ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 便秘 」 一覧

画像:麦茶(大麦茶)

麦茶(大麦茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

麦茶はカフェインなどの刺激物を含まず、赤ちゃんや妊婦さんでも飲める優しいお茶として親しまれてました。近年は高い抗酸化作用を持つ“Pクマル酸”や、“アルキルピラジン”による血液サラサラ効果が報告されていること、ミュータンス菌の活動を抑制し虫歯予防にやくだつことなども報告されており、健康維持に役立つお茶としても注目

杜仲茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみ改善や脂肪蓄積予防・代謝向上などの働きが期待され、ダイエットティーとして支持されている杜仲茶。ゲニポシド酸には副交感神経を活性化させる働きもあるので、血行促進・冷え改善・ストレス緩和・自律神経のバランスを整えるなどの働きも期待できます。そのほか鎮痛効果なども期待できますし、ノンカフェインのミネラル補給源と

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶は抹茶や煎茶など発酵させていないお茶の総称です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあると報じられ欧米でも人気が高まっています。日本でも緑茶を健康茶・美容茶として摂り入れる方が増えていますし、ニキビ予防や美白に役立として化粧品

画像:黒豆(黒大豆)

黒豆(黒大豆)
健康茶と期待される効果効能紹介

『神農本草書』にも薬効が記される黒豆。大豆の成分として知られるイソフラボンの働きによる女性ホルモン作用や、皮に含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含むことから女性の美と健康を支える存在として注目されています。食物繊維の補給としても役立ち、脂肪吸収・蓄積を抑える働きが期待できるためスタイルが気になる方に

画像:白樺(ホワイトバーチ)

白樺/ホワイトバーチ
ハーブティー・ウォーターと期待される効果効能紹介

「森の看護婦」とも呼ばれる白樺は北欧や東欧では古くから栄養源や薬用など様々なことに利用されてきた存在です。現在でもキシリトールなど身近なところで活用されていますし、白樺樹液(ホワイトバーチウォーター)も優れた栄養値やミネラルバランス、抗酸化・デトックスなど美容効果が期待できるとして食品・化粧品原料としても注目

画像:ステビア/シュガーリーフ

ステビア
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ダイエット食品や糖尿病食に使われる、天然由来の低カロリー甘味料原料として知られるステビア。人工甘味料よりも安全性の高い甘味料として親しまれているほか、インスリン抵抗性改善・C型肝炎ウイルス抑制・ヒスタミン分解解毒効果などにも注目が集まっています。土壌や水質の汚染改善など環境汚染改善にも有効性が期待されており

ルイボス

SOD様酵素やアスパラチンなどの抗酸化物質を含むことから老化予防やアレルギー緩和効果などが期待されるルイボスティー。ミネラルも豊富で若々しい肌の維持やダイエット、便秘やむくみ改善に役立つことから女性に広く支持されている身近な健康茶の一つでもあります。ノンカフェイン・低タンニンで妊娠中の方の貧血対策としても利用

画像:蓬(ヨモギ/Japanese mugwor)

蓬(ヨモギ)

日本でも古くから薬草として利用されて「究極の和製ハーブ」とも呼ばれる蓬(ヨモギ)。よもぎ蒸しなどの影響もあり近年再び注目が高まっています。抗酸化・抗糖化効果のほか、デトックス、貧血・冷え性改善、代謝向上、美肌、月経トラブル緩和など女性に優しい成分を含んでいます。ヨモギ風呂やよもぎ蒸し・スキンケア用など外用でも