ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 むくみ 」 一覧

画像:ローズマリー

ローズマリー
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

ロスマリン酸やカルノシン酸・ジオスミンなどの抗酸化物質を豊富に含み「若返りのハーブ」とも呼ばれるローズマリー。アロスマリン酸などの働きから集中力・記憶力の向上や、認知症予防としても注目されています。フラボノイド類や抗酸化物質の含有量が多いため生活習慣病予防や血流改善効果も期待されていますし、ロズマリン酸にはヒスタミンの遊離放出を抑制する作用が報告されていることから花粉症などのアレルギー軽減

画像:ネトル(イラクサ)

ネトル/西洋イラクサ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

近年花粉症対策としてハーブティーやサプリメントなどの注目度が高まっているネトル。ネトルはヨーロッパで紀元前から用いられてきたハーブで、血液浄化作用がある“春季療法”の定番ハーブとしても愛されているそう。現在でもケルセチンによる抗炎症作用が期待される他、少量のヒスタミンを含むためアレルギー反応を起こしにくくなるという説もありますよ。デトックスハーブとして用いられている存在で、むくみ軽減や血行促進

画像:フェンネル

フェンネル
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

フェンネルは甘くスパイシーな香りが特徴のハーブ。ヨーロッパからアジアまで各地で消化機能のサポートに利用され、古代ギリシアやローマではダイエットティーとして愛されてきた歴史もあります。現在でもデトックスティーとして取り入れられているほか、エストロゲン様作用が期待されるアネトールを含むことから更年期障害や月経トラブルなど女性領域への働きも期待されていますよ。そのほか香りによるリラックス

画像:ローズヒップ

ローズヒップ
ハーブティー・オイルと期待される効果効能紹介

ビタミン類が多いことから「ビタミンの爆弾」とも称され女性に愛されているローズヒップ。お茶に使われるドライハーブは生状態よりもビタミンCは減少しているとは言われますが、ビタミンC・E・B群・β-カロテン・ビタミンP(ルチン・ケルセチン)など抗酸化物質を幅広く含んでいます。このためアンチエイジングティーとして支持されている他、栄養補給から美肌・美白・便秘予防やダイエット・風邪予防・貧血や冷え性対策など様々な