高めることで脂肪燃焼を促す働きが報告され注目されています。また抗酸化作用を持つポリフェノールのためアンチエイジングや生活習慣病予防

画像:栃の実(とちのみ)

栃の実茶/トチノミ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

栃の実は強いエグみから食料が豊かになった近代では注目されていなかった食材。しかし近年は苦味・エグみ成分のタンニン類(プロアントシアニジン)やサポニンに抗酸化作用などの健康メリットがあることが報じられ、高い抗酸化作用からアンチエイジングや生活習慣病予防に、美白効果や肥満予防効果などが期待できることから美容面のサポートとしても注目されていますよ。そのほかプロアントシアニジンの働きから更年期量害や

画像:サルサパリラ

サルサパリラ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではあまりポピュラーではないハーブの一つ、サルサパリラ。南米原産の蔓性植物で、中世ヨーロッパでは浄血作用のあるデトックスハーブとして重宝されたとも伝えられていますサポニンやジオスゲニンなどのフィトステロール類が含まれていることが認められており、現在でも抗酸化作用による血液浄化や炎症軽減・アンチエイジングなどに役立つ可能性が示唆されています。そのほか美肌・ダイエット

画像:ターメリック(ウコン)

ターメリック/秋ウコン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

カレーの原料としても知られるターメリック。和名はウコンと言い、近年はクルクミンなどの働きで肝機能向上や二日酔い対策に役立つとしてお酒を飲むときのお供にも取り入れられていますね。胆汁分泌促進効果が期待できることから消化吸収のサポートやダイエットにも効果が期待されていますし、クルクミンは高い抗酸化作用を持つポリフェノールのためアンチエイジングや生活習慣病予防・認知症予防などにも

画像:アルファルファ(Alfalfa)

アルファルファ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではスプラウトの一種・糸モヤシなど“野菜”という印象の強いアルファルファ。食材とされる新芽以外に、成長した葉もハーブとしても利用されています。葉も栄養豊富なため疲労回復・強壮に役立つと考えられてますし、エストロゲンと似た働きが期待されるクメスタン誘導体の「クメストロール」が含まれていることから更年期障害や月経トラブルなど女性のサポートに役立つ可能性がある事も注目され

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

和食に欠かせない食材であり、古くから美容や健康にも良いと考えられてきた昆布。近年でもアルギン酸やフコイダンなど働きから便通・腸内環境改善や血糖値上昇抑制に役立つ可能性が注目されており、ミネラル補給と合わせてミネラル補給源にも役立つためダイエットや生活習慣病予防に繋がる健康食材として評価されています。ミネラルが豊富なことから貧血や冷え性・ストレス軽減に、腸内環境改善からアレルギー軽減や美肌

画像:ベルガモット/タイマツバナ

ベルガモット/タイマツバナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ベルガモットは和名をタイマツバナという北米原産のシソ科植物。オスウェゴ族の人々が風邪薬のような感覚でお茶を飲んでいたと伝えられることから、アメリカでは“オスウェゴ・ティー”とも呼ばれています。現代でも殺菌・防腐作用などがあるチモールなどを含むため風邪予防や呼吸器系トラブルの緩和にも取り入れられており、香りによる鎮静作用・鎮静作用から生理痛の軽減・抗菌作用の高さからニキビ予防

Sponsored Link