ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲れ目・眼病予防 」 一覧

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

ビタミン・ミネラル・抗酸化物質ほか幅広い成分を含む健康食材 青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質をはじめビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維など幅広い栄 …

画像:黒豆(黒大豆)

黒豆(黒大豆)
健康茶と期待される効果効能紹介

『神農本草書』にも薬効が記される黒豆。大豆の成分として知られるイソフラボンの働きによる女性ホルモン作用や、皮に含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含むことから女性の美と健康を支える存在として注目されています。食物繊維の補給としても役立ち、脂肪吸収・蓄積を抑える働きが期待できるためスタイルが気になる方に

画像:クランベリー(Cranberry)

クランベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ドライフルーツやジュースでもお馴染みのクランベリーは古くから泌尿器関係のトラブルに対して民間療法で用いられていました。キナ酸とプロアントシアニジンの働きで細菌の増殖を抑え排出を促す働きが認められており、その他にも風邪やインフルエンザの予防・疲れ目対策・老化防止・口腔ケア・むくみなど様々な面から健康維持に

画像:ハイビスカス(ローゼル)

ハイビスカス/ローゼル

ローズヒップと合わせて美容・美肌ハーブティーとして利用されることの多いハイビスカスティー(ローゼルティー)。ビタミンCやクエン酸を含み美肌作りや代謝向上、便秘・むくみの解消など美容に嬉しい働きはもちろん、疲労回復・眼精疲労改善やミネラル吸収促進などの嬉しい作用も期待

画像:カレンデュラ(マリーゴールド)

カレンデュラ/マリーゴールド

ポットマリーゴールドとも呼ばれるカレンデュラはヨーロッパで古くから用いられてきたハーブの1つで「皮膚のガードマン」とも呼ばるほど皮膚のケア(外用)にも優れた効能を持っています。粘膜保護や目機能の維持、感染症予防、女性特有の不調など内・外両方において幅広く活用できます。代表的な効果としては抗ウィルス、抗菌、抗炎症、抗酸化、血行促進

画像:アイブライト(コゴメグサ)

アイブライト

目が輝くように綺麗になることがその名がの由来とされる「アイブライト」。眼精疲労や眼病予防サプリメントでもお馴染みのハーブで、近年は花粉症の予防・緩和対策としても注目されています。目のハーブとして知られていますが、粘膜の保護・強壮にも役立つので喉や鼻の不快感にも利用出来ます。殺菌、抗炎症、抗アレルギー

画像:マロウ・ブルー(薄紅葵)

マロウブルー/マルバフラワー

マロウブルーは神秘的な青色から可憐な桜色への変化が楽しめるハーブティーとして人気です。粘膜を保護し炎症を抑える働きや、肌の乾燥や炎症のケアにも利用できるなど活用の幅が広く、扱いやすいことも魅力です。喉が弱い方、タバコを吸う方、カラオケが好きな方などにもおすすめな他、消化器系の保護や肌の保湿・炎症緩和にも