ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

小豆茶
健康茶と期待される効果効能紹介

むくみとりからアンチエイジング、ダイエットまで高い美容効果が期待

むくみとりの民間療法として定番の小豆。近年はカテキングルコシドなどのポリフェノールが豊富なことからアンチエイジング用に、また韓国で流行した“あずき水ダイエット”などの影響もありダイエット用として小豆茶が注目されています。疲労回復・貧血予防・血流の改善に対しても効果が期待できますので、健康維持や冷え性の緩和などにも取り入れられていますし、イソフラボンを含むため女性特有の不調の緩和効果も期待されています。

画像:小豆(アズキ)

植物紹介:小豆(アズキ)

お赤飯をはじめ、あんこなどの和菓子原料として知られている小豆。近年ポリフェノール含有量が高いこと・韓国でダイエット食材としてブームになったことなどから美容食材として再び注目されています。
水戻しする時間がかかることなどもあり、お家で小豆を煮て食べる・小豆を煮出しているという方は少ないかもしれませんが、手軽に取り入れられるペットボトル飲料・お湯を注ぐだけでも飲めるティーパックタイプのものなども販売されていることから「お茶」としての人気が高まっています。

小豆は東アジアが原産とされるマメ科植物で、日本伝来時期については諸説ありますが縄文遺跡からも発掘されていることから紀元前には存在していたと考えられています。弥生時代には既に栽培が行われていたという説もありますから、日本人によって馴染み深い食材と言えますね。
中国では最古の薬学書である『神農本草経』に小豆の煮汁が解毒薬として利用されたことが記されており、かなり古い時代から薬効が認められ珍重された存在であったと考えられています。大陸との行き来が盛んになるにつれ、日本でも重要視されたのではないかと考えられます。

また中国・朝鮮半島・日本で赤色は太陽や血など“生命”を象徴する色とされ、赤い色をした小豆はおめでたい日や邪気払いに欠かせない存在としても大切にされていた存在です。古くは“正月十五日の供御の七種の粥料”として米・粟・黍子・薭子・葟子・胡麻・小豆の7つの穀物を使った粥を食していたことが『延喜式』に記されていますし、『土佐日記』には正月十五日に小豆粥を食べる風習があったことが記されています。現在でも15日の小豆粥は残っていますし、冬至かぼちゃとして小豆とカボチャのいとこ煮などを食べるのも“邪気を祓う”食材と考えられていた名残のようです。

小豆は“赤小豆(セキショウズ)”として生薬として利水消腫など水分代謝を高める働きがあるとされている存在です。民間療法・おばあちゃんの知恵袋的の「むくみにはあずきの煮汁を飲む」という方法もよく知られていますね。最近は小豆茶や小豆水などが注目を集めていますが、作り方はどちらも“小豆の煮汁”とほぼ変わりません。ノンカフェインで食材としても利用され続けている存在で安心感があることや、血流促進効果などから母乳の出を良くする働きが期待できることなどから母乳育児のママさん達にも支持されています。

小豆茶について

基本データ

通称
小豆(アズキ)
別名
赤小豆(セキショウズ)、紅小豆、azuki bean、red beans
学名
Vigna angularis
科名/種類
マメ科ササゲ属/一年草
花言葉
爽やか
誕生花
使用部位
種子(豆)
代表成分
ポリフェノール(カテキングルコシドなど)、ミネラル類(カリウム・鉄分など)、ビタミン類(ビタミンB群など)、サポニン、食物繊維
代表効果
肝機能向上、解毒、抗酸化、免疫力向上、女性ホルモン調整(エストロゲン様)、血行促進、利尿、緩下、血糖値上昇抑制、抗肥満
こんな時に
疲労回復、夏バテ、二日酔い、生活習慣病予防、風邪・インフルエンザ予防、更年期障害・PMS軽減、月経不順、骨粗鬆症予防、貧血、血行不良、冷え性、むくみ、便秘、デトックス、肥満予防、アンチエイジング
おすすめ利用法
食用、ハーブティー(飲用)、ホットパック、手作り化粧品
お茶の味
小豆の茹で汁の味、小豆特有の香りと少しエグみがありやや飲みにくい
カフェインの有無
ノンカフェイン

小豆茶の栄養・成分・期待できる効果

小豆茶/あずき水

健康維持に

疲労回復・二日酔いのケアに

小豆には糖質の代謝をサポートするビタミンB1、タンパク質の代謝に必要とされるビタミンB6を含んでいます。特にビタミンB1は糖質をエネルギーとして利用するのに必要なだけではなく、糖代謝がスムーズに行われないことで疲労物質がいつまでも代謝されず疲労が抜けないことを防ぐ働きもあります。このため小豆茶は疲労回復や筋肉痛などの緩和に役立つと考えられています。

暑い季節には糖代謝の際に必要なビタミンB1の消費量が増え、これが不足することで夏バテの原因となる説もあります。小豆茶は手軽なビタミンB1補給源と言えますし、漢方的な考え方では「体の余分な熱をとる」働きもあるとされていますので、夏バテ予防・改善にも有効とされています。

またビタミンB1は有害物質を解毒させる働きがありますし、小豆のエグみ成分と言われるサポニンにも肝機能をサポートする働きがあります。サポニンやカリウムなど水分排出を助ける成分も豊富なため、飲んだ翌日のむくみ対策としても役立ってくれるでしょう。小豆茶・煮汁が二日酔い対策として古くから活用されていたのも納得ですね。


抗酸化・老化予防に

小豆には赤ワインの約2倍と言われるほどポリフェノールが豊富に含まれています。強力な抗酸化作用を保つ小豆ポリフェノールとしてカテキングルコシドが取り上げられることが多いですが、その他にもカテキン、ルチン、アントシアニン、プロアントシアニジン、レスベラトロール、イソフラボンなど様々な種類を含んでいます。加えて小豆にはポリフェノール以外にも抗酸化作用を持つサポニン、抗酸化酵素の生成や活性に関わる亜鉛や銅などのミネラルも含まれています。

これら抗酸化物質が複合して働くことで活性酸素抑制・細胞の劣化予防に対して高い効果があると考えられています。またそ各成分ごとに見ると抗酸化作用以外にも健康維持や美容面で役立つ働きを持つとされていますので、活性酸素による老化(細胞劣化・機能低下)を抑制する以上の健康効果が期待されています。


生活習慣病予防・免疫力向上に

小豆茶に豊富に含まれている抗酸化物質は中性脂肪や悪玉コレステロールが酸化することで出来る過酸化脂質の生成を抑制し、ドロドロ血液・血管の詰まりなどから起こる動脈硬化などを予防する働きがあります。小豆茶を飲むことで悪玉コレステロール値の減少や、元々血中の中性脂肪値の高い人には中性脂肪値の低下が見られたという報告もなされています。

加えてサポニンには抗酸化以外にも血小板凝集を抑えで血流をスムーズにする働きがありますし、カリウムと相乗して高血圧予防にも役立ってくれます。カテキンは血糖値の上昇を抑える働きが報告されていますから糖尿病予防としても効果が期待されています。これらの働きから小豆茶は高血圧・動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病予防としても役立つと考えられています。

またカテキン類には殺菌・抗菌作用がありますし、サポニンには免疫機能を司るナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する働きが報告されています。抗酸化物質は酸化による免疫力低下を抑制する働きもありますから、相乗して免疫力向上や風邪・インフルエンザ予防にも役立ってくれるでしょう。


女性特有の不調・骨粗鬆症予防に

小豆には大豆と同じく女性ホルモンのエストロゲンと似た作用を持つとされる「イソフラボン」を含んでいます。そのためエストロゲンの急激な減少によって起こる更年期障害の緩和に有効とされています。エストロゲンには骨からカルシウムが溶けだすのを抑える働きがありますから、イソフラボンは閉経後の骨粗鬆症予防にも役立つと考えられます。近畿大学の研究では小豆の煮汁い含まれるポリフェノール成分に骨を作る細胞(骨芽細胞)の活性化・骨を壊す細胞(破骨細胞)の働きを抑える働きがある事も発表されています。

またイソフラボンは本来体内で分泌されるエストロゲンよりも作用が弱いという特徴があります。イソフラボンがエストロゲンレセプター(受容体)を埋めることで、エストロゲン分泌過多の場合はエストロゲン作用緩和に働き女性ホルモンのバランスを整えると考えられています。加えてホルモンを作る際に必要とされる亜鉛の補給源にもなることから、小豆は月経不順やPMS(月経前症候群)などホルモンバランスの乱れに起因する女性の不調全体に対しての緩r class=”orange” />

疲れ目対策・眼病予防に

小豆色とも呼ばれる赤紫色をした小豆の種皮にはアントシアニンが含まれています。アントシアニンは目の網膜にあるタンパク質「ロドプシン」の再合成を促進する働きがあり、目の疲労回復・視力回復などに役立つとされています。小豆にはアントシアニン以外にも抗酸化作用を持つポリフェノールが豊富に含まれていますから、相乗して働くことで白内障や緑内障予防などにも効果が期待できるでしょう。


貧血・冷え性対策に

鉄分を比較的多く含む小豆は貧血の予防・改善に役立つと考えられています。加えてカテキングルコシドなどのポリフェノール類による抗酸化作用で血液サラサラ効果が期待できますし、ルチン(ビタミンP)による毛細血管の弾力性保持効果なども期待できますから、血流の改善にも有効とされています。
貧血改善・血液が末端までスムーズに循環するようになれば、血行不良によるめまいや冷え性の緩和に役立ちますし、代謝アップによる熱生成量の増大・基礎体温アップなどにも効果が期待できるでしょう。

ただし薬膳などで使われる五行の分類によれば小豆(赤小豆)は平性もしくは微寒性とされています(※陰陽の分類であれば陽性:体を温める食材に分類される)。おそらくカリウムを多く含むことなどが関係していると考えられますが、気になる方は生姜を加えたり、ドクダミ茶ルイボスティーで薄めて飲むようにすると良いでしょう。

Sponsored Link


美容面への働き

小豆の煮汁や小豆茶・あずき水が長い間女性に支持されている理由として“むくみ改善に高い効果が期待できること”が挙げられます。近年はダイエット効果や抗酸化作用によるアンチエイジング効果なども報じられ、女性の美しさを支えてくれる存在としても注目されています。

むくみの改善に

小豆は食材としてもカリウムを豊富に含み、利尿効果の高い食材として取り入れられています。豆部分100gあたりのカリウム含有量は乾燥状態1500mg、茹で小豆で460mgとなっています。お茶として浸出したエキス部分のカリウム量はこれよりも減少しますが、それでも健康茶・ハーブティーの中ではカリウム補給源としてトップクラスに入るのではないかと言われています。

カリウムは余剰ナトリウムの排出を促す働きがあり、ナトリウム濃度を薄めるために保持されていた水分を排出させることでむくみの緩和や高血圧予防などに有効とされてます。また小豆の独特な渋み(苦味)の元となっている「サポニン」も利尿作用を持つ成分です。サポニンは水分代謝を促す働きによって水分パランスを整える働きがあると考えられています。

カリウム自体にも若干の利尿作用がありますが、どちらかと言えば塩分濃度の高い、しょっぱいものを食べた時などのむくみに適しています。サポニンは体内の巡り(循環機能)を高めることを得意としています。このため両成分を豊富に含む小豆茶がむくみ改善に有効とされています。むくみが気になって塩分を控えているけどあまり良くならない・同じ食生活なのに生理前になると著しくむくむ、という方のむくみ対策としても役立ってくれるでしょう。


便秘改善・デトックス

豆として小豆そのものを食べる場合は食物繊維の補給源として優れた食材と言えます。しかし小豆に含まれている食物繊維は大半が水に溶けにくい性質のある“不溶性食物繊維”ですから、小豆茶やあずき水など飲料(浸出液)として飲む場合はさほどの量は期待できません。小豆茶を飲むとお通じが良くなると言われるのはサポニンの緩下作用によって便が柔らかくなり、スムーズに排泄しやすい状態になることが大きいでしょう。

サポニンは過酸化脂質の生成を抑制することで肝臓の負担を減らす働きもあります。結果として肝機能の向上=肝臓の解毒力を高める事になりますから、老廃物や有害物質の分解を促すことに繋がります。加えて小豆には血液をサラサラに保つ抗酸化物質、塩分排出を促すカリウムなどが含まれているため腎機能のサポートとしても役立つとされています。肝臓と腎臓どちらも老廃物の分解・排出に関わる臓器ですから、デトックス力向上にも効果が期待できます。


ダイエットのサポートに

むくみ改善やデトックス効果が期待できることでもセルライト対策やスタイルキーブなどに役立つと考えられますが、小豆にはより直接的な肥満予防効果が期待されています。小豆に含まれているサポニンやカテキンには血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値の変動が緩やかになることでインススリン分泌が減り、血中の糖分を脂肪として蓄えにくくなると考えられています。

またカテキンには体脂肪を燃焼させる働きなども報告されていますし、サポニンには脂質の吸収を抑制する働きが期待されています。このため食事前に小豆茶を飲むことで食べたものを脂肪として吸収しにくくなる・運動時に体脂肪を燃えやすくするなどの働きでダイエットをサポートしてくれると考えられています。また間接的にではありますが抗酸化作用・血液サラサラ効果などから代謝アップも期待できます。

小豆そのものは豆類ですし、炭水化物量やカロリーも低いとは言えません。下半身のむくみが気になるからと小豆を大量に食べると糖質・カロリー過多で太ってしまう可能性がありますが、お茶として飲む場合はゼロもしくはローカロリーで太る心配はほとんど無いでしょう。栄養成分などの摂取という点では出がらし部分に残るものもあるため劣りますが、より手軽に美容面に嬉しい成分を摂取できます。


美肌作りに

カテキングルコシドを筆頭にポリフェノール類など抗酸化物質を多く含む小豆茶は、肌の酸化を抑制することでシワ・たるみなどを予防するアンチエイジングティーとしても役立ってくれます。メラニン色素は紫外線などの影響によって活性酸素が生じることで生成されますから、内側からの紫外線対策・シミ予防としても役立ってくれるでしょう。

貧血の改善や血行促進効果から肌のくすみの改善・透明度アップにも効果が期待されていますし、酸素と栄養がお肌の隅々まで行き渡ることで新陳代謝向上(ターンオーバー正常化)や乾燥肌改善などにも繋がります。出来てしまったシミの改善を促す働きも期待できるでしょう。ビタミンCが豊富に含まれている柿の葉茶で割ったり、美白効果が期待できるクコの実とブレンドすると相乗効果が期待できます。


小豆茶/あずき水の作り方と注意点

ペットボトル飲料やお湯を注ぐだけで出来るティーパックも販売されていますが、スーパーなどの豆コーナーで販売されている小豆を使って小豆茶を自作することも出来ます。やや手間はかかりますが、毎日継続して飲みたい場合はコスパがかなり良くなりますし、炒り方などで好みの味を作れるのも魅力ですね。

小豆茶の作り方

乾燥小豆を水でよく洗い、水気を拭き取った後フライパンなどで乾煎りします。乾煎りする時間は5分~10分以下くらい、香ばしさを重視するか小豆の風味を重視するか、お好みに合わせて調節してください。オーブンで焼くなどの方法もありますが、概ね焦げ付かせず表面の黒っぽさが増す程度が目安とされています。
炒った小豆は熱をとって密閉容器に入れておけば1週間位保存できます。大量に作ってストックしたい場合は冷凍保存するようと良いと言われています。

この炒り小豆を煮出せばお茶として飲める状態になります。煮出し時間については10分程度~30分以上とするものまでかなり差があります。こちらもお好みに合わせて調節するようにしてください。小豆の量はカップ一杯分に対して大さじ1~2杯位が目安です。茶葉のようにお湯を注いで蒸らすだけではほとんど浸出されないので注意しましょう。

※渋みが苦手な方は炒る前に水に晒すことでエグみ成分であるサポニンを抜くことが出来ますが、晒しすぎるとサポニンの作用が期待できなくなるため注意が必要です。煮出す際にアクをこまめにとるようにすると同様に渋みを緩和させることが出来ます。サポニンの摂り過ぎは甲状腺疾患のリスクを高める可能性がありますので、水には晒さない・短時間だけ晒すようにし、しっかりとアクを取るようにすると良いかもしれません。


あずき水の作り方

あずき水は小豆を綺麗に洗い、小豆1gに対して15mlの水を加えて(小豆のグラム数×15ml)10時間以上漬け置きます。日持ちがせず1日(24時間)以内に飲み切る必要がありますので、一度に作れる量は小豆30g(450ml)~40g(600ml)分程度が良いでしょう。

10時間経ったら小豆と水をそのまま火にかけ強火で2~3分沸騰させます。その後は弱~中火に切り替え、アクを取りながら更に30分程度煮詰めます。出来上がったものは冷まし、冷蔵庫で保存します。
韓国スターが痩せたダイエット法として「あずき水ダイエット」と呼ばれている方法は、食事の30分前にコップ一杯(150ml~200ml)ずつ、計3回これを飲みます。ホットとコールドとどちらでも良いと言われていますが、ダイエットという目的を考えた場合は体を冷やさないようホットで飲んだほうが確実でしょう。


注意点

小豆茶・あずき水は両方共、傷みやすいため浸出したものは日持ちがしません。
またあずき水は“炒り”の工程が無いため小豆茶よりも味にクセが強い点も難点として挙げられます。「満腹感が得られるのではなく、不味さで食欲がなくなるだけでは?」という方もいるほど。面倒臭さと味の問題から一度作ってやめてしまう方も多いようです。製法的にも見て“小豆茶”と“あずき水”にさほど成分差があるとは考えにくいので、味の問題が気になるようであれば小豆茶・毎回に煮出すのは面倒という場合であればあずき水など好みや時間などで使い分けてください。

食物繊維や鉄分などは浸出させた水分ではなく出がらし(小豆部分)に多く残っていますから、栄養成分をしっかり摂りたいという場合は残った豆部分をご飯やスープなどに混ぜて食べる・“小豆水”の方法で煮た後にミキサーにかけてお粥状にするなどすると良いでしょう。ただしカロリーもたかくなりますので、ダイエット目的の場合などは水分のみを飲むようにした方が無難です。

外用(飲食以外)で期待できる効果

ホットパックに

小豆の飲食以外の活用方法としてメジャーなのがホットパック(カイロ)による温熱療法。小豆は優れた吸湿性があるため電子レンジなどで温めると内部の水分がじんわりと蒸気を出し、じんわりと体を温めう湿熱効果をもたらしてくれます。繰り返し使えるエコアイテムとして商品化されているものもありますね。
布を好きな大きさに縫って小豆を入れることでアイピロー・お腹用・肩用など目的と自分の体型に合ったオリジナル小豆カイロを作ることが出来ますし、面等な場合はお茶パックなどに入れてレンジしたものを市販のアイテムに取り付けて使うことも出来ます。

ホットパックとして利用されることが多いですが、冷蔵庫で冷やすと冷却アイテムとしても利用することが出来ます。市販されている保冷剤ほどキンキンには冷えませんし水滴が付いたりもしないので、夏場の快眠用枕などに活用してみてください。


毛穴ケアや吹き出物ケアに

小豆に含まれているサポニンは界面活性作用があり、脂性汚れを浮かび上がらせてくれます。加えて食物繊維がスクラブのように汚れをかき出す役割を果たしてくれること・ナイアシンには肌代謝促進効果が期待できることなどから、毛穴よごれや角栓除去・保湿・肌のキメ向上などに役立つとしてパックに利用されています。
小豆パックの方法はは小豆粉を水でペースト状になるように練り、肌に塗って数分置いた後淡い流すだけ。乾燥が気になる場合はキャリアオイルやヨーグルトで作ると良いようです。

また小豆には排膿・消炎作用があるとされており、小豆を擦り潰した粉を水で練ったものを出来物や腫れ物にパッチのように塗るという民間療法があります。患部が熱を持っている場合は水ではなく大根おろしを使うと良いとする説や、初期(軽度)であれば乳腺炎やおたふくかぜなどの炎症緩和に良いとする説もあります。

小豆茶の注意事項

  • 大豆アレルギーのある方は注意が必要です。
  • 小豆茶・あずき水ともに1日5~6杯程度を上限にしましょう。

健康茶

 - , , , , , , , , ,

投稿日:2016年8月26日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事