ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 花粉症・アレルギー緩和 」 一覧

画像:セルピルム/ワイルドタイム

セルピルム/ワイルドタイム

ワイルドタイムやクリーピングタイムとも呼ばれるタイムの近縁種セルピルム。タイムよりも刺激が少なくさっぱりと飲みやすい風味です。消化・呼吸・循環機能を高める・精神面へのリラックス作用が期待できるため疲労回復や強壮に有効とされています。お腹の張りや便秘、喉の不快感や風邪予防、血行促進による冷え性緩和、不眠対策など

画像:大棗(ナツメ)/チャイニーズデーツ

棗(ナツメ)

「1日に3個食べれば歳をとらない」とも言われ古くから中医学やアーユルヴェーダで利用されてきたナツメ(大棗)。現在でも様々な漢方薬に配合されて。ストレス耐性を高めたり精神安定、神経の緊張によって起こる不眠・胃腸トラブルなどの緩和に役立つほか、貧血改善や血流改善による冷え性改善、むくみ緩和など女性に嬉しい働きも期待

画像:紫蘇/シソ

紫蘇(シソ)

和食の薬味としてもお馴染みの紫蘇(シソ)は近年花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和に役立つとして注目を集めています。ルテオリン、ロズマリン酸などのポリフェノールやα-リノレン酸など抗炎症作用・免疫機能正常化作用を持つ成分を含んでいますし、抗酸化作用も高いことから老化防止・美肌作りにも

鳩麦(ハトムギ)

鳩麦はハトムギ茶やイボ取りに役立つヨクイニンなど、私たち日本人に馴染みある存在。体の巡りを整えて水分・便・老廃物の排泄を促すためダイエットのお供としても親しまれています。またコイクセラノイド・有機ゲルマニウム・アミノ酸などによる新陳代謝向上から肌荒れ・乾燥・美白などの美肌効果、そのほかアレルギー緩和

画像:ヒソップ(ヤナギハッカ)

ヒソップ

聖書にも登場するヒソップは「聖なるハーブ」として日々の生活から信仰面までヨーロッパなどでは幅広く活用されてきたハーブです。免疫力向上・風邪やインフルエンザ予防・花粉症軽減などに主に利用されていますが、冷え性や低血圧の女性にもオススメです。リラックス効果もありますのでストレスやイライラ対策・精神の疲労

画像:レモンピール(Lemon peel)

レモンピール

爽快感ある香りでリフレッシュや集中力アップ効果が期待出来るレモンピール。血行を促進し体を温める働きもあるので冷え性の改善にもお勧めですし、風邪予防にも利用されています。近年は花粉症軽減や、エリオシトリンなどのポリフェノールによる抗酸化やダイエット効果も注目されて美容ティー・美容ハーブとしても人気

マーシュマロウ

マーシュマロウは粘液質を含有し、優れた粘膜保護作用があるハーブです。喉・呼吸器の保護はもちろんのこと、鎮痛作用や便通を整える働きと合わせて胃痛や下痢など消化器系の不調や炎症にも高い効果が期待できます。保護・保湿・殺菌・抗炎症などの働きからスキンケアにも有用で乾燥肌や肌荒れ対策から、傷・火傷のケアにも

画像:ボリジ(Borage)

ボリジ/ボラージ

古くから気分を高揚させるハーブとして利用されてきたボラジ。抗うつ作用以外に風邪やインフルエンザなどの感染症予防や初期症状のケアにも役立つ、心身の強壮に優れたハーブです。また種子から採れるボラージオイルはγ‐リノレン酸の含有率が月見草オイルよりも高いことから、アレルギー性皮膚疾患や老化などトラブル肌に