ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ハーブティー 」 一覧

画像:シェパーズパース(ナズナ)

シェパーズパース/ナズナ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

日本では春の七草の1つ「ナズナ」として知られるシェパーズパースは、伝統医療・民間療法において古くから様々な働きを持つ薬草として利用されてきました。止血に役立つことから女性の月経過多の改善に用いられるほか、むくみや便秘の改善、デトックス、血行促進、代謝向上、抗酸化など美容面でも嬉しい働きが期待

画像:コルツフット(フキタンポポ)

コルツフット/フキタンポポ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古代ギリシア・ローマでも咳止め・喘息・気管支炎緩和など呼吸器系不調に良い薬草として利用されたコルツフット。学名Tussilagoも「咳を追い払うもの」という意味です。ハーブティーや咳止めシロップのほか薬用煙草にも使われたため煙草草とも呼ばれています。近年はピロリジジンアルカロイドを含まない安全な種も

画像:スターアニス(八角)

スターアニス/八角
ハーブティーと期待される効果効能紹介

フェンネルやアニスと似た甘い芳香を持つスターアニス。中華料理に使う香辛料「八角(ハッカク)」としても知られています。消化器系の不調改善に取り入れられているほか、体を温める働きがあるため風邪の初期症状ケアなどにも用いられます。苦味と刺激がありますし多くは使えないので、甘い香りを付けるブレンド用として

画像:キャラウェイ(Caraway)

キャラウェイシード
ハーブティーと期待される効果効能紹介

キャラウェイはクミンやイノンドとよく似た外見を持つ、石器時代の遺跡からも発見されたほど人との関わりの歴史が長いハーブの1つ。健胃・消化促進・駆風作用など消化機能サポートに優れた働きがあるほか、呼吸器系の不調や風邪の緩和、口臭予防や精神安定・リラックス用などにも役立ちます。ハーブや精油は天然の虫除けと

画像:レモンバーベナ(コウスイボク)

レモンバーベナ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

柑橘系に近いさっぱりとした風味が特徴のレモンバーベナはストレス・神経疲労などを和らげ、精神安定に高い効果があるとされているハーブです。消化促進や不眠にも効果が期待できますし、血行促進や利尿作用などもありますので風邪予防や女性の冷え・むくみケアにもオススメ。ドライハーブでも香りが抜けにくく扱いやすい

画像:ジュニパーベリー(Juniper berry)

ジュニパーベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

高い利尿作用、老廃物排泄促進作用を持つと考えられているジュニパーベリー。むくみや水太りケアとして支持されているハーブで、デトックス効果からダイエットブレンドなどにも利用されています。リフレッシュ・集中力向上効果も期待できるのでお仕事中にも適していますし、胃腸機能サポートから飲み過ぎ・食べ過ぎた後にも

画像:オレンジブロッサム/ネロリフラワー

オレンジフラワー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ビターオレンジ(橙)の花であるオレンジフラワーはフローラル系と柑橘系の混じった優しく癒される香りが特徴。ストレス・精神的不調改善に役立つ、女性ホルモンのバランスを整えたり、血液循環を整えて冷え性の改善にも効果が期待出来ます。ハーブティーやハーブバスとしてリラックス・安眠に役立つほか、美肌効果がも期待

画像:ジンジャー(生姜)

ジンジャー/生姜
ハーブティーと期待される効果効能紹介

身近な食材であることと、体を温める働きに優れていることから多くの女性に愛されている生姜。ジンゲロールやショウガオールの働きから、冷え性の改善、風邪予防、血行不良から起こる肩こり・関節痛・生理痛など様々な不調改善に有効なほか、消化器系のサポートにも役立ちます。代謝アップやむくみ解消など美容面でも効果が