ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 風邪・インフルエンザ予防 」 一覧

画像:明日葉(アシタバ)

明日葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

明日葉はビタミンやミネラル類を広く含むことに加え、黄金のポリフェノールとも呼ばれるカルコンを筆頭としたフラボノイド系ポリフェノールを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つ食材としても注目されています。カルコンには内臓脂肪燃焼・アディポネクチン分泌促進効果が期待できることから糖尿病や生活習慣病予防にも取り入れられていますし、むくみ・セルライト対策やダイエット用などスタイル維持のサポート

キャッツクロー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャッツクローはインカ帝国以前から利用されてきたハーブで、先住民の間では“健康を取り戻せる魔法”と呼ばれていたとも言われています。科学的研究でも6種類のアルカロイドを含むこと・薬理作用が期待できることが報告されており、認可を受けたものはヨーロッパで医薬品にも活用されています。日本でもリウマチや関節痛などに対する健康食品に活用されるているほか、近年は抽出されたAC-11にDNA修復促進効果がある可能性

画像:小豆(アズキ)

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりに小豆の煮汁という民間療法・あずき水ダイエットなどの影響もあり、スタイルキープに役立つ健康茶として注目される小豆茶。成分的にもカリウムやサポニンによる利尿効果が期待でき、便通改善やデトックスにも役立つためダイエットにも有用と考えられています。加えてカテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用に、イソフラボンを含むため女性特有の不調緩和や骨粗鬆症予防に

画像:アンジェリカ(西洋当帰)

アンジェリカルート
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパでは薬用ハーブ・食材・香料と広く利用されているアンジェリカ。漢方で用いられる当帰の近縁種で、当帰と同じく体を温める・ホルモンバランスを整えるなど女性の体を整える作用が多く期待されて月経トラブルや冷え性の緩和にも利用されています。精油成分による胃腸サポートや滋養強壮、体を温める働きから風邪予防や初期症状ケアなどにも効果が期待できるでしょう。香りには鎮静作用があり不眠対策にも

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維などを含み、粉末を溶いて使うことで栄養成分を余すところ無く摂取できます。疲労回復や貧血・血行不良の改善、ストレス緩和、免疫力向上、生活習慣病予防、美肌作りや紫外線

画像:スイートバジル(バジリコ)

バジル(スイートバジル)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてイタリアンなどでもお馴染みのバジル。インド原産のシソ科植物で、古くから様々な用途で利用されてきたため「ハーブの王様」とも呼ばれています。殺菌抗菌作用があるので風邪予防や口内炎対策に、鎮静作用を持つ芳香成分を多く含んでいるため神経疲労の回復や抗鬱効果が期待でき

画像:緑茶(日本茶/抹茶)

緑茶/抹茶
健康茶と期待される効果効能紹介

緑茶はチャノキの葉を発酵させていないお茶の総称で、日本では最も馴染み深い「茶」と言える存在です。カテキンに非常に高い抗酸化作用が期待できることをはじめ、肥満防止・美肌・免疫力向上など健康にも美容にも様々なメリットがあることが報じられ欧米でも人気が高まっています。健康茶・美容茶

画像:枇杷の葉(ビワの葉)

ビワの葉(枇杷葉)
健康茶と期待される効果効能紹介

ビワ(枇杷)は奈良時代から薬用植物として利用されてきた植物で、葉はタンニンやサポニンによる抗酸化作用や去痰鎮咳効果が期待されています。また肌へも高い効果が期待されているためローションや入浴剤としても広く活用されていますよ。毒性の高い成分(アミグダリン)を含むため摂取する場合は注意