ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 便秘 」 一覧

画像:バードックルート(牛蒡/ゴボウ)

バードックルート/ゴボウ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

むくみや便秘の解消役立つデトックスティーとして、老化防止に役立つアンチエイジングティーとして日本でも人気のバードックルートことゴボウ茶。日本でゴボウといえば野菜ですが、中国やヨーロッパでは薬(薬用植物)の位置付けです。イヌリンなどの水溶性食物繊維が豊富なため腸内環境改善や血糖値抑制などにも効果が期待

画像:クミン(Cumin)

クミンシード
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

カレーの元として知られるクミンは胃腸機能に対する優れた働きを持つハーブとして用いられています。食欲不振・消化不良や胃腸ガス抑制に有効なほか、消化機能を高めることによる強壮効果や、リラックスや神経疲労回復・など精神面への効果が期待出来ます。近年は代謝向上やデトックスなどダイエットスパイスとしても注目が

画像:サフラワー(紅花/ベニバナ)

サフラワー/紅花(ベニバナ)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

古くから血行促進や血液浄化作用から冷え性の改善に、また女性特有の不調改善に利用されてきた歴史を持つサフラワー(紅花)。ホルモンバランス調整や婦人科系トラブル以外にも抗酸化や肌荒れ予防、便秘解消など女性に嬉しい様々な効果が期待できますし、似た働きを持つサフランよりも安価で利用しやすいことから多くの女性

画像:オレンジピール(陳皮)

オレンジピール
ハーブティーと期待される効果効能紹介

甘酸っぱいどこか優しい香りのオレンジピールは心を癒して元気をくれるハーブ。ストレスや不安・緊張状態からリラックスタイムへの切り替えに適していますし、不眠の改善にも効果が期待出来ます。血行促進による冷え改善や、お腹の調子を整える・便秘解消にも役立ちますし、ブレンドの際にフレーバー感覚で楽しむにも適して

画像:チコリ(アンティーブ)

チコリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

コーヒーの風味付けやノンカフェインコーヒーとしても利用されいるチコリーは、水溶性食物繊維(イヌリン)やポリフェノールの一種「チコリ酸」を含み、便秘やむくみ解消・デトックスに役立つと考えられるハーブです。腸内環境の改善や肝臓・腎臓機能の向上など体を整える働きも期待出来るでしょう。高い抗酸化作用が期待できるお茶

マーシュマロウ
ハーブティと期待される効果効能紹介

マーシュマロウは粘液質を含有し、優れた粘膜保護作用があるハーブです。喉・呼吸器の保護はもちろんのこと、鎮痛作用や便通を整える働きと合わせて胃痛や下痢など消化器系の不調や炎症にも高い効果が期待できます。保護・保湿・殺菌・抗炎症などの働きからスキンケアにも有用とされるほか、乾燥肌や肌荒れ対策、傷・火傷のケアなどにも

画像:カルダモン(Cardamom)

カルダモン
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

インド料理に欠かせないスパイスで、香りの良さから「スパイスの女王」とも呼ばれるカルダモンは胃腸機能改善・不調緩和に高い効果が期待できるハーブです。気持ちを落ち着けリラックスさせる働きからストレス性の不調に、体を温める作用や呼吸器系に有効なことから風邪の初期症状にも利用されています。口臭予防などにも

画像:ワイルドストロベリー(ストロベリーリーフ)

ワイルドストロベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

「幸せを呼ぶハーブ」という伝説もあるワイルドストロベリーは腎臓・肝臓の機能を高めるためむくみの解消や老廃物の排泄促進に役立ち、消化器系の機能を高めるので便秘対策としても効果が期待出来ます。鉄分などのミネラルが豊富で貧血予防や栄養補給源としても適していますし、クセのない味でハーブティーのブレンドにも