ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲労回復・強壮 」 一覧

画像:ザクロ(石榴/柘榴)

ザクロ茶(ザクロジュース)
健康茶と期待される効果効能紹介

美と健康をサポートしてくれる果物として注目されているザクロ茶。ザクロ茶には葉を乾燥させたものもありますが、このページでは流通量の多いザクロエキスもしくはザクロジュースに該当するものをザクロ茶として紹介します。かつて囁かれていた女性ホルモン作用は期待できないことが認められていますが、ザクロはポリフェノールやビタミンCを豊富に含む果物のためアンチエイジングや美肌・美白・むくみ軽減など美容面

シモン芋/カイアポ芋/白甘藷
健康茶と期待される効果効能紹介

シモン芋は「必要な全ての微量栄養素が含まれている」とも称される様々な栄養を含む食材。ブラジルのカイアポ山脈エリアで食されていたことから“カイアポ芋”とも呼ばれており、インディオ達の滋養強壮薬と紹介されることもあります。幅広い栄養成分を含むことから現在でも栄養サポートや骨粗鬆症・貧血予防などに役立つと考えられていますし、便秘改善・肝機能向上や脂肪代謝促進効果が期待できることからダイエット

アメリカンジンセング
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカンジンセングは高麗人参と同じウコギ科植物。アダプトゲンと呼ばれるハーブの一つでもあり、ストレス抵抗力を高めることで心身のバランスを整える働きがあると考えられています。アメリカジンセングは鎮静寄りの“陰の人参”と称されることもあり、特に精神的ストレスや疲労・イライラ対策に適しているという説もあります。また近年はサポニン配糖体の一種ジンノセサイド(ギンセノシド)が認知症予防や糖尿病予防

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:チャイブ

チャイブ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

チャイブはセイヨウアサツキとも呼ばれるように西洋の食材・ハーブという印象が強いですが、中国や北海道など北半球に広く自生する植物。ネギ属の代表成分であるアリシンなどの硫黄化合物の働きで胃腸機能サポートや、ビタミンB1の働きを高め疲労回復・強壮に効果が期待されています。またアリシンは血液や血管を綺麗に保つ働きから生活習慣病予防や冷え性の軽減に、抗菌作用と合わせて風邪予防など

画像:フェヌグリーク

フェヌグリーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

カレーの香辛料の一つとしても知られるフェヌグリーク。近年ジオスゲニンというホルモン前駆体(DHEA)類似物質を含むことがされ、女性であれば母乳分泌サポートや月経トラブル軽減・バストアップに、男性であれば精力増強などをサポートする働きが期待されていますよ。また疲労回復や消化機能向上や、フラボノイドやガラクトマンナンを含むことから糖尿病などの生活習慣病予防・ダイエットサポートにも

画像:山茱萸(サンシュユ)

山茱萸(サンシュユ)
健康茶と期待される効果効能紹介

山茱萸(サンシュユ)は春黄金花やアキサンゴとも呼ばれるミズキ科の植物。滋養強壮・加齢に伴う不調の軽減に取り入れられて来きた存在で、現在でも薬酒や栄養ドリンクなどに配合されています。近年はモロニサイドやロガニンなどの“イリドイド配糖体”をはじめサポニン・ウルソール酸などを含んでおり高い抗酸化作用が期待できることも注目されており、健康や美容をサポートする成分として女性向け健康食品にも

画像:アルファルファ(Alfalfa)

アルファルファ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本ではスプラウトの一種・糸モヤシなど“野菜”という印象の強いアルファルファ。食材とされる新芽以外に、成長した葉もハーブとしても利用されています。葉も栄養豊富なため疲労回復・強壮に役立つと考えられてますし、エストロゲンと似た働きが期待されるクメスタン誘導体の「クメストロール」が含まれていることから更年期障害や月経トラブルなど女性のサポートに役立つ可能性がある事も注目され