ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 疲れ目・眼病予防 」 一覧

画像:大葉子(オオバコ)

オオバコ(車前草/大葉子)
健康茶と期待される効果効能紹介

オオバコは車前草(シャゼンソウ)という名前で生薬としても利用されている植物で、古くは『神農本草書』にも記載されています。現代でも粘膜保護や炎症緩和などが期待できるため咳や痰のケアに効果が期待されています。またオオバコ茶は消化器系や泌尿器系のサポートに良いとする説もありますよ。近年はオオバコの近縁種インドオオバコ(プランタゴ・オバタ)種皮を粉末化したサイリウムハスクが便通改善・ダイエット

画像:クコ(ゴジベリー)

枸杞(クコ)/ゴジベリー
健康茶と期待される効果効能紹介

クコの実は近年ポリフェノール・ビタミンCを豊富に含むスーパーフード“ゴジベリー”として注目される食材。古くからクコ茶は延命茶とも呼ばれていましたし、現在でも抗酸化物質によるアンチエイジング効果が期待され飲むエステとも称されるほど。ゼアキサンチンを含むことから眼精疲労・眼病予防効果が、抗酸化物質の多さから生活習慣病や血液循環改善・冷え性の緩和など健康メリットも期待されています。そのほか美白

画像:パセリ(Parsley)

パセリリーフ/パセリシード
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

パセリはビタミンやミネラルが豊富で抗酸化成分を含む食材で、パセリティーも栄養補給に役立つと考えられています。アピゲニンやアピインなどのフラボノイドを含むことからリラックスティーやアンチエイジングティーとしても期待されています。ルティンやゼアキサンチンなどのカロテノイドも含まれていますので目の疲れが気になる方にも適しているでしょう。利尿作用があるハーブとも言われむくみ軽減やデトックス

画像:明日葉(アシタバ)

明日葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

明日葉はビタミンやミネラル類を広く含むことに加え、黄金のポリフェノールとも呼ばれるカルコンを筆頭としたフラボノイド系ポリフェノールを豊富に含むことから高い抗酸化作用を持つ食材としても注目されています。カルコンには内臓脂肪燃焼・アディポネクチン分泌促進効果が期待できることから糖尿病や生活習慣病予防にも取り入れられていますし、むくみ・セルライト対策やダイエット用などスタイル維持のサポート

画像:小豆(アズキ)

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりに小豆の煮汁という民間療法・あずき水ダイエットなどの影響もあり、スタイルキープに役立つ健康茶として注目される小豆茶。成分的にもカリウムやサポニンによる利尿効果が期待でき、便通改善やデトックスにも役立つためダイエットにも有用と考えられています。加えてカテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用に、イソフラボンを含むため女性特有の不調緩和や骨粗鬆症予防に

画像:大麦若葉(オオムギワカバ)

大麦若葉
健康茶と期待される効果効能紹介

青汁などの原料として知られる大麦若葉(大麦の若い芽)はSOD様酵素などの抗酸化物質・ビタミン・ミネラル・アミノ酸・食物繊維などを含み、粉末を溶いて使うことで栄養成分を余すところ無く摂取できます。疲労回復や貧血・血行不良の改善、ストレス緩和、免疫力向上、生活習慣病予防、美肌作りや紫外線

画像:黒豆(黒大豆)

黒豆(黒大豆)
健康茶と期待される効果効能紹介

皮にアントシアニンを含む大豆である黒豆(黒大豆)は、古くは薬用としても利用されていた食材。現在でも大豆の成分として知られるイソフラボンの働きによる女性ホルモン作用や、皮に含まれるアントシアニンなどの抗酸化物質を豊富に含むことが注目されています。脂肪吸収・蓄積を抑える働きも期待でき

画像:クランベリー(Cranberry)

クランベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ドライフルーツやジュースでもお馴染みのクランベリーは古くから泌尿器関係のトラブルに対して民間療法で用いられていました。キナ酸とプロアントシアニジンの働きで細菌の増殖を抑え排出を促す働きが認められており、その他にも風邪やインフルエンザの予防・疲れ目対策・老化防止・口腔ケア・むくみなど様々な面から健康維持に