ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

画像:アルファルファ(Alfalfa)

アルファルファ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではスプラウトの一種・糸モヤシなど“野菜”という印象の強いアルファルファ。食材とされる新芽以外に、成長した葉もハーブとしても利用されています。葉も栄養豊富なため疲労回復・強壮に役立つと考えられてますし、エストロゲンと似た働きが期待されるクメスタン誘導体の「クメストロール」が含まれていることから更年期障害や月経トラブルなど女性のサポートに役立つ可能性がある事も注目され

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

和食に欠かせない食材であり、古くから美容や健康にも良いと考えられてきた昆布。近年でもアルギン酸やフコイダンなど働きから便通・腸内環境改善や血糖値上昇抑制に役立つ可能性が注目されており、ミネラル補給と合わせてミネラル補給源にも役立つためダイエットや生活習慣病予防に繋がる健康食材として評価されています。ミネラルが豊富なことから貧血や冷え性・ストレス軽減に、腸内環境改善からアレルギー軽減や美肌

画像:ベルガモット/タイマツバナ

ベルガモット/タイマツバナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ベルガモットは和名をタイマツバナという北米原産のシソ科植物。オスウェゴ族の人々が風邪薬のような感覚でお茶を飲んでいたと伝えられることから、アメリカでは“オスウェゴ・ティー”とも呼ばれています。現代でも殺菌・防腐作用などがあるチモールなどを含むため風邪予防や呼吸器系トラブルの緩和にも取り入れられており、香りによる鎮静作用・鎮静作用から生理痛の軽減・抗菌作用の高さからニキビ予防

画像:おから

おから茶
健康茶と期待される効果効能紹介

豆乳を作る際に出る“おから”を焙煎したものを、茶葉代わりに使用するおから茶。おからにも女性ホルモン(エストロゲン)のサポートが期待できる大豆イソフラボンが含まれているため、ホルモンバランスを整えたり肌をキレイに保つなどの働きが期待されています。また大豆レシチンやサポニンなどにより肥満・生活習慣病予防や免疫力アップにも役立つ可能性があることから、美容と健康の両方をサポートしてくれるお茶として

画像:蕎麦茶

蕎麦茶/韃靼そば茶
健康茶と期待される効果効能紹介

蕎麦はルチンなどのフラボノイド系ポリフェノール(ビタミンP)が豊富な健康食材としても注目されており、そば茶もアンチエイジングや生活習慣病予防に役立つと考えられています。苦蕎麦を原料とした“韃靼蕎麦茶”の場合は通常のそば茶よりもルチン含有量が極めて高いこと・メラニン色素生成・沈着防止効果がある美白成分として注目されている「シス・ウンベル酸」を含むことからより美容と健康サポートに高い

画像:スイカ(シトルリンティー)

スイカ茶/シトルリンティー
健康茶と期待される効果効能紹介

水分量が多いことや利尿作用を持つ食材として、古くから民間療法でも利用されてきたスイカ。近年ではトマトよりもリコピンを多く含むことからダイエットやアンチエイジングなど美容果物としても注目されています。スイカ茶は遊離アミノ酸の一種「シトルリン」が含まれていることが特料とされ、血行促進作用や成長ホルモン分泌促進作用なども期待されています。この働きから疲労回復やむくみ改善に役立つと考えられる他

画像:マレイン(Mullein)

マレイン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地であるヨーロッパでは古代ローマ時代から呼吸器系の不調に良いハーブとして利用されてきたマレイン。現在でもアウグビンなどのイリノイド類やアピゲニンなどのフラボノイド・サポニン・粘液質などが複合し働くことで呼吸器の不調・不快感緩和に役立つハーブとして取り入れられています。またインフルエンザや結核などに対して有効性を持つ可能性も報告されていますし、日本では花粉症の軽減にも効果が期待

画像:菊芋/エルサレムアーティチョーク

菊芋/エルサレムアーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

世界の植物の中で最もイヌリンを多く含むと称されることもある菊芋。水溶性食物繊維の一種であるイヌリンを豊富に含むことから便秘や腸内フローラ改善に、血糖値上昇抑制効果も報告されていることから「畑のインスリン」として健康食品などにも取り入れられています。また低カロリーなことから糖尿病の方のサポート食材やダイエット用として、腸内フローラ改善から免疫力向上や花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー

Sponsored Link