ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 鎮痛 」 一覧

画像:セロリ(Celery)

セロリシード

セロリシードは食用野菜(セロリ)よりも長く利用されており、インド伝統医学アーユルヴェーダでも古くから薬用利用が行われていました。現在でも高い利尿効果からむくみ解消やデトックスに有効とされる他、胃腸サポート、精神安定や不眠解消などに用いられています。セロリシードエキスは色素沈着予防・美白成分として注目

画像:クミン(Cumin)

クミンシード

カレーの元として知られるクミンは胃腸機能に対する優れた働きを持つハーブとして用いられています。食欲不振・消化不良や胃腸ガス抑制に有効なほか、消化機能を高めることによる強壮効果や、リラックスや神経疲労回復・など精神面への効果が期待出来ます。近年は代謝向上やデトックスなどダイエットスパイスとしても注目が

画像:スイートマジョラム(Marjoram)

スイートマジョラム

優れたリラックス効果が期待されるスイートマジョラムはストレス性の不調や不眠などによく利用されています。体を温める働きやお腹の調子を整える働きもあり、冷え性や疲労感が抜けない方、胃腸機能の低下が気になる場合にも役立ちます。抗酸化・抗糖化作用も報告され、古くから「長寿のハーブ」と言われていた老化防止効果

画像:クローブ(Clove)

クローブ

優れた鎮静作用や殺菌作用から歯科用品でも利用され、「歯医者さんのハーブ(香り)」とも言われるクローブ。体を温める作用や消化機能を助ける働きがあり、胃弱・冷え性・虚弱体質の方に適しているほか、近年は抗酸化作用の強いアンチエイジングスパイスとしても注目されています。ウスターソースやケチャップ類のスパイス

画像:フィーバーフュ-(マトリカリア)

フィーバーフュー

奇跡のアスピリンとも呼ばれたフィーバーフューは古代ギリシャ時代から炎症を抑える作用が認められていたハーブです。科学的にも古くから効果が知られていた頭痛や偏頭痛に対しての効果が認められ、痛みに悩む多くの方に愛されています。近年は花粉症などのアレルギー症状改善にも効果が期待出来る「天然の抗ヒスタミン」と

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは更年期障害やPMS、月経不順など女性領域のトラブルに広く利用されているハーブです。エストロゲンに似た作用を持つと考えられ、ホルモンバランスの乱れやエストロゲン減少による自律神経失調や骨粗鬆症、体温調節異常などにも利用されています。また血管を拡張させ血行促進・冷え性の改善など

画像:ホーソーンベリー(サンザシ)

ホーソンベリー/西洋サンザシ

強心・血行や血圧調整作用に優れた「心臓を守るハーブ」と言われるホーソン(主に西洋サンザシ)はヨーロッパで古くからは心臓のためのハーブとして知られ、循環器系疾患に用いられてきた歴史を持ちます。現代の研究でも有効性が報告され「最も副作用の少ない心臓・血管に対する天然薬」と称する方も。血液循環改善やリラックス効果など心臓は特に気にしていないという方にも嬉しい働きが

画像:セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

セントジョーンズワート/西洋オトギリソウ

セントジョーンズワートは気分の落ち込みを和らげ精神を落ち着ける働きがあると考えられ、中世から利用されてきたハーブです。暗く沈んだ心に明るさを取り戻すことからハッピーハーブやサンシャインハーブとも呼ばれており、ホルモンバランスに左右されやすい女性の心のアップダウンにもお勧めです。ストレス、不安症、不眠症、めまい