ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 便秘 」 一覧

画像:ステビア/シュガーリーフ

ステビア
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ダイエット食品や糖尿病食に使われる、天然由来の低カロリー甘味料原料として知られるステビア。人工甘味料よりも安全性の高い甘味料として用いられているほか、インスリン抵抗性改善・C型肝炎ウイルス抑制・ヒスタミン分解解毒効果などにも注目が集まっています。土壌や水質の汚染改善など環境

画像:ルイボスティー

ルイボス
ハーブティーと期待される効果効能紹介

SOD様酵素やアスパラチンなどの抗酸化物質を含むことから老化予防やアレルギー緩和効果などが期待されるルイボスティー。ミネラルも豊富で若々しい肌の維持やダイエット、便秘やむくみ改善に役立つことから女性に広く支持されている身近な健康茶の一つでもあります。ノンカフェイン・低タンニン

画像:蓬(ヨモギ/Japanese mugwor)

蓬(ヨモギ)
健康茶と期待される効果効能紹介

日本でも古くから薬草として利用されて「究極の和製ハーブ」とも呼ばれる蓬(ヨモギ)。よもぎ蒸しなどの影響もあり近年再び注目が高まっています。抗酸化と抗糖化効果のほか、デトックス、貧血・冷え性改善、美肌、月経トラブル緩和など女性に嬉しい野草でもありますね。ヨモギ風呂やスキンケアに

画像:桃の葉(Peach Leaf)

桃の葉
健康茶と期待される効果効能紹介

中国では不老長寿をもたらす・邪気を払うなどの神聖な力を持つ植物と考えられてきた桃。日本でも古くから厄払いなどに利用されていましたし、江戸時代頃には夏に「桃葉湯」に入る習慣もありました。近年も桃の葉は自然派志向の化粧水などの化粧品や入浴剤などにも肌荒れ・にきび・湿疹予防に役立つ

画像:ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

ヤロウ
>ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

ヤロウは原産地であるヨーロッパでは紀元前から薬効が知られ、ギリシア神話で英雄アキレスが負傷した兵士達の傷の手当にヤロウを利用したという伝説もあるハーブ。皮膚炎症緩和や治癒促進・ヘアケアなど皮膚コンディションを整える目的で利用されたり、お腹の調子を整える・女性特有の不調の緩和など

画像:ナツメグ/肉荳蔲

ナツメグ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

独特の甘い芳香とほろ苦さが特徴のナツメグは、世界4大スパイスの1つにも数えられる存在。体を温める働きが期待できることから特に冷えに起因する胃腸の不調緩和に役立つとして、漢方では胃腸機能を整える生薬「肉荳(ニクズク)」として利用されています。生理痛の緩和や寝付きを良くするなどの働きも

画像:トウモロコシ(コーン)

コーン/トウモロコシの実
健康茶と期待される効果効能紹介

トウモロコシの実が原料で、ほんのり香ばしいとうもろこしの風味があるコーン茶。ノンカフェインかつ刺激成分も含まない毎日飲めるお茶で、韓国では日本で言うところの「麦茶」に近い存在です。日本ではカリウムや水溶性食物繊維を含むとコーン茶が注目され、便秘・むくみ対策やタイエットのサポート

画像:セルピルム/ワイルドタイム

セルピルム/ワイルドタイム
ハーブティーと期待される効果効能紹介

セルピルムはワイルドタイムもしくはクリーピングタイムとも呼ばれるタイムの近縁種。精油成分の働きから精神面へのリラックス作用が期待され、消化器系への働きかけもあるので疲労回復や強壮にも利用されていますよ。また抗菌作用を持つ成分が多いので風邪予防に、ポリフェノールの抗酸化作用による