ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲労回復・強壮 」 一覧

画像:ボリジ(Borage)

ボリジ/ボラージ
ハーブティー・オイルと期待される効果効能紹介

古くから気分を高揚させるハーブとして利用されてきたボラジ。抗うつ作用以外に風邪やインフルエンザなどの感染症予防や初期症状のケアにも役立つ、心身の強壮に優れたハーブです。また種子から採れるボラージオイルはγ‐リノレン酸の含有率が月見草オイルよりも高いことから、アレルギー性皮膚疾患や老化などトラブル肌のケアに有効と

画像:ワイルドストロベリー(ストロベリーリーフ)

ワイルドストロベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

「幸せを呼ぶハーブ」という伝説もあるワイルドストロベリーは腎臓・肝臓の機能を高めるためむくみの解消や老廃物の排泄促進に役立ち、消化器系の機能を高めるので便秘対策としても効果が期待出来ます。鉄分などのミネラルが豊富で貧血予防や栄養補給源としても適していますし、クセのない味でハーブティーのブレンドにも

画像:ホールテール(Horsetail)

ホーステール(スギナ)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古くは泌尿器系トラブルや止血用としてよく使われていたツクシの栄養茎ホーステール(スギナ)。近年ではアンチエイジングや美容面での効果が注目されるシリカ(ケイ素)を多く含むことで注目されています。「ミネラルの宝庫」と言われるほど豊富なミネラル類を筆頭に様々な成分を含むため、不足しがちな栄養の補給源としても

甘茶蔓(アマチャヅル)

甘茶蔓(アマチャヅル)は1977年に「薬用人参(高麗人参)と同様の有効成分であるサポニンが70種類以上含まれている」と発表されてから健康効果が注目されました。近年ストレス対策や花粉症などのアレルギー症状緩和に役立つことから人気が高まっています。タンパク質アクアポリンの生成を促進させることで、乾燥防止や肌のハリ維持にも

マテ

世界三大飲料の一つで、「飲むサラダ」とも言われる豊富な栄養価を持つマテ茶。豊富な栄養とマテインの働きで精神・肉体の疲労回復や強壮、ポリフェノールによる抗酸化(老化防止)効果があります。空腹感を緩和して食欲を抑えたり脂肪吸収抑制などのダイエット効果も期待

画像:ハイビスカス(ローゼル)

ハイビスカス/ローゼル

ローズヒップと合わせて美容・美肌ハーブティーとして利用されることの多いハイビスカスティー(ローゼルティー)。ビタミンCやクエン酸を含み美肌作りや代謝向上、便秘・むくみの解消など美容に嬉しい働きはもちろん、疲労回復・眼精疲労改善やミネラル吸収促進などの嬉しい作用も期待

ソウパルメット/ノコギリヤシ

日本ではノコギリヤシの名で知られるソウパルメットは植物性のカテーテル(導尿管)」と呼ばれるほど男性の前立腺・排尿トラブル対策ハーブとしてよく知られています。以前は中高年の男性用というイメージが強かったものの、近年は薄毛予防など女性用商品にも利用されています。男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)抑制作用が

画像:マルベリーリーフ

マルベリーリーフ/桑葉

マルベリーリーフ(桑の葉)はカルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維などが豊富なことに加え糖の吸収を抑制するDNJ(TM)を含み、血糖値の上昇抑制やダイエットに有効とされています。糖過剰状態を防ぐことでの抗糖化、フラボノイドなどによる抗酸化作用によって美肌・アンチエイジングにも効果が期待出来ます。整肌や