フラックスシード/リンシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

オメガ3系脂肪酸を多く含むため、スーパーシードとしても注目

天然繊維“リネン”の原料として知られる亜麻。種子は亜麻仁油の原料となるだけではなく、オメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)を多く含んでいることも注目されています。α-リノレン酸の補給から血液サラサラ効果や認知症予防・アレルギー軽減などの働きが期待される他、亜麻リグナンにエストロゲン様作用が期待できることから更年期障害を始めとする女性領域での不調軽減にも取り入れられています。食物繊維を豊富に含むため緩下作用を持つハーブとしても古くから利用されてきた存在でもありますし、肌荒れの軽減にも繋がりそうですね。

画像:フラックスシード

 

フラックスシード(リンシード)について

植物紹介:亜麻

亜麻はアマ科アマ属に分類される一年草です。夏物の衣類に用いられることが多い涼し気な天然繊維“リネン”の原料として、また種子はオメガ3系脂肪酸を豊富に含む食用油“亜麻仁油”の原料として、私達にとって馴染みのある植物の一つである亜麻。歌にも使われている「亜麻色の髪の乙女」など色の形容として使われることもありますね。漢字で書くと亜麻と“麻”が付きますし、繊維も日本工業規格(JIS)上では“麻”と表記されていますが、一般的に麻と呼ばれる植物(大麻/ヘンプ)はアサ科アサ属に分類されるため、植物としては全く別物。

繊維としても“麻”で纏められてしまうことがあるので混同されがちですが、亜麻布の場合は絹に近い滑らかさと光沢が特徴的とされています。麻紐などに使われているチクチクしてして硬い針があるものは苧麻(ラミー)です。ちなみに亜麻色は光沢のある淡い金褐色、金髪よりもやや茶色がかったアッシュ系の髪を指します。そんな亜麻は「人類初の栽培繊維素材」と称されるほど、繊維素材として古い歴史がある植物でもあります。石器時代のスイス湖棲人遺跡から亜麻の繊維や種子が利用されていたことが報告されていますし、紀元前8000~6000年頃にはティグリス川・ユーフラテス川沿岸で栽培が行われていたという説もあります。古代エジプトではミイラを包むための布として利用されていたことが分かっています。

現在でも“四大天然素材”として中国の絹・インドの綿・ペルシャの羊毛・エジプトの麻が知られていますが、『博物誌』を著した博物学者ガイウス・プリニウスによると当時既にエジプトの麻は高級品で、特に純白の亜麻布は重宝されていたそう。またイエス・キリストの遺体を包んだ“トリノの聖骸布”も亜麻布だったと推測されています。現在は寝具やクロスを総称して“リネン”もしくはフランス語から“リンネル”と呼ぶこともありますが、元々はリネンやリンネルという言葉は亜麻布を指す言葉。フラックスという呼び方もあり日本では本同されていますが、亜麻の靱皮から採った繊維がフラックス・フラックスで作られた糸や布がリネンというように区分されています。余談ですが下着をランジェリーと呼ぶのも昔は主材料としてリネンが使われていたためなのだとか。

繊維素材としての亜麻は一冊の本に収まらないほどの歴史・エピソードがありますが、食材としてもまた亜麻は古くから利用されてきた植物です。石器時代のスイス湖棲人遺跡においても亜麻の種子が使用されていた形跡が発掘されていますし、紀元前400年頃には古代ギリシアの医師で医学の祖と称されるヒポクラテスが「亜麻種子を食べると胃腸の不快に良い」として亜麻栽培を推奨していたことも分かっています。古い時代には薬効から薬のように扱われていたのでしょう。9世紀頃になると食用としても普及し始めるようになり、フランスのカール大帝(シャルルマーニュ)も健康上の価値が高い植物として「臣民は亜麻仁を摂るべし」と亜麻仁の摂取を法令化したと言われています。17世紀にはアメリカへも伝播し、後に大規模商業栽培が行われるるようになります。

日本には江戸時代に薬種の一つとして導入・栽培されていたようですが、本格的な栽培は明治以降となります。北海道開拓初期に繊維植物として導入され、昭和初期までは北海道を中心に広く栽培されていましたが化学繊維の普及とともに栽培は一時途絶えてしまいます。しかし近年の健康志向の高まりから欧米でチアシードやバジルシードなどと並び“スーパーシード”と呼ばれているフラックスード(亜麻仁)への関心が高まったこともあり、北海道では当別町と筆頭とした一部地域で食用種子としての栽培が復活しています。

基本データ

通称
フラックスシード(Flaxseed)
別名
リンシード(Linseed)、亜麻(アマ)、亜麻仁(アマニ)、リナム、リネン、滑胡麻(ヌメゴマ)
学名
Linum usitatissimum
科名/種類
アマ科アマ属/1年草
花言葉
感謝、単純、あなたの親切に感謝します
誕生花
5月3日、6月1日・3日
使用部位
種子
代表成分
不飽和脂肪酸(リノール酸、α-リノレン酸、オレイン酸など)、ポリフェノール(リグナン)、フィトステロール、ビタミン類、ミネラル類、粘液質、食物繊維、青酸配糖体(リナマリン)
代表効果
緩下、利尿、粘膜保護、抗コレステロール、脳機能保持、エイコサノイド調整、抗炎症、鎮咳、去痰、鎮静
こんな時に
便秘、過敏性腸症候群、胃炎、動脈硬化・生活習慣病予防、アレルギー軽減、咽頭炎、気管支炎、更年期障害・PMS、月経不順、生理痛
おすすめ利用法
食用、ハーブティー
ハーブティーの味
ほぼ無味無臭ではあるが、どろりとした粘り気と油っぽさがある
カフェインの有無
ノンカフェイン

フラックスシード(リンシード)の栄養・成分・期待できる効果

フラックスシードティー(亜麻仁茶)

お腹のサポートに

便秘予防・改善に

フラックスシード古くから緩下剤のような形で、便秘の改善に利用されてきた植物。これは亜麻仁に食物繊維が豊富に含まれており腸の蠕動運動促進・便の体積と水分含有量を増加させて排便を促す事に繋がることに加え、粘液質や不飽和脂肪酸が便をコーディングして滑りを良くしてくれるためと考えられています。ちなみにハーブティーのようにして飲用する分には問題ありませんが、亜麻仁をそのまま食べると緩下作用が強すぎる可能性もあるので注意が必要食用時は摂取量は少量にし、水分をしっかりと補給すると良いそう。

またフラックスシードティーの摂取は腸内細菌のうち善玉菌と呼ばれるビフィズス菌の増殖を助ける働きも期待されています。このため緩下作用によって排便を促すだけではなく、腸内フローラのバランスを整えることにも繋がると考えられています。腸内環境の改善からも便秘予防や改善に役立ちますし、副次的にではありますがダイエットや美肌など美容面の効果も期待されています。利尿作用を持つという説もありますから、デトックスのサポートに取り入れてみても良いでしょう。

便秘解消サポートにはダンデライオン(タンポポ茶)チコリーワイルドストロベリーなどとのブレンドもオススメ。フラックスシード自体はほとんど味がないため、ブレンドに用いるかハチミツを入れるなどすると飲みやすくもなります。


胃腸などの粘膜保護に

フラックスシードティーはほとんど香りも味もありませんが、葛湯を思い出すようなねっとりとした独特の食感があります。この粘り気の元となる水溶性食物繊維類、通称粘液質は胃腸などの粘膜を保護する働きが期待されています。粘膜を保護するだけではなく強化・再生の手助けをしてくれると考えられていることから、ストレスや暴飲暴食で荒れてしまった粘膜を整えて胃腸機能をサポートするという見解もあります。このためフラックスシードティーは胃炎や過敏性腸症候群の軽減に取り入れられることもあるようです。


健康のサポートに

老化・生活習慣病予防

亜麻仁油やフラックスシードが健康食材として注目されている主要因として、α-リノレン酸と呼ばれる多価不飽和脂肪酸のうちオメガ3(n-3系)脂肪酸に分類される脂質を多く含んでいることが挙げられています。α-リノレン酸ほかオメガ3系脂肪酸は細胞膜の材料など体内で様々に利用されていますが、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸の1つで食事から補う必要があります。α-リノレン酸を補給すると同じくオメガ3系の必須脂肪酸に分類されるEPA(エイコサペンタエン酸/イコサペンタエン酸とも)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に体内で変換されます。

α-リノレン酸から変換されるEPAは血管の弾力や赤血球の柔軟性を高めたり、悪玉コレステロールや中性脂肪を低下させるなどの働きが期待されていることから、α-リノレン酸も血液サラサラ効果がある健康成分として注目されています。実験ではα-リノレン酸の摂取によって抗血栓作用・動脈血栓予防を示唆されているものもあり、心血管保護や生活習慣病予防をサポートしてくれる健康メリットの高い脂質(脂肪酸)として、動脈硬化・脳梗塞・心臓疾患などの予防に役立つのではないかと期待されています。またα-リノレン酸などのn-3系脂肪酸は細胞膜の構成物質でもありますから、細胞膜の劣化を防ぐことで老化予防にも繋がると考えられています。


脳機能保持・記憶力向上

オメガ3系の必須脂肪酸は細胞膜の劣化(老化)を防ぐだけではなく、脳の老化を防ぐ成分としても注目されています。代表的なものとして青魚に多く含まれているDHAがありますね。DHAは神経発達や学習機能など脳や神経との関わりが深い脂肪酸で、血液脳関門を通過できる数少ない栄養素の一つでもあります。脳内に取り込まれると細胞膜を柔らかく保つ・シナプス活性化などを行うことで脳内の情報伝達性を高める働きを持つと考えられており、ラットを使った実験では記憶力向上効果が見られたことも報告されています。

フラックスシード(亜麻仁)に含まれているα-リノレン酸も体内でDHAに変換される物質のため、補給することでこうした脳細胞の活発化をサポートしてくれると期待されています。DHAの摂取で脳機能の向上が期待できるのは小さい子どもまでという見解が多いようですが、大人の場合でも記憶力を高めたり認知症を予防する働きは期待できると言われていますよ。また健常者とうつ病患者のオメガ3系脂肪酸蓄積量を比較した実験では、うつ病患者の方がオメガ3系脂肪酸量が低かったことが報告されています。この実験報告っからα-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸はうつ病予防・軽減にも役立つのではないかと考えられています。


アレルギー症状の軽減に

多価不飽和脂肪酸は大きくオメガ3(n-3系)脂肪酸・オメガ6(n-6系)脂肪酸の2つの系統に分けられています。どちらも必須脂肪酸であり、私達の身体を形成・保持するうえで重要な役割を担っています。しかしオメガ6(n-6系)脂肪酸は過剰に摂取するとアレルギーの発症リスク向上や、気管支炎・口内炎などの炎症を悪化させてしまう可能性があることが指摘されています。これはオメガ6(n-6系)脂肪酸がアラキドン酸への変化を経て、発熱や痛みなどの炎症を引き起こすプロスタグランジン2(PGE2)という生理活性物質の原料となるためです。

対してオメガ3系脂肪酸はアラキドン酸を合成する酵素を抑制してPGE2の働きを抑える=抗炎症方面に働くと考えられています。アレルギーの低減にオメガ3の摂取が良いと言われることがあるのも、この働きからアレルギー炎症抑制に繋がると期待されているためですね。またフラックスシード(亜麻仁)にはエイコサノイド調整作用があると称されることもありますが、エイコサノイドと言うのは必須不飽和脂肪酸から始まる生合成の総称。オメガ3であるα-リノレン酸の摂取によってアラキドン酸を合成する酵素を抑制し、バランスを保ってくれる働きが期待できるという意味合いで用いられていると考えられます。

こうしてオメガ3系脂肪酸の働きを記すとオメガ6系脂肪酸は悪玉のようにも感じられますが、リノール酸などのオメガ6系脂肪酸も必須脂肪酸であり健康面でのメリットも多くあります。問題となっているのは近年は食の欧米化やインスタント食品の普及などによりオメガ6脂肪酸の摂取量が増加しているのに対して、オメガ3系脂肪酸の摂取は減少しており、多価不飽和脂肪酸の摂取バランスが崩れていること。このためオメガ3系脂肪酸を補給するなどしてバランスを整える、互いの脂肪酸のデメリットを打ち消してアレルギー反応や炎症を起こしにくくすることが提唱されています。フラックスシードの場合は抗炎症作用を持つとされるリグナンも含まれていますので、複合してアレルギーの低減をサポートしてくれると期待されています。


喉の不調・気管支炎に

フラックスシード(亜麻仁)に含まれている粘液質は体内の粘膜を保護する働きが期待されていることから、喉・呼吸器官の粘膜も保護してくれると考えられています。伝統医学上の効能としては鎮咳・去痰作用があるとされ、喉の痛みや咽頭炎に対して利用されることもあるそう。また抗炎症作用を持つとされるオメガ3(n-3系)脂肪酸のα-リノレン酸補給と合わせて、アレルギー性の気管支炎・喘息に対しても緩和効果が期待されています。


そのほか期待される作用

女性特有の不調に

フラックスシードにはポリフェノールの一種であるリグナン(亜麻リグナン)が含まれていることが認められています。亜麻リグナンは抗酸化作用や抗炎症作用が報告されているほか、女性ホルモンのエストロゲンと似た働き=エストロゲン様作用を持つ成分の一つにも数えられています。エストロゲンと似た働きを持つことからホルモン分泌量の急激な低下によって起こる更年期障害の予防・緩和効果が期待されるほか、骨粗鬆症予防にも注目を集めています。

加えて亜麻リグナンもイソフラボンなどと同様に、エストロゲン分泌量が多い場合はエストロゲン受容体のいくつかに植物性エストロゲンが入り込むことによって全体的なエストロゲンの作用を弱める働きがあると考えられています。ホルモンバランスを整えることで生理前のイライラなどのPMS(月経前症候群)症状や月経不順の改善にも効果が期待できますし、α-リノレン酸(オメガ3)の補給と合わせて生理痛の痛みを和らげることに繋がる可能性もあります。生理前や更年期などで精神的不調がある場合はリンデンフラワーパッションフラワーなど鎮静・リラックス作用が期待できるハーブティーとブレンドすると良いでしょう。


美肌サポートにも

フラックスシードに含まれている亜麻リグナンは抗酸化物質としても働くため、細胞の酸化を抑え若々しさを保持することにも繋がると考えられます。エストロゲン様成分としてエストロゲンをサポートしてくれることと合わせて、シワやたるみなどの肌老化予防にも効果が期待できます。α-リノレン酸(オメガ3)の補給も血流を整えて肌に酸素や栄養素を行き渡らせ、肌の新陳代謝やバリア機能向上をサポートしてくれるでしょう。便通改善と合わせて肌荒れ予防や改善に繋がる可能性もあります。


フラックスシードティーの作り方について

フラックスシードは一般的なハーブティーのように煮出し・蒸らしでも飲むことができますが、すり潰して利用したほうが効果的であると言われています。そのため作り方としてはフラックスシード小さじ一杯程度をすり潰した後、お湯を注いで5分程度蒸らすという方法がとられています。白っぽく半透明に濁り、粘度が出て葛湯の様な感じになれば完成。

ただしこの方法の場合は他のハーブ類とのブレンドが困難になるため、亜麻仁を茶葉と組み合わせて普通に浸出する方法も使われています。すり潰さず進出する場合は10~15分程度浸出期間を取ると良いようです。と言っても特に決まりはありませんので、用途や味の好みに合わせて色々と試してみて下さい。

お茶以外の使い方(外用)で期待できる効果

スキンケアに

フラックスシードティーがそのままローションなどの代用として使われることはほとんどありませんが、フラックスシードオイル(亜麻仁油)は古くから皮膚の炎症を和らげ、皮膚の水分と柔軟性を整えるエリモント成分としても利用されていた歴史があります。現在でもα-リノレン酸含有率が高いことからアトピー性皮膚炎・肌荒れ改善効果が期待できる成分としてスキンケア商品などに配合されています。そのほかオイル単品でも、クレンジング用やマッサージ用のキャリアオイルとして活用されているようです。またフラックスシードエキスもしくはアマニ抽出物も抗炎症作用や肌のバリア機能向上効果などがあると考えられ、スキンケア商品や化粧品などに配合されています。

フラックスシード(リンシード)の注意事項

  • 腸に炎症がある方の摂取は控えるようにしましょう。摂取する場合は少量とし、予め十分に水を吸わせたものを利用するのが望ましいとされています。
  • 薬の吸収を阻害する可能性があります。常用薬のある方は医師・薬剤師に相談してください。
  • 妊娠中・授乳中の使用については十分なデータが無いため、使用を控えましょう。
  • 完熟後にしっかり加熱・乾燥した種子を使用してください。