ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ダイエット 」 一覧

画像:ホップ(Hops)

ホップ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ビールの香り・苦味原料としてお馴染みのホップはエストロゲン様成分や鎮静作用によって更年期障害やPMS(月経前症候群)などの月経トラブルなど女性領域に役立つことから「女性のためのハーブ」とも呼ばれています。不眠やストレス性の様々な症状改善が期待できるほか、肥満・生活習慣病予防や花粉症、風邪などの呼吸器感染症予防

マテ茶(イエルバマテ)
ハーブティーor健康茶と期待される効果効能紹介

南アメリカの特産と言えるお茶ですが、現在は世界中で愛され茶・コーヒーと並ぶ世界三大飲料の一つに数えられているマテ茶。栄養豊富なことから飲むサラダや100万人のローヤルゼリーとも呼ばれ、マテインと呼ばれるアルカロイド類の働きから精神・肉体の疲労回復や強壮効果のほか、アンチエイジング・ダイエット・美肌など美容面でも

画像:リンデン(Linden)

リンデン・ウッド
ハーブティーと期待される効果効能紹介

「千の用途をもつ木」とも言われるリンデンの木部を利用したリンデンウッドは高い利尿作用やデトックス効果、脂肪の分解を促進効果を持ち、むくみ解消やダイエットティーとして利用されています。香り・味ともに薄めなのでブレンドしやすいのも特徴。むくみ、ダイエット、老廃物排泄促進(デトックス)、胃もたれ、消化不良

画像:ゴツコーラ(ツボクサ)

ゴツコーラ/ツボクサ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ゴツコーラは脳機能の活性化(集中力・記憶力アップ)に役立つハーブとして、また血行促進やむくみ・セルライト解消、アンチエイジング、精神安定など様々な効果が期待されるハーブ。WHO(世界保健機構)が「21世紀の驚異的薬草」と発表したこともあり世界的に注目されています。免疫賦活、血行促進、脳強壮、神経強壮

画像:アーティチョーク

アーティチョーク
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アーティチョークは古代ギリシア・ローマ時代から健胃・強肝作用が知られていたハーブで、二日酔いなどお酒関係の不調や消化不良・食欲不振によく用いられおり生活習慣病予防も期待されています。近年では脂肪分解を促進する作用や美白・光老化防止作用などが報告され、美容面でも注目を浴びているハーブ。便秘やむくみ解消にも

画像:ネトル(イラクサ)

ネトル/西洋イラクサ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

近年花粉症対策としてハーブティーやサプリメントなどの注目度が高まっているネトル。ネトルはヨーロッパで紀元前から用いられてきたハーブで、血液浄化作用がある“春季療法”の定番ハーブとしても愛されているそう。現在でもケルセチンによる抗炎症作用が期待される他、少量のヒスタミンを含むためアレルギー反応を起こしにくくなるという説もありますよ。デトックスハーブとして用いられている存在で、むくみ軽減や血行促進

画像:フェンネル

フェンネル
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

フェンネルは甘くスパイシーな香りが特徴のハーブ。ヨーロッパからアジアまで各地で消化機能のサポートに利用され、古代ギリシアやローマではダイエットティーとして愛されてきた歴史もあります。現在でもデトックスティーとして取り入れられているほか、エストロゲン様作用が期待されるアネトールを含むことから更年期障害や月経トラブルなど女性領域への働きも期待されていますよ。そのほか香りによるリラックス

画像:ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパの民間医療で安産をサポートしてくれるハーブとして利用されてきたラズベリーリーフ。現在でもポリフェノールの一種であるフラガリンに子宮・子宮周りの筋肉を整える働きが期待され、分娩や産後の回復のサポートをはじめPMSや生理痛など女性特有の不調軽減にも効果が期待されています。また近年は「ラズベリーケトン」に高い脂肪分解効果がある可能性が報告されたことから、肥満予防やダイエットサポート