ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

ブラックコホシュ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

PMSや更年期など女性ホルモンの乱れによる不調に

ブラックコホシュは更年期障害やPMS、月経不順など女性領域のトラブルに広く利用されているハーブです。エストロゲンに似た作用を持つと考えられ、ホルモンバランスの乱れやエストロゲン減少による自律神経失調や骨粗鬆症、体温調節異常などにも利用されています。

 

ブラックコホシュについて

植物紹介

ブラックコホシュは北アメリカ原産のキンポウゲ科の植物で、ブラックと付きますが白い花を咲かせます。ブラックは根茎が黒っぽい色をしていることに由来すると考えられています。ちなみに同じキンポウゲ科のホワイトコホシュやメギ科のブルーコホシュと、似た名前の植物がありますが成分や期待される効果は全く異なりますので注意が必要です。

ブラックコホシュは元々アメリカ大陸の先住民であるネイティブアメリカンによって鎮痛剤・リウマチ炎・女性の生理トラブルなどに利用されており、「女性の根」とも呼ばれていたそうです。ヨーロッパ人の入植に伴って紹介され、1950年代半ば頃にはヨーロッパでも女性の不調に役立つなハーブとして知られるようになり、ドイツではコミッションE(薬用植物を医薬品として利用する場合の効果・安全性の評価委員会)で承認され医薬品として扱われています。アメリカでもレッドクローバーと並ぶ更年期対策ハーブとして評価され、今だに研究や試験が行われています。

ブラックコホシュの属名cimicifugaは虫(cimex)と逃げる(fugere)という言葉を合わせたもので、強い香りから虫除けに使われていた事に由来すると言われています。ハーブティーとしても独特の香り・苦味が強く飲みにくいと感じる方が多く、ハーブティーよりもサプリメントなどへの配合が多く見られます。作用が強いハーブですのでサプリメントで摂取する場合は記載されている用法用量をしっかりと守るように注意してください。

基本データ

通称
ブラックコホシュ(Blackcohosh)
別名
アメリカショウマ、黒升麻
学名
Cimicifuga racemosa
科名/種類
キンポウゲ科サラシナショウマ属/多年草
花言葉
誕生花
使用部位
根・根茎
代表成分
トリテルペン配糖体(アクティン等)、イソフラボン、サリチル酸類、タンニン、精油
代表効果
通経、エストロゲン様、女性ホルモンバランス調整、利尿、鎮けい、鎮痛、鎮静、血管拡張、発汗
こんな時に
PMS(月経前症候群)、月経不順、更年期障害、ホットフラッシュ、寝汗、耳鳴り、眩暈、頭痛、不眠、デトックス、喘息、神経痛、筋肉痛、リウマチ、骨粗鬆症予防
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーブチンキ、湿布
ハーブティーの味
土や墨汁のような香りがあり、苦味がありやや飲みにくい
カフェインの有無
ノンカフェイン

ブラックコホシュの栄養・成分・期待できる効果

ブラックコホシュティー

女性特有の不調に

ブラックコホシュは植物ホルモン(フィトエストロゲン)イソフラボンを含み女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用を持つことから、ホルモンバランスの乱れによって起こる女性の様々な不調の緩和・改善に有効とする説が有力です。(※エストロゲン様物質は存在しないという結果も報告されており、作用メカニズムは正確には解明されていません)

更年期障害に

更年期障害は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減少し、自律神経の乱れを併発する事でほてり(ホットフラッシュ)・イライラ・抑鬱・不眠・めまい・頭痛など様々な症状を引き起こします。ブラックコホシュの摂取によってクッパーマン指数 (更年期指数)が低下するなどの報告がなされており、エストロゲンと似た働きをする植物ホルモンを含むブラックコホシュの摂取は更年期障害の諸症状緩和に有効であると考えられています。

ブラックコホシュによる更年期障害の緩和効果が認められるまでは4週間程度の継続飲用が必要とされています。セントジョーンズワートとの併用で効能が増すとの研究報告もなされていますので、ブレンドして飲んでみても良いかもしれません。


骨粗鬆症の予防に

骨粗鬆症は骨のカルシウム量が極端に減少し骨がもろくなる状態を指します。エストロゲンは骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあり、閉経後の高齢女性の骨粗鬆症発生リスクが高い原因としてエストロゲン分泌の激減が挙げられています。ブラックコホシュはエストロゲンと似た働きをすることで骨量減少を抑制し、骨粗鬆症予防に有効とされています。

またエストロゲンの低下によって軟骨代謝異常が起こることも指摘されています。高齢女性でリウマチなどの疾患が検査で発見されない場合の関節痛・O脚・指関節が太くなるなども閉経によるエストロゲン減少が原因のケースが多くあるようです。


月経前症候群 (PMS)に

月経前症候群 (PMS)は生理の3~2週間前からイライラ・抑鬱・むくみ・胸のハリなど心身に様々な不調を感じる症状を指します。PMSが起こる原因ははっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの急増によってホルモンバランスが崩れ自律神経も乱れることや、エストロゲン過剰などが原因として考えられています。

ブラックコホシュはフィトエストロゲンを含みます。植物性ホルモン様物質はエストロゲンが少ない場合はエストロゲンの補強の様な形で働きますが、作用はエストロゲンよりも弱いためエストロゲン過多の場合にはフィトエストロゲンが一部のエストロゲン受容体に入り込むことで全体的に見るとエストロゲンを弱める働きもあると考えられています。これらの働きからブラックコホシュを摂取することで女性ホルモンの極端な増減を防ぎ、ホルモンバランスの乱れによって起こる月経前症候群 (PMS)の症状緩和に有効と考えられています。


月経不順・生理痛に

ブラックコホシュの女性ホルモン様作用は月経を促し周期を整える働きもあるとされており、月経不順の改善にも利用されています。また痙攣を鎮める働きや鎮痛作用があることから生理痛の緩和にも役立ってくれるでしょう。

Sponsored Link


その他の働きかけ

体温調節・血行不良の改善

ブラックコホシュは血管を拡張させることで末梢循環を改善し、血行不良の改善に有効とされています。またエストロゲンは血管のしなやかさ維持やコレステロールのバランス維持などに関わっており、不足することでドロドロ血液となり血行不良を引き起こす危険性があります。ブラックコホシュはエストロゲンと似た働きをする成分を含んでいますので血管・血液の状態悪化を防ぎ血液循環サポートに役立ちます。

血液循環以外にブラックコホシュは人体の体温調節に役立つアヘン受容体に作用する可能性があることが近年発表され、体温調整機能の正常化に役立つのではないかとも考えられています。伝統的にも「体の熱(ほてり)を取る」「冷え性に良い」とされています。


痛み・呼吸器系の不調緩和に

鎮痛、鎮痙作用になどから、筋肉や神経の痛み緩和に有効とされ、頭痛・耳鳴り・神経痛・リウマチなどの緩和に利用されます。
特に鎮痙作用と去痰作用からブラックコホシュは咳・痰・気管支炎などの呼吸器トラブルに優れた効果を発揮するハーブの1つとも言われています。


美容面への効果について

ブラックコホシュはエストロゲン作用を持つことから、バストアップや女性らしい体作り、美肌作りなどに有効であるとされ、美容サプリメントなどに配合されています。エストロゲンは乳腺細胞やコラーゲンの増加などに関わっていますのでエストロゲン様物質の補充により美容効果を得られる可能性はありますが、体内で合成されるエストロゲンよりも働きが弱いことなどから効果については諸説あります。

外用(飲食以外)で期待できる効果

痛み・炎症の緩和に

ブラックコホシュのハーブティーを温湿布として使用することで、月経痛や関節痛などの痛み緩和に役立つとされています。チンキをお湯で希釈しても利用出来ます。喉に痛みがある場合はハーブティーをうがい薬代わりに利用することで炎症緩和になるとも言われています。


スキンケアに

抗炎症作用と血管拡張作用があるとされていますので、血行不良によるくすみやニキビのケアには役立つ可能性があります。
19~20世紀にかけてはブラックコホシュは肌を綺麗にすると考えられニキビ・湿疹・いぼ・傷跡・アザなどのケアに用いられていましたが、現在は肌のケアや美肌用にはあまり利用されません。

ブラックコホシュの注意事項

  • 妊娠中・授乳中の利用は避けましょう。
  • 肝臓障害・婦人科系疾患のある方は医師・薬剤師に相談してください。
  • 胃腸の不快感、めまい、疲労感などの副作用が起こる場合があります。体調変化を感じた場合は利用を中止しましょう。
  • 長期間に渡る継続服用は控えましょう(ドイツのコミッションEでは使用上限6ヶ月とされています)。

ハーブティー

 - , ,

投稿日:2015年10月9日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事