ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:おから

おから茶
健康茶と期待される効果効能紹介

豆乳を作る際に出る“おから”を焙煎したものを、茶葉代わりに使用するおから茶。おからにも女性ホルモン(エストロゲン)のサポートが期待できる大豆イソフラボンが含まれているため、ホルモンバランスを整えたり肌をキレイに保つなどの働きが期待されています。また大豆レシチンやサポニンなどにより肥満・生活習慣病予防や免疫力アップにも役立つ可能性があることから、美容と健康の両方をサポートしてくれるお茶として

画像:蕎麦茶

蕎麦茶/韃靼そば茶
健康茶と期待される効果効能紹介

蕎麦はルチンなどのフラボノイド系ポリフェノール(ビタミンP)が豊富な健康食材としても注目されており、そば茶もアンチエイジングや生活習慣病予防に役立つと考えられています。苦蕎麦を原料とした“韃靼蕎麦茶”の場合は通常のそば茶よりもルチン含有量が極めて高いこと・メラニン色素生成・沈着防止効果がある美白成分として注目されている「シス・ウンベル酸」を含むことからより美容と健康サポートに高い

画像:スイカ(シトルリンティー)

スイカ茶/シトルリンティー
健康茶と期待される効果効能紹介

水分量が多いことや利尿作用を持つ食材として、古くから民間療法でも利用されてきたスイカ。近年ではトマトよりもリコピンを多く含むことからダイエットやアンチエイジングなど美容果物としても注目されています。スイカ茶は遊離アミノ酸の一種「シトルリン」が含まれていることが特料とされ、血行促進作用や成長ホルモン分泌促進作用なども期待されています。この働きから疲労回復やむくみ改善に役立つと考えられる他

画像:マレイン(Mullein)

マレイン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地であるヨーロッパでは古代ローマ時代から呼吸器系の不調に良いハーブとして利用されてきたマレイン。アウグビンなどのイリノイド・アピゲニンなどのフラボノイド・サポニン・粘液質などが複合し働くことで呼吸器の不調・不快感緩和に役立つハーブと考えられていますし、花粉症の軽減にも効果が期待されています。コミッションEや

画像:菊芋/エルサレムアーティチョーク

菊芋/エルサレムアーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

世界の植物の中で最もイヌリンを多く含むと称されることもある菊芋。水溶性食物繊維イヌリンの働きで便秘や腸内フローラ改善、血糖値上昇抑制による糖尿病予防やダイエットなどに役立つ健康食材として注目されています。腸内フローラ改善から免疫力向上や花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー緩和、肌トラブルの改善や基礎代謝向上

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコ茶は粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケア、消化器系や泌尿器系炎症の緩和にも取り入れられています。漢方でも全草(車前草)は喉の不調緩和に、種子には便通改善などの効果があるとされています。近縁種のインドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエットに役立つ

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

スーパーフルーツの一つとして注目されているクコの実。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、近年の研究でもポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むためアンチエイジング効果が期待されています。生活習慣病や血液循環改・冷え性の緩和・肌のハリや透明感アップをはじめ、ゼアキサンチンによる眼精疲労・眼病予防にも効果が

画像:ゴーヤ(ビターメロン)

ゴーヤ(苦瓜)/ビターメロン
健康茶と期待される効果効能紹介

沖縄料理の食材として発信され、今や全国的に定着したゴーヤ(苦瓜/ビターメロン)。野菜としての利用だけではなく、完熟したゴーヤで作った“ゴーヤ茶”は共役リノレン酸を含むことから肥満予防・ダイエット効果が期待できるお茶として利用されています。糖尿病予防やアレルギー緩和、ビタミンCを含むため紫外線対策や美肌維持などに

Sponsored Link