ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:チャイブ

チャイブ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

チャイブはセイヨウアサツキとも呼ばれるように西洋の食材・ハーブという印象が強いですが、中国や北海道など北半球に広く自生する植物。ネギ属の代表成分であるアリシンなどの硫黄化合物の働きで胃腸機能サポートや、ビタミンB1の働きを高め疲労回復・強壮に効果が期待されています。またアリシンは血液や血管を綺麗に保つ働きから生活習慣病予防や冷え性の軽減に、抗菌作用と合わせて風邪予防など

画像:グァバ(シジュウム)

グァバ/シジュウム
健康茶と期待される効果効能紹介

トロピカルフルーツの一つとして知らるグァバ。葉を主原料としたグァバ茶もポリフェノールとビタミンCを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つと考えられ、アンチエイジングや生活習慣病予防・免疫能正常化などの健康メリットも期待されていますよ。糖の吸収を抑制する働きが報告されているため糖尿病予防やダイエットにも取り入れられていますし、抗酸化物質の補給源として美白・美肌作りなど美容茶

画像:山茱萸(サンシュユ)

山茱萸(サンシュユ)
健康茶と期待される効果効能紹介

山茱萸(サンシュユ)は春黄金花やアキサンゴとも呼ばれるミズキ科の植物。滋養強壮・加齢に伴う不調の軽減に取り入れられて来きた存在で、現在でも薬酒や栄養ドリンクなどに配合されています。近年はモロニサイドやロガニンなどの“イリドイド配糖体”をはじめサポニン・ウルソール酸などを含んでおり高い抗酸化作用が期待できることも注目されており、健康や美容をサポートする成分として女性向け健康食品にも

画像:ゴールデンロッド(Golden Rod)

ゴールデンロッド
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパなどでは古くから様々に利用されてきたハーブ、ゴールデンロッド。日本でも近年は花粉症予防に役立つのではないかとして見直されつつあります。欧米ではホーステールやネトルなどと共に“キドニークレンジングハーブ”として腎臓機能向上やデトックス用に利用されてきた存在でもあるため、日本でもむくみが気になる方に取り入れられることが増えているとも言われています。そのほか呼吸器系の不調や関節炎

画像:プーアル茶(普洱茶)

プーアル茶(普洱茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

烏龍茶と共に日本でもポピュラーな中国茶で、脂っこい食事のお供としても親しまれているプーアル茶。最も発酵・熟成が進んだ“黒茶”に含まれる発酵茶で、発酵熟成過程で発生する重合カテキン・没食子酸はむと脂肪吸収を抑制する可能性があることや、脂肪分解酵素リパーゼの活性を高めることで脂肪燃焼を促す働きが報告され注目されています。また抗酸化作用を持つポリフェノールのためアンチエイジングや生活習慣病予防

画像:サルサパリラ

サルサパリラ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではあまりポピュラーではないハーブの一つ、サルサパリラ。南米原産の蔓性植物で、中世ヨーロッパでは浄血作用のあるデトックスハーブとして重宝されたとも伝えられていますサポニンやジオスゲニンなどのフィトステロール類が含まれていることが認められており、現在でも抗酸化作用による血液浄化や炎症軽減・アンチエイジングなどに役立つ可能性が示唆されています。そのほか美肌・ダイエット

画像:ターメリック(ウコン)

ターメリック/秋ウコン
ハーブティーと期待される効果効能紹介

カレーの原料としても知られるターメリック。和名はウコンと言い、近年はクルクミンなどの働きで肝機能向上や二日酔い対策に役立つとしてお酒を飲むときのお供にも取り入れられていますね。胆汁分泌促進効果が期待できることから消化吸収のサポートやダイエットにも効果が期待されていますし、クルクミンは高い抗酸化作用を持つポリフェノールのためアンチエイジングや生活習慣病予防・認知症予防などにも

画像:昆布茶

昆布茶
健康茶と期待される効果効能紹介

和食に欠かせない食材であり、古くから美容や健康にも良いと考えられてきた昆布。近年でもアルギン酸やフコイダンなど働きから便通・腸内環境改善や血糖値上昇抑制に役立つ可能性が注目されており、ミネラル補給と合わせてミネラル補給源にも役立つためダイエットや生活習慣病予防に繋がる健康食材として評価されています。ミネラルが豊富なことから貧血や冷え性・ストレス軽減に、腸内環境改善からアレルギー軽減や美肌