ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 花粉症・アレルギー緩和 」 一覧

画像:ノニ(ヤエヤマアオキ)

ノニ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

140以上の成分を含み「神からの贈り物」とも称されるスーパーフルーツ、ノニ。罰ゲームで使われるノニジュースが有名ですが、葉を使ったノニ茶の方は紅茶に似て飲みやすい味ですよ。葉にも栄養が含まれていますし、抗酸化物質を豊富に含むためアンチエイジングや生活習慣病予防などの効果も期待されています。また冷え性やむくみ軽減・ダイエット促進・美肌や美白サポートなど美容面への働きかけも

画像:グァバ(シジュウム)

グァバ/シジュウム
健康茶と期待される効果効能紹介

トロピカルフルーツの一つとして知らるグァバ。葉を主原料としたグァバ茶もポリフェノールとビタミンCを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つと考えられ、アンチエイジングや生活習慣病予防・免疫能正常化などの健康メリットも期待されていますよ。糖の吸収を抑制する働きが報告されているため糖尿病予防やダイエットにも取り入れられていますし、抗酸化物質の補給源として美白・美肌作りなど美容茶

画像:ゴールデンロッド(Golden Rod)

ゴールデンロッド
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパなどでは古くから様々に利用されてきたハーブ、ゴールデンロッド。日本でも近年は花粉症予防に役立つのではないかとして見直されつつあります。欧米ではホーステールやネトルなどと共に“キドニークレンジングハーブ”として腎臓機能向上やデトックス用に利用されてきた存在でもあるため、日本でもむくみが気になる方に取り入れられることが増えているとも言われています。そのほか呼吸器系の不調や関節炎

画像:ウィッチヘーゼル(ハマメリス)

ウィッチヘーゼル(ハマメリス)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

欧米でスキンケアよく用いられているウィッチヘーゼル。皮膚や毛穴を引き締める収斂剤として役立つほか、抗酸化物質を含むこととあわせて紫外線ケアや肌のアンチエイジング用としても効果が期待されていますよ。外用利用が多いハーブですがタンニンが多いことから、内服でも下痢止め・鼻詰まり軽減などに役立つとも考えられています。ただしタンニンを含むため貧血気味の方や胃腸が弱い方は注意

画像:サルサパリラ

サルサパリラ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではあまりポピュラーではないハーブの一つ、サルサパリラ。南米原産の蔓性植物で、中世ヨーロッパでは浄血作用のあるデトックスハーブとして重宝されたとも伝えられていますサポニンやジオスゲニンなどのフィトステロール類が含まれていることが認められており、現在でも抗酸化作用による血液浄化や炎症軽減・アンチエイジングなどに役立つ可能性が示唆されています。そのほか美肌・ダイエット

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

和食に欠かせない食材であり、古くから美容や健康にも良いと考えられてきた昆布。近年でもアルギン酸やフコイダンなど働きから便通・腸内環境改善や血糖値上昇抑制に役立つ可能性が注目されており、ミネラル補給と合わせてミネラル補給源にも役立つためダイエットや生活習慣病予防に繋がる健康食材として評価されています。ミネラルが豊富なことから貧血や冷え性・ストレス軽減に、腸内環境改善からアレルギー軽減や美肌

画像:マレイン(Mullein)

マレイン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

原産地であるヨーロッパでは古代ローマ時代から呼吸器系の不調に良いハーブとして利用されてきたマレイン。現在でもアウグビンなどのイリノイド類やアピゲニンなどのフラボノイド・サポニン・粘液質などが複合し働くことで呼吸器の不調・不快感緩和に役立つハーブとして取り入れられています。またインフルエンザや結核などに対して有効性を持つ可能性も報告されていますし、日本では花粉症の軽減にも効果が期待

画像:菊芋/エルサレムアーティチョーク

菊芋/エルサレムアーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

世界の植物の中で最もイヌリンを多く含むと称されることもある菊芋。水溶性食物繊維の一種であるイヌリンを豊富に含むことから便秘や腸内フローラ改善に、血糖値上昇抑制効果も報告されていることから「畑のインスリン」として健康食品などにも取り入れられています。また低カロリーなことから糖尿病の方のサポート食材やダイエット用として、腸内フローラ改善から免疫力向上や花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー